結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GII

2020 第61回アメリカジョッキークラブカップGⅡ結果考察

2020 第61回アメリカジョッキークラブカップGⅡ

中山競馬場 2200m 芝・右 外
2020年1月26日
今回はGⅡレースの結果考察本日振り返るレースはこちら
第61回アメリカJCC(アメリカジョッキークラブカップ)
 
 

アメリカジョッキークラブカップ(American Jockey Club Cup[3])は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。

出典:wikipedia

 
 

目次

 
 

馬番 馬名 騎手 人気
1 ウラヌスチャーム F.ミナリク 7
2 ラストドラフト O.マーフィー 3
3 ミッキースワロー 横山典弘 2
4 マイネルフロスト 松岡正海 12
5 スティッフェリオ 丸山元気 5
6 クロスケ 北村宏司 10
7 ルミナスウォリアー 柴山雄一 11
8 グローブシアター 石橋脩 9
9 ニシノデイジー 田辺裕信 6
10 ステイフーリッシュ C.ルメール 4
11 ブラストワンピース 川田将雅 1
12 サトノクロニクル 大野拓弥 8

 
 
それでは各11頭の動きなどをハイライトで追っていきたいと思います
※各箇所での位置等を示しています。
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 後方
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 平行

 
第四コーナーの手前で仕掛けて一気に前に出ていき直線でさらに勝負という感じだったのでしょうが、そこまで余力がなく7着まで順位を上げるだけにとどまってしまいました
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 中団
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 加速

 
第四コーナーを大外から回っていくと直線では横に広がる馬群の影響もあ徐々に外に流れていきかなり外から直線を進む形となりました。それでもどんどん上がっていくと最後は3着まで順位あげました
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 中団
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 加速

 
馬群中団付近に位置していましたが直線に入ってからはなかなかエンジンが乗らないという感じではありましたが粘り強く徐々に伸びていくと4着でゴールとなりました
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 中団
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】

 
第三コーナー付近で一気に失速しレースを中止しました
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 良好
直線【先行・中団・後方】 先行
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 失速

 
最終コーナーでは良いポジションにつけていましたが、直線に入ると走るのが精いっぱいという感じ。そこからはさすがに伸びる事はなく終わってみれば8着でレースを終えました
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 後方
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 失速

 
最終コーナーを抜け直線では内に位置していて前も十分に空いている状態ではありましたが残円ながらそこからは徐々に後退していってしまい10着でゴールしました
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 後方
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 平行

 
後方から最終コーナーを回って直線での勝負に出ましたが直線に入ってからは見せ場もなくそのままレースを終える感じで順位は9着となりました
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 良好
直線【先行・中団・後方】 中団
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 失速

 
直線にはいってからはなんとブレーキをかけるかのように一気に失速していきます。最後は大差により11着となりました。
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 出遅れ
直線【先行・中団・後方】 中団
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 平行

 
直線に入ると鞭を入れて中央突破という感じの勢いではありましたが、いまいち伸びがなく順位もあげられず6着どまりとなってしまいました
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 先行
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 加速

 
第四コーナーで先頭になるとそこからは内を通って一気に加速していきます。最後の直線の半分くらいまでは良かったのですが馬場の影響もあったのでしょうか最後にかわされてしまい2着でフィニッシュとなりました
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 中団
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 加速

 
最終コーナーを良いポジションで回っていくと直線ではタイミングを窺いつつ内から攻めていきます。残り200mを過ぎて勝負をかけると加速していき先頭に立つとそのままゴールしました
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 中団
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 加速

 
後方からの展開となり直線では中央付近から加速していき結構い脚を見せてはいましたが途中で頭打ちとなってしまったのか差を詰める事が出来ずに5着でレースを終えました
 
 
第61回 アメリカJCC(アメリカジョッキークラブカップ)GⅡ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 11 ブラストワンピース 川田将雅 1
2 10 ステイフーリッシュ C.ルメール 5
3 2 ラストドラフト O.マーフィー 4
4 3 ミッキースワロー 横山典弘 2
5 12 サトノクロニクル 大野拓弥 8
6 9 ニシノデイジー 田辺裕信 6
7 1 ウラヌスチャーム F.ミナリク 7
8 5 スティッフェリオ 丸山元気 3
9 7 ルミナスウォリアー 柴山雄一 11
10 6 クロスケ 北村宏司 10
11 8 グローブシアター 石橋脩 9
12 4 マイネルフロスト 松岡正海 12

 

単勝 11 300円 1番人気
複勝 11 150円 2番人気
10 220円 4番人気
2 210円 3番人気
枠連 7-8 650円 2番人気
馬連 10-11 1,200円 5番人気
ワイド 10-11 520円 6番人気
2-11 580円 8番人気
2-10 810円 12番人気
馬単 11-10 1,980円 4番人気
3連複 2-10-11 2,540円 8番人気
3連単 11-10-2 10,540円 22番人気

 
 

ヤマニンパラダイス イラスト
 
競走馬名:ヤマニンパラダイス 生年月日:1992年4月25日
血統:【父】Danzig【母】Althea
戦績:17戦4勝
GⅠ:阪神3歳牝馬ステークス

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事