結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GII

2018 第55回弥生賞GⅡ結果考察

2018 第55回弥生賞GⅡ
中山競馬場 2000m 芝・右
2018年3月4日
今回はGⅡレースの結果考察本日振り返るレースはこちら
第55回弥生賞
 
 

弥生賞(やよいしょう)は、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。

出典:wikipedia

 
 
 

目次

 
 
 
 

馬番 馬名 騎手 人気
1 オブセッション C.ルメール 3
2 アラウン F.ミナリク 10
3 ジャンダルム 武豊 4
4 リビーリング 戸崎圭太 6
5 ヘヴィータンク 野中悠太郎 8
6 アサクサスポット 武藤雅 9
7 トラストケンシン 内田博幸 7
8 ワグネリアン 福永祐一 2
9 ダノンプレミアム 川田将雅 1
10 サンリヴァル 藤岡佑介 5

 
 
それでは各10頭の動きなどをハイライトで追っていきたいと思います
※各箇所での位置等を示しています。
 
 
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 中団
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 失速

 
スタートでは前に出ていく事はせずに中団やや後方辺りを位置取っていきました。第一コーナーを6番手、第二コーナーでは位置を少しさげて7番手で通過しています。道中ではそのまま後方に位置取って走行していき、第三コーナーを7番手、第四コーナーを大きく回って6番手で抜けて外から直線にでましたがスピートを伸ばす事ができず失速してゴールしていきました。
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 後方
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 失速

 
静かにゲートで待っていました。スタートしていくと自然な流れで馬群後方につけていきました。第一第二コーナーともに8番手で通過します。道中も後方集団の一員となって走行していき第三コーナーを8番手、第四コーナーでは9番手で通過して直線に出ていきます。直線に出ると懸命に鞭を入れていきますが加速できずに失速していってゴールとなりました。
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 先行
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 加速

 
勢いよくスタートしていくと加速してじりじりと内に入っていきました。そのまま先行位置をキープして第一コーナーへ進入していきます。第一第二コーナーともに4番手で通過していくと道中も4番手に付けて走行していきます。その後、第三コーナー辺りで上がっていき距離を縮めていきました。第三コーナーを4番手、第四コーナーでは3番手になっていました。直掩では前半こそなかなかスピードに乗れませんでしたが後半になってじわじわと加速していってゴールでした。
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 先行
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 失速

 
スタート後の直線では先頭争いこそしていきませんが前に出ていき先行をキープしていきます。第一第二コーナーともに3番手で抜けていきました。道中も変わらずポジションをキープしていき第三コーナーを3番手、第四コーナーを4番手で抜けます。直線では内から鞭を入れて追い縋っていきますがジリジリと後退してゴールとなりました。
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 出遅れ
直線【先行・中団・後方】 後方
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 失速

 
スタートではやや出遅れていました。その後、馬群から大きく離されて最後方で第一第二コーナーを抜けていきました。道中でも更に大きく差がついていました。第三第四コーナーとも馬群から大きく置いていかれた形で最後方から抜けて直線に出ますがそのままゴールしていきました。
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 後方
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 失速

 
スタートでは後方に位置取っていきます。第一コーナーを7番手、第二コーナーを6番手で通過していくと道中も後方集団の一員となって走行していきました。そのまま第三コーナーを6番手、各馬が一斉に差を縮めてくると第四コーナーで7番手になって抜けていきます。外を周って直線へ出ていきますがスピードが伸ばせずにゴールとなりました。
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 出遅れ
直線【先行・中団・後方】 後方
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 加速

 
スタートでは出遅れて馬群後方からの競馬となってしまいました。そのまま第一第二コーナーを9番手で通過していきます。道中もやや馬群から離されて走行していきますが第三コーナー手前から上がっていき距離を縮めていくと第三コーナーでは変わらず9番手でしたが第四コーナーでは8番手まで順位をあげていました。直線に出ていくとすぐに鞭を入れて加速していきますが後半は勢いが止まってしまいゴールでした。
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 中団
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 加速

 
そつなくスタートをしていくと少しづつ内に入っていき、そのまま馬群中団をキープしていきました。第一第二コーナーともに5番手で通過していきます。道中も変わらず中団位置をキープしていき第三第四コーナーも5番手で抜けますが、上がっていき前との距離をグングン縮めてました。直線に出てもその勢いは止まらず、後半になると一気にスピードが乗ってゴールです。上り最速タイムでした。
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 良好
直線【先行・中団・後方】 先行
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 加速

 
良好なスタートをして先頭争いをしていきますが先頭を譲ると第一第二コーナーを先頭からやや距離を離された2番手で通過していきます。道中も先頭から大きく距離を空けたまま2番手で走行していくと第三コーナー手前辺りから上がっていき距離を縮めていきました。第三第四コーナーでも2番手で抜けていきますが直線入口では先頭とほぼ横並びでした。直線に出てもその勢いのまま加速していきゴールしていきます。
 
 

スタート【出遅れ・普通・良好】 普通
直線【先行・中団・後方】 先行
第一コーナー【内・中・外】
第二コーナー【内・中・外】
第三コーナー【内・中・外】
第四コーナー【内・中・外】
直線【失速・平行・加速・大抜き】 平行

 
スタートすると大外から一気に加速していき、先頭を奪って逃げていきました。後続馬から大きくリードして第一第二コーナーを先頭で通過していくと、道中でもリードを維持したままスローペースで逃げていきます。第三第四コーナーもそのまま先頭で抜けていき、直線では鞭を入れて内で粘っていきますがスピードを上げる事が出来ずにゴールしていきました。
 
 
第55回 弥生賞GⅡ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 9 ダノンプレミアム 川田将雅 1
2 8 ワグネリアン 福永祐一 2
3 3 ジャンダルム 武豊 4
4 10 サンリヴァル 藤岡佑介 5
5 4 リビーリング 戸崎圭太 6
6 7 トラストケンシン 内田博幸 7
7 1 オブセッション C.ルメール 3
8 2 アラウン F.ミナリク 10
9 6 アサクサスポット 武藤雅 8
10 5 ヘヴィータンク 野中悠太郎 9

 

単勝 9 180円 1番人気
複勝 9 110円 1番人気
8 110円 2番人気
3 140円 4番人気
枠連 7-8 270円 1番人気
馬連 8-9 300円 1番人気
ワイド 8-9 150円 1番人気
3-9 230円 3番人気
3-8 320円 6番人気
馬単 9-8 450円 1番人気
3連複 3-8-9 500円 2番人気
3連単 9-8-3 1,320円 3番人気

 
 
 
 

ドリームジャーニー イラスト
 
競走馬名:ドリームジャーニー 生年月日:2004年2月24日
血統:【父】ステイゴールド【母】 オリエンタルアート
戦績: 31戦 9勝
GⅠ:朝日杯フューチュリティステークス、宝塚記念、有馬記念
GⅡ:産経大阪杯、神戸新聞杯
GⅢ:朝日チャレンジカップ、小倉記念

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事