結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2020 第15回ヴィクトリアマイルGⅠ結果考察

2020 第15回ヴィクトリアマイルGⅠ
東京競馬場 1600m 芝・左
2020年5月17日
 
ヴィクトリアマイル
 
毎週話題としてきました新型コロナウィルス
日本国内では感染者数はかなり抑えられてきて
ようやく一部を除いては緊急事態宣言も解除されましたね
 
数人でも感染者がいれば危険な状況ではありますので
油断は禁物ですがこの調子で少しずつ前進していきましょう
 
あとはワクチンが開発されれば
競馬も以前のように楽しめる時期がくるでしょう
 
辛抱しながら今日はヴィクトリアマイルですので
今日は今日で楽しみましょう
それでは出走馬を見て行きましょう
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ラヴズオンリーユー M.デムーロ 2
2 ビーチサンバ 福永祐一 8
3 シャドウディーヴァ 池添謙一 11
4 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 12
5 プリモシーン D.レーン 3
6 トーセンブレス 大野拓弥 14
7 ダノンファンタジー 川田将雅 7
ディメンシオン(出走取消) 松田大作
9 セラピア 田辺裕信 10
10 メジェールスー 岡田祥嗣 17
11 サトノガーネット 吉田豊 16
12 アーモンドアイ C.ルメール 1
13 トロワゼトワル 三浦皇成 13
14 スカーレットカラー 石橋脩 6
15 アルーシャ 北村宏司 15
16 ノームコア 横山典弘 5
17 コントラチェック 武豊 9
18 サウンドキアラ 松山弘平 4

 
 
18頭のフルゲートですね!
そして前回多くの期待に応える事の出来なかった
アーモンドアイも参戦で面白いレースをなりそうですね
 
大盤狂わせは2度あるのか
人気の方も見ていくとしましょう
  
 

やはり圧倒的な単勝オッズ1番人気になりましたね。まだ記憶に新しい昨年の有馬記念では自身初の9着と大敗を喫してしまいました。その後、ドバイに行きましたがコロナの影響で中止になったのでヴィクトリアマイルに向けて調整したということなので期待できるのではないでしょうか。既にGⅠを6勝もしている馬だけに別格ですね。
 
 

続いて単勝オッズ2番人気の支持を受けたのが昨年のオークス馬の1.ラヴズオンリーユーでした。デビューから負けなしのまま僅か4戦目でオークスを勝ち切ったのは感動モノでした。前走のエリザベス女王杯では1番人気となりながらも3着となってしまい連勝はストップしてしまいましたがまだまだ期待しているファンの方が多いのでしょうね。
 
 

昨年のヴィクトリアマイルで2着だった5.プリもシーンもやはり人気がでました。今年初戦の東京新聞杯で勝っているというのも上位人気になった理由のひとつではないでしょうか。東京コースとの相性が良い印象もありますし、鞍上が昨年の勝利ジョッキーというのも人気に拍車をかけたのかもしれませんね。

 
 
4番人気以降は18.サウンドキアラ・16.ノームコア・7.ダノンファンタジーという人気順でした。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
 
 

去年は発熱で海外遠征の予定を取りやめ有馬記念に参戦して大敗してしまった12.アーモンドアイ。とは言え、実績で言えば他の追随を許さない歴史に残る大活躍をしている競走馬だけに復活を期待する声が多かったようです。また、不運続きとも言われていて、今回のヴィクトリアマイルも本来の予定ではなく、調整の面で十分なのかどうか疑問視する声も上がっていました。しかしながら、本来の能力通りであればGⅠを6勝しているだけの実力がある馬だけに牝馬相手では引けを取らないという評価がほとんどでした。
 
 

こちらもアーモンドアイと同じようにドバイ遠征予定だったのが中止になったため、ヴィクトリアマイルとなりました。今年初戦ということで仕上げを心配する声が多かったようですし、近3戦がすべて2000m以上ということでマイル戦のレース展開にちゃんとついていけるのかという不安材料もあるようでした。しかしながらGⅠ馬ですのでそのポテンシャル自体は疑いようがないようです。陣営側も今回の強豪相手のマイル戦で良い成績を残して次に繋ぎたいと期待していました。
 
 

GⅠではまだ勝っていないがマイル戦では既に重賞3勝している5.プリモシーン。戦績をみる限りでは安定感に欠けるものの距離適性とコース相性が今メンバーの中でも屈指の逸材で昨年のヴィクトリアマイル2着も大きく評価されていました。強豪揃いの今回ですが上位争いを繰り広げる一頭なのは間違いなさそうです。鞍上がD.レーン騎手に乗り替わりとなっているのでその采配に期待する声も上がっていました。ただ、前走のダービー卿チャレンジTでは伸びきれず5着と負けているのが左回りでどうなるかといったところでしょうか。
 
 

 
 

各馬一斉ににスタート!
綺麗なスタートとなりましたヴィクトリアマイル
 
ハナを切って前に出たのは13.トロワゼトワル
2番手には10.メジェールスーがすぐ後ろ
外からは17.コントラチェックが並んでいきます
 
注目の1番人気12.アーモンドアイは馬群中団
そして早くも直線が終わりに近づき第三コーナーを迎えます
第三コーナーでの順位は以下の通り
 
 
13-17-18-10-12-7-16-1-4-5-14-3-2-11-6-15
2020ヴィクトリアマイル第三コーナーイラスト
 
 
前後の差はそこまで詰まらずに第三コーナーを回り
そのまま第四コーナーを回っていきます
 
第四コーナーの順位は以下の通り
 
13-17-18-10-12-7-16-1-4-14-2-5-3-11-6-15
2020ヴィクトリアマイル第四コーナーイラスト
 
 
直線に入った段階で12.アーモンドアイは4番手
残り200mを過ぎるとここで本領発揮!
加速すると一気に先頭に躍り出ます
 
そして抜け出してから強い強い
後続とはレベルの差を思知らせるかのように伸びていきます
そして最後は悠々の勝利!
 
 
第15回 ヴィクトリアマイルGⅠ 確定順位は以下の通りになります。
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 12 アーモンドアイ C.ルメール 1
2 18 サウンドキアラ 松山弘平 4
3 16 ノームコア 横山典弘 5
4 13 トロワゼトワル 三浦皇成 12
5 7 ダノンファンタジー 川田将雅 6
6 4 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 11
7 1 ラヴズオンリーユー M.デムーロ 3
8 5 プリモシーン D.レーン 2
9 2 ビーチサンバ 福永祐一 9
10 3 シャドウディーヴァ 池添謙一 10
11 15 アルーシャ 北村宏司 15
12 6 トーセンブレス 柴田善臣 13
13 11 サトノガーネット 吉田豊 16
14 17 コントラチェック 武豊 8
15 14 スカーレットカラー 石橋脩 7
16 10 メジェールスー 岡田祥嗣 14
17 8 ディメンシオン(出走取消) 松田大作
18 9 セラピア(出走取消) 田辺裕信

 

単勝 12 140円 1番人気
複勝 12 110円 1番人気
18 220円 3番人気
16 300円 7番人気
枠連 6-8 390円 1番人気
馬連 12-18 750円 3番人気
ワイド 12-18 390円 2番人気
12-16 530円 6番人気
16-18 1,530円 17番人気
馬単 12-18 950円 3番人気
3連複 12-16-18 2,960円 9番人気
3連単 12-18-16 7,340円 15番人気

 
 
12.アーモンドアイの圧勝でしたね
そして圧巻と言える勝ち方素晴らしいですね
 
やっぱりアーモンドアイは怪物
そしてこの勝ち方こそがアーモンドアイですよね
競馬ファンの皆さんも今日は大いに盛り上がったのではないでしょうか
 
それではまだまだ続くGⅠを楽しみましょう!

 

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事