結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2020 第37回フェブラリーステークスGⅠ結果考察

2020 第37回フェブラリーステークスGⅠ
東京競馬場 1600m ダート・左
2020年2月23日
 
フェブラリーステークス
 
本日は天皇誕生日となります2月23日です
新しく即位されてからは初めてとなりますね
 
しかも本日は天候もよくて気温もあり暖かいです
競馬ファンしては最高の競馬日和というところですね
 
さて令和となって競馬界ももりあげていきましょう
今年初のGⅠにもなりますからね
 
それでは今年一発目の出走馬を見ていきましょうか
  
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ブルドッグボス 和田竜二 13
2 アルクトス 田辺裕信 4
3 ワイドファラオ 福永祐一 6
4 タイムフライヤー S.フォーリー 10
5 インティ 武豊 2
6 ミッキーワイルド 北村友一 12
7 ヴェンジェンス 幸英明 5
8 キングズガード 秋山真一郎 14
9 サンライズノヴァ 松山弘平 3
10 ノンコノユメ 真島大輔 8
11 モジアナフレイバー 繁田健一 11
12 モズアスコット C.ルメール 1
13 デルマルーヴル M.デムーロ 8
14 ミューチャリー 御神本訓史 15
15 ケイティブレイブ 長岡禎仁 16
16 ワンダーリーデル 横山典弘 7

 
 
全体的には馬齢が高いように感じますが
なかなかの面子で16頭が揃っていますね
 
セン馬1頭と他は牡馬15頭の戦いとなりますね
それでは人気の方も確認していきましょうか
 
 

単勝オッズ1番人気となったのはモズアスコットでした。前走の根岸ステークスがダート初出走となりましたが、出遅れから見事に圧勝を決めるというポテンシャルの高さを示しました。GⅢレースで相手も決して弱くはないダート初戦前走の勝ち方をみたら納得の人気です。それに鞍上も引き続きC.ルメール騎手なので注目度も高いのでしょう。
 
 

武豊騎手とのコンビで2連覇を狙うインティが単勝オッズ2番人気の支持を集めました。2走前のダートGⅠチャンピオンズカップでは逃げから3着と敗れてしまいましたが今回はその時の上位2頭は不在です。フェブラリーステークス2連覇を応援する人は多いのではないでしょうか。
 
 

やはりこの馬も人気が出たかという感じですね。たしかにダート戦では一線級の地力を持っているといっても良い馬で今回のフェブラリーSは3度目の挑戦です。過去2走よりも近走の走りっぷりをみると充実度が高そうですからどんな走りをしてくれるのか期待してる方は多いのではないでしょうか。鞍上は乗り替わりで松山弘平騎手です。
 
 
4番人気以降は2.アルクトス・7.ヴェンジェンス・3.ワイドファラオと続きました。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみましょう。
 
 

やはり芝とはいえGⅠレースである安田記念の覇者だけあって実力は疑いようがないようでした。その安田記念を勝った後は一年以上勝ち星に恵まれませんでしたが、ダートに初出走となった前走のGⅢ根岸ステークスでは先行するコパノキッキングをあっさりと抜きさって久し振りの勝利をもぎ取りました。実力がモノをいう東京ダートコースで完勝だったので前走のような出遅れがなければ今回はすんなりと勝ってもおかしくないと言われていました。今回の距離に関しても、同距離の安田記念を勝っているので問題ないとのことです。芝、ダートでのGⅠ制覇に期待の声が上がっていました。
 
 

デビュー戦こそ9着でしたが2戦目から破竹の勢いで勝ち上がっていき7連勝しました。ついにはGⅠレースであるフェブラリーSを制覇するほどの力をつけました。また、コース的な不得意もなく、今回は同タイプの逃げ馬もいないので楽に逃げられるのではないか、と言われていました。相手メンバーをみても地力は上位で昨年のフェブラリーSから5戦して1勝もできていませんが今回は期待できるとの評価でした。2連覇がかかる大一番ですが前走東海Sのように逃げずにいくのか、それとも逃げていくのか、武豊騎手の采配に注目したいですね。
 
 

2走前の南部杯(JpnⅠ)ではGⅠ馬のゴールドドリームや今回出走するアルクトスを制して優勝しました。追い込み一辺倒な今までとは明らかに勝ち方が変わってきていて特にそこを評価されているようでした。前走の武蔵野ステークスにおいても5着と敗れていますが他馬が斤量55~56kgの中で1頭だけ59kgだったことを考慮すればトップとの着差0.5秒は上出来だと言われていました。今回は南部杯のような競馬ができれば上位に喰い込む事は案外容易なのではないでしょうか。
 
 

今回39戦目の7歳とベテランとなる15.ケイティブレイブ。過去の成績を見てもわかるように着順が二桁となったのは2鞍しかない。また12勝と勝利数も悪くなく連対率もそこそこ高い。一時期は福永騎手がずっと鞍上でしたがここ最近は乗り替わりも多いのでこのあたりがどのような影響を与えるのかが勝負の分かれ目ともなりそうです。実力は結果の通りあると言えるでしょう。

 
  
人気的には上位は妥当という感じでしょうか
人気の出そうな要素を押えているので納得です
 
問題は中堅どころの人気馬ですね
正直そのあたりも勝利が狙える競走馬がごろごろいますね
上位人気馬に食い込んできそうなところを読みたいですね
 
いつも以上に迷う頭数が多い感じもしますね笑
それでは早速レースを見ていくとしましょうか
 
 

各馬一斉にスタート!
14.ミューチャリーがやや出遅れた感じですが
比較的綺麗なスタートとなりました
 
芝からダートに突入すると一気に砂煙をあげ進みます
先頭には2.アルクトスがハナを切りその後ろには3.ワイドファラオ
殿には14.ミューチャリーとなっています
 
縦長な展開で前後で結構差が出ている展開で
第三コーナーへと進入していきます
第三コーナーの順位は以下の通り
 
 
2-3-4-5-6-1-7-12-15-13-10-16-9-8-11-14
2020フェブラリーステークス第三コーナーイラスト
 
順位的にはさほど変わらず第四コーナーへ向かいます
第四コーナーでの順位は以下の通りです
 
 
2-3-4-1-5-7-6-12-15-13-16-10-8-11-9-14
2020フェブラリーステークス第四コーナーイラスト
 
直線に入ると先頭集団は内にポジションを取り
後続は徐々に外へとひろがっていく展開を見せます
 
残り400~300mの間ではまだ読めないという感じでしたが
残り200m付近になると1番人気12.モズアスコットがすっと前に出ます
 
前に出たあとはもの凄く力強い走りを見せて後続を寄せ付けません
最後も悠々の展開で人気に応えました
 
2番人気の鞍上武豊騎手の5.インティは早々に馬群に沈んでしまいました
 
 
第37回 フェブラリーステークスGⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 12 モズアスコット C.ルメール 1
2 15 ケイティブレイブ 長岡禎仁 16
3 9 サンライズノヴァ 松山弘平 3
4 16 ワンダーリーデル 横山典弘 7
5 4 タイムフライヤー S.フォーリー 10
6 8 キングズガード 秋山真一郎 14
7 11 モジアナフレイバー 繁田健一 11
8 10 ノンコノユメ 真島大輔 9
9 2 アルクトス 田辺裕信 4
10 7 ヴェンジェンス 幸英明 5
11 14 ミューチャリー 御神本訓史 15
12 3 ワイドファラオ 福永祐一 6
13 1 ブルドッグボス 和田竜二 13
14 5 インティ 武豊 2
15 13 デルマルーヴル M.デムーロ 8
16 6 ミッキーワイルド 北村友一 12

 

単勝 12 280円 1番人気
複勝 12 160円 2番人気
15 2,160円 15番人気
9 220円 3番人気
枠連 6-8 3,100円 14番人気
馬連 12-15 36,230円 63番人気
ワイド 12-15 11,170円 75番人気
9-12 520円 4番人気
9-15 18,320円 87番人気
馬単 12-15 46,980円 91番人気
3連複 9-12-15 95,310円 197番人気
3連単 12-15-9 464,920円 939番人気

 
 
まず驚くべきは1番人気で勝利した12.モズアスコットよりも
下位の順位ですね
14着に5.インティ、15着に13.デルマルーヴル、16着に6.ミッキーワイルド
騎手は左から武豊騎手・M.デムーロ騎手・北村騎手です
 
この3人がこんなに下位で固まるのも珍しいですよね
それは約1000番人気の3連単配当となりますよ
 
いやぁこれ意外と狙えたかも知れない馬券だったので
結構悔やまれますね
獲れた方は美味しいですね、おめでとうございます
 
それでは令和第一弾外しましたが
頑張っていきましょう笑

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事