結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2019 第80回優駿牝馬(オークス)GⅠ結果考察

2019 第80回優駿牝馬(オークス)GⅠ
東京競馬場 2400m 芝・左
2019年5月19日
 
優駿牝馬(オークス)
 
さぁ牝馬の祭典オークスがやってきました
 
昨年はアーモンドアイが余裕の勝利を見せ2冠を決めました
今年はどの牝馬がアーモンドアイのように羽ばたくのか
とても楽しみですねー
 
もしかしたら今後アーモンドアイ以上の逸材となる牝馬も
この中から出てくる可能性だってあるわけですからね
 
女王の座を巡りあつい戦いが見れるのを期待して
出走馬を見ていくとしましょうか
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ジョディー 武藤雅 13
2 クロノジェネシス 北村友一 2
3 コントラチェック D.レーン 3
4 シェーングランツ 武豊 10
5 エールヴォア 松山弘平 8
6 アクアミラビリス 藤岡佑介 14
7 シャドウディーヴァ 岩田康誠 6
8 ダノンファンタジー 川田将雅 4
9 ウインゼノビア 松岡正海 18
10 カレンブーケドール 津村明秀 12
11 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 5
12 ウィクトーリア 戸崎圭太 6
13 ラヴズオンリーユー M.デムーロ 1
14 フェアリーポルカ 幸英明 11
15 ノーワン 坂井瑠星 16
16 ビーチサンバ 福永祐一 9
17 メイショウショウブ 池添謙一 15
18 フィリアプーラ 丸山元気 17

 
 
去年はトーセンブレスの出走取消もあり17頭でしたが
今年は18頭フルゲートでのレースです
毎度言っていますがやはり多く走ってる方がテンションもあがりますよね
 
ちょっとずば抜けているいう競争馬もいませんし
結構拮抗しているのではないでしょうかね
それでは気になる人気の方を確認していくとしましょう
 
 

1番人気となったのは13.ラヴズオンリーユーでした。現在3戦3勝となっていて前走では3馬身の差をつけて勝利し実力の差をみせつけています。その他の2戦についても比較的余裕をもって勝利している事もあり実力を買われての人気と言えるでしょう。あとはNHKを制しましたが最近重賞においては結果がいつもより出ていないM.デムーロ騎手がどのような騎乗をするかというところでしょうか。
 
 

2番人気となったのは現在5戦3勝の2.クロノジェネシスです。全てのレースで複勝圏内の成績を残しており阪神ジュベナイルフィリーズでは2着、前走桜花賞では3着とGⅠレースでも成績を残せていますので人気となるのも頷けるでしょう。桜花賞での末脚を今回も発揮してくれるだろうという期待が人気に直結したというところでしょうか。
 
 

3番人気はこちらも5戦3勝という成績の3.コントラチェック。但しこちらは前走のフラワーカップのみが重賞で初の重賞勝利となりました。2馬身以上の差をつけての勝利ではありましたがここをどうとらえるかが今回のレースの肝にもなりそうですね。あとは鞍上のD.レーン騎手の存在ですね。勝率連対立共に高い好調な騎手ですのでこちらも人気を後押ししたでしょうか。
 
 
4番人気以降は8.ダノンファンタジー・11.シゲルピンクダイヤ・7.シャドウディーヴァという人気順でした。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。 
 
 

桜花賞には間に合いませんでしたがデビューしてから3戦3勝と無敗のラヴズオンリーユー。前走の忘れな草賞では3馬身の差をつけて見事な圧勝を決めています。まだまだ秘めたる能力の全てを出し切っていない印象がありますね。しかしながら、今回は距離は血統的にみて問題なさそうですがレース経験が3戦と乏しくいずれも10頭立て未満の小頭数でのレースでした。今回のフルゲートは初めてでそれに加え、栗東からの初遠征となります。さらに左回りのコースも初経験と不安材料を上げればたくさん出てきます。地力は間違いなくある馬なので鞍上のM.デムーロ騎手がそこら辺をどう乗りこなすのかが鍵になりそうです。
 
 

ここまで5戦してきて全て3着以内の着順という安定感のある走りを魅せるクロノジェネシス。桜花賞では上りタイム32.9で3着まで駆け上がり差し馬としては能力上位なのは間違いないでしょう。東京のコースでは2戦して2勝と負けなしで相性も悪くなさそうです。その一方で不安材料は鞍上の北村騎手と言われていました。まだ記憶に新しい大阪杯で自身初のGⅠ制覇を果たした騎手ではありますが先週のヴィクトリアマイルで3番人気だったレッドオルガの騎乗ぶりを見ると確かに不安になってしまいますね。前が詰まって馬群に埋もれてしまってはこの馬の最大の持ち味が活かせないので1枠2番の内枠も少し不安です。
 
 

こちらもデビューして5戦して全て3着以内の順位で逃げたら強いコントラチェック。前走のフラワーカップでは好スタートからハナをきって逃げていき終わってみれば2馬身以上の差をつけての完全勝利でした。今回の枠順も前へでていきそうなジョディーより外の2枠3番と好枠をゲットしました。鞍上はD.レーン騎手に乗り替わりとなりますが、こちらは先週のヴィクトリアマイルで5番人気だったノームコアをレコードタイムで勝たせた絶好調騎手です。コントラチェックとのコンビならGⅠ2連勝も夢ではないかもしれません。ただ、オークスはやはり前走桜花賞組が圧倒的に強く、2005年のシーザリオ以降で前走がフラワーカップ経由での勝馬がいないのが不安材料でしょうか。
 
 

現在5戦2勝で4着以降は唯一の重賞出走となるクイーンカップのみです。そのクイーンカップも結果4着ではありましたが内容としては決して悪いものではありませんでした。前走のスイートピーステークスも2番人気で期待に応え勝利しています。決め手としては若干欠けますが可能性としてはなくはないと言えるのではないでしょうか。
 
 
人気は予想通りの13.ラヴズオンリーユーが1番人気
やはり3戦とは言え全戦全勝というのも大きな要素と言えるんでしょうかね
 
今回が初めての重賞という事もありますし
まだ未知な部分もありますがトータル的に見て1番人気は納得です
 
あとはここにどの競争馬が並んでいくのかというのが見ものとなる事でしょう
まぁとりあえずは貴重な全勝馬がいますからね
とりあえず初重賞ではありますが全勝というのを守り切ってもらいたいものですね
 
それでは実際のレースを見ていくとしましょうか
 
 

各馬一斉にスタート!
やや全体的にバラつきのあるスタートとなりました
 
そんな中好スタートを見せたのは1.ジョディー
スタート直後体ひとつ飛び出すスタート
 
そしてもつれたのは11.シゲルピンクダイヤと12.ウィクトーリアです
6.アクアミラビリスは後方からゆっくりという展開
先頭1.ジョディーをすぐ後ろから追うのは3.コントラチェックです
 
最初の直線を過ぎて第一コーナーへと進入していきます
第一コーナーでの順位は以下の通り
 
 
1-3-5-2-8-10-14-16-7-11-13-15-17-9-12-4-18-6
2019優駿牝馬第一コーナーイラスト
 
 
先頭は好スタートを見せた1.ジョディーが引っ張っる展開
後方殿はゆったりスタートした6.アクアミラビリス
馬群はやや中央付近にかたまった展開となって第二コーナーを進んでいきます
 
第二コーナーでの順位は以下の通り
 
 
1-3-5-2-10-8-14-7-13-11-16-15-17-9-12-4-18-6
2019優駿牝馬第二コーナーイラスト
 
 
第二コーナーを抜け直線に入るとさらに縦長な展開になるかと思いきや
意外にも馬群は徐々に詰まっていき前後の差が早くもなくなります
 
順位に大きな変化は見られないものの
各馬第三コーナーを前に徐々にポジションをとりつつ
仕掛けるタイミングをうかがっています
 
そしていよいよ第三コーナーへ
第三コーナーでの順位は以下の通りです
 
 
1-3-5-2-10-8-7-14-11-9-13-16-15-17-18-12-4-6
2019優駿牝馬第三コーナーイラスト
 
 
徐々に仕掛け始める各馬の中
先頭を走っていた1.ジョディーがバテたか
直線に入る前に馬群に飲みこまれそうになります
 
ここで1番人気の13.ラヴズオンリーユーの位置はというと
馬群中央よりっや後方の12番手で外から仕掛けるポジションにいます
 
第四コーナーでの順位は以下の通り
 
 
1-3-5-10-2-8-7-14-16-9-11-13-15-17-18-12-4-6
2019優駿牝馬第四コーナーイラスト
 
 
直線に入ると案の定1.ジョディーは一気に馬群に沈みます
後ろにつけていた3.コントラチェックが前に出るかと思いましたが
内からきた2.クロノジェネシスが進路に被さるような形になると
一気に後退していってしまいます
 
その攻防とは裏腹に驚いたのは直線に入り先頭に立った10.カレンブーケドール
12番人気となる10.カレンブーケドールが先頭で粘り強い走りをみせ先頭をキープ
 
しかし残り200mを過ぎると外から恐ろしい脚で上がってきる一頭が
1番人気の13.ラヴズオンリーユーです
見ていた人全てが歓声をあげそうな急加速
 
一気に先頭にいた10.カレンブーケドールに並ぶと
ラストは一騎討ち状態になります
 
10.カレンブーケドールもかなり粘りましたが
粘り空しくわずかに13.ラヴズオンリーユーが先にゴール!
 
無傷のGⅠ勝利となりこれで4戦全勝となりました
 
 
第80回 優駿牝馬(オークス)GⅠ 確定順位は以下の通りです。
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 13 ラヴズオンリーユー M.デムーロ 1
2 10 カレンブーケドール 津村明秀 12
3 2 クロノジェネシス 北村友一 2
4 12 ウィクトーリア 戸崎圭太 6
5 8 ダノンファンタジー 川田将雅 4
6 7 シャドウディーヴァ 岩田康誠 7
7 4 シェーングランツ 武豊 10
8 6 アクアミラビリス 藤岡佑介 13
9 3 コントラチェック D.レーン 3
10 18 フィリアプーラ 丸山元気 17
11 5 エールヴォア 松山弘平 8
12 11 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 5
13 9 ウインゼノビア 松岡正海 18
14 1 ジョディー 武藤雅 14
15 16 ビーチサンバ 福永祐一 9
16 14 フェアリーポルカ 幸英明 11
17 17 メイショウショウブ 池添謙一 16
18 15 ノーワン 坂井瑠星 15

 

単勝 11 400円 1番人気
複勝 13 200 2番人気
10 1,400円 13番人気
2 170円 1番人気
枠連 5-7 8,420円 24番人気
馬連 10-13 25,140円 46番人気
ワイド 10-13 6,430円 54番人気
2-13 470円 1番人気
2-10 4,960円 44番人気
馬単 13-10 28,210円 81番人気
3連複 2-10-13 28,240円 90番人気
3連単 13-10-2 179,960円 534番人気

 
 
見事1番人気に応え13.ラヴズオンリーユーが勝利しましたね
しかし意外も意外だったのは10.カレンブーケドールですよね笑
 
まさかこんなに粘り強い走りを見せるとは
そしてまさか馬券に絡むとは笑
 
最近こういう荒れ方するレース多いですねー
今回も三連単は外す結果とはなりましたが
全勝馬!GⅠ馬!記録の期待が出来る競争馬の誕生!
 
これはかなりテンションがあがりますね
今後ラヴズオンリーユーのレースには注目していくとしましょう!
 

 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事