結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2019 第14回ヴィクトリアマイルGⅠ結果考察

2019 第14回ヴィクトリアマイルGⅠ
東京競馬場 1600m 芝・左
2019年5月12日
 
ヴィクトリアマイル
 
牝馬のマイル王を決めるヴィクトリアマイルがやってきました
 
最近はなかなか気温が安定せず
暖かい日もあれば肌寒い日もあったりと
着る物にも困る日が続いていますね
 
季節の変わり目は体調を崩しやすいともいいますので
体調管理には気をつけて下さいねー
 
それでは今月のGⅠ戦線第二弾となる
ヴィクトリアマイルの出走馬を見ていきましょうか
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 アマルフィコースト 坂井瑠星 12
2 レッドオルガ 北村友一 3
3 クロコスミア 戸崎圭太 11
4 ノームコア D.レーン 5
5 メイショウオワラ 秋山真一郎 18
6 ラッキーライラック 石橋脩 1
7 ミッキーチャーム 川田将雅 6
8 デンコウアンジュ 柴田善臣 10
9 プリモシーン 福永祐一 4
10 ミエノサクシード 川島信二 17
11 アエロリット 横山典弘 2
12 ワントゥワン 中谷雄太 16
13 サトノワルキューレ 内田博幸 14
14 レッツゴードンキ 岩田康誠 13
15 カンタービレ M.デムーロ 7
16 ソウルスターリング 武豊 8
17 サウンドキアラ 田辺裕信 15
18 フロンテアクイーン 三浦皇成 9

 
 
18頭のフルゲートとなりました第14回ヴィクトリアマイル
今回は4歳馬が8頭、5歳馬が4頭に6歳馬が5頭
そして唯一の7歳馬は14.レッツゴードンキとなっています
 
GⅠ馬は4頭の出走となりますかね
果たしてどの競争馬が新たに冠を追加するのか
人気について見ていきましょう
 
 

阪神ジュベナイルフィリーズを制し期待が集まる中、桜花賞ではアーモンドアイの参戦により敗退。そこからは全て勝利出来てない状態となる6.ラッキーライラックではありますが実力は本物です。前走は若干ふるいはしませんでしたがそろそろまたあの強さを見ててもらいたいですね。
 
 

2番人気となったのは2.レッドオルガです。現在13戦5勝でまだ重賞の勝利はありません。騎手もまちまちではありますが前々走の東京新聞杯から北村騎手が鞍上を務めております。成績だけを見ると本当に2番人気なのかという思いもありますが、悲願のGⅠを制する事が出来るのかこの辺りも楽しみにしましょう。
 
 

3番人気となったのは9.プリモシーンです。現在重賞はGⅢを2本勝利しており、前走のGⅢも惜しくもクビ差で2着となってはしまいましたが実力の程は確かと言えるでしょう。今回のレースでGⅠ4レース目となる9.プリモシーンですがこちらも悲願のGⅠ勝利となるのか注目していくとしましょう。
 
 
4番人気以降は11.アエロリット・4.ノームコア・7.ミッキーチャームという人気順でした。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
 
 

デビューしてからマイル4連勝をするもその後の勝ち星がないラッキーライラック。同世代に世界で活躍しているアーモンドアイという傑出馬がいて若干影が薄い印象もありますが桜花賞2着や優秀牝馬3着など、この馬の地力も確かです。しかも、このレースを目標としてきているので仕上がりも文句なしとのことです。本来は前走の阪神牝馬ステークスをキッチリ勝ち上がって今レースに臨みたいところでしたが、まさかの8着という凡走結果が不安材料ではありますが、こちらは騎手のミスで展開悪く、この馬の本来の持ち味をだせなかったようです。騎手の変更はありませんが前走の反省をうまく活かせれば地力があるだけに十分に勝ちを狙っていける一頭なのではないでしょうか。
 
 

昨年のビクトリアマイルでは4着だったアエロリット。また、昨年のNHKマイルカップの覇者で東京コースには特に不安要素がありません。今年の初戦こそ海外遠征をして負けてしまいましたが調教では気合いも乗っていて遠征の疲れはすっかり抜けてそうです。ここ2戦では良い成績を残せていませんが海外戦を経験してあらゆる面でタフになったのではないでしょうか。混戦と言われている今回のヴィクトリアマイルではありますがGⅠ2勝目も夢物語ではないのかもしれません。期待したいところです。
 
 

昨年の関屋記念では3歳馬ながら古馬の牡馬相手に勝利し、その能力の高さを証明したプリモシーン。前走のダービー卿チャレンジトロフィーにおいても同様に古馬の牡馬相手に2着ともはや実力は疑いようのない走りをみせてくれました。左回りのマイル戦が得意ということと、今回の相手は同じ牝馬ということでその能力を存分に発揮できれば上位争いの一角となるのは間違いないように思えます。仕上がりも前走より手応えがあったようで万全とのことです。鞍上の福永騎手はヴィクトリアマイルを勝てば牝馬限定GⅠ全制覇達成とのことでこちらも強い意気込みをもってレースに臨むのではないでしょうか。
 
 

現在8戦3勝で昨年のエリザベス女王杯と前走の中山牝馬ステークス以外は全てが馬券圏内という成績を残しています。近6走で見ても6戦すべて重賞レースとなっており内4戦でそのような結果となっていますので実力としては申し分ないでしょう。鞍上はD.レーン騎手ですがこちらもなかなかの勝率を叩き出しておりますので噛み合えば上位に食い込んでくる可能性は大いにあるのではないでしょうか。
 
 
1番人気は6.ラッキーライラックですね
GⅠ馬でありアーモンドアイがいなければ2冠にもなっていたであろう存在ですしね
まぁ人気が集中してもおかしくはないというところですか
 
今回は過去にGⅠを勝利しているのが4頭
その中でも2冠となるのが16.ソウルスターリング
しかし近走の結果もあってか全然人気は伸びていませんね
 
もうピークを過ぎたと判断している感じなんでしょうかね
でも意外と切ったら切ったで来ちゃうのが競馬なので
このあたりも難しいところだと思います
 
それでは実際のレース展開を追っていくとしましょう
 
 

各馬一斉にスタート!
比較的綺麗なスタートとなりました第14回ヴィクトリアマイル
 
内からは1.アマルフィコーストが出ていき
並ぶように3.クロコスミアが出ていきます
このまま1.アマルフィコーストが先頭でレースを引っ張るかと思われましたが
中央からは11.アエロリットがペース上げて前に出ていきます
 
殿は中谷騎手の騎乗する12.ワントゥワンです
11.アエロリットがさらにスピード上げる中
馬群は第三コーナーを通過していきます
第三コーナーでの順位は以下の通りです
 
 
11-1-7-16-3-6-2-4‐15-9,18-5-8-17-10-14-13-12
2019ヴィクトリアマイル第三コーナーイラスト
 
 
第三コーナーで各馬がどんどん詰まっていくかと思われましたが
11.アエロリットはさらに逃げていこうと距離を縮めさせません
 
そして馬群はそのまま第四コーナーへと向かいます
第四コーナーでの順位は以下の通りです 
 
11-1-7-16-3-6-2-4-15-9-18-5-8-17-10-14-13-12
2019ヴィクトリアマイル第四コーナーイラスト
 
 
第四コーナーを抜けて直線に入りますが以前先頭は11.アエロリットで
粘り強く先頭をキープします
この長い直線を粘り通す事が出来るのか
 
そして400mから200mまではキープしましたが
ここで周りが上がり始めると11.アエロリットは馬群に沈んでいきます
 
ラストスパートをかけてきたのは4.ノームコア
やや後ろを9.プリモシーンという感じで先頭が入れ替わります
さらに内からは3.クロコスミアと6.ラッキーライラックが並んでゴール!
 
勝利したのは4.ノームコア
今回ついにGⅠのタイトルを手に入れる事が出来ました
 
さらにこの5番人気の伏兵は今回のレースを
レコードタイムによって勝利という偉業も見てくれました
 
 
第14回 ヴィクトリアマイルGⅠ 確定順位は以下の通りになります。
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 4 ノームコア D.レーン 5
2 9 プリモシーン 福永祐一 4
3 3 クロコスミア 戸崎圭太 11
4 6 ラッキーライラック 石橋脩 1
5 11 アエロリット 横山典弘 2
6 10 ミエノサクシード 川島信二 17
7 17 サウンドキアラ 田辺裕信 15
8 7 ミッキーチャーム 川田将雅 6
9 16 ソウルスターリング 武豊 8
10 14 レッツゴードンキ 岩田康誠 13
11 2 レッドオルガ 北村友一 3
12 8 デンコウアンジュ 柴田善臣 10
13 13 サトノワルキューレ 内田博幸 14
14 1 アマルフィコースト 坂井瑠星 12
15 18 フロンテアクイーン 三浦皇成 9
16 12 ワントゥワン 中谷雄太 16
17 5 メイショウオワラ 秋山真一郎 18
18 15 カンタービレ M.デムーロ 7

 

単勝 4 940円 5番人気
複勝 4 350円 6番人気
9 250円 4番人気
3 670円 11番人気
枠連 2-5 2,900円 22番人気
馬連 4-9 3,700円 14番人気
ワイド 4-9 1,410円 13番人気
3-4 4,040円 47番人気
3-9 3,150円 39番人気
馬単 4-9 7,670円 30番人気
3連複 3-4-9 35,490円 115番人気
3連単 4-9-3 175,040円 561番人気

 
 
うーん、上位人気馬全てが飛びましたね
これは完全に意外な展開となりました
 
プリモシーンとクロコスミアを押えるもノームコアは切っていたので
今回は何も拾えず・・・
 
そしてM.デムーロ騎手の最下位というのも珍しいですね
何か問題でも起きたのでしょうか
 
しかしレースの方は面白かったですね
アエロリットがペースを上げていたのもありますが
見事にノームコアのレコード勝利
 
レコード勝利ってテンションがあがりますよね笑
という事で今回は馬券がかすりもしていませんが
残りのGⅠ戦線も頑張っていきましょう!

 

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事