結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2019 第86回東京優駿(日本ダービー)GⅠ結果考察

2019 第86回東京優駿(日本ダービー)GⅠ
東京競馬場 2400m 芝・左
2019年5月26日
 
ダービー
 
さぁ先週のオークスに続き東京優駿(日本ダービー)がやってきました
 
今日はとても暑いです!
もう本当夏かなと思うような気温ですね・・・
 
競争馬にも何かしら影響があるかも知れない気温ではありますが
皆さんも熱中症にはくれぐれもお気を付けください
 
体が暑さになれていないと余計になりやすそうです
水分補給や塩分補給には気を配りましょう
 
そして実際にレースを見に行くという方は特にお気をつけください
テンション上がって蒸発してしまわないように笑
 
さぁそれでは今日のお祭りの出走馬を確認していくとしましょう
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ロジャーバローズ 浜中俊 13
2 ヴィント 竹之下智昭 16
3 エメラルファイト 石川裕紀人 14
4 サトノルークス 池添謙一 8
5 マイネルサーパス 丹内祐次 17
6 サートゥルナーリア D.レーン 1
7 ダノンキングリー 戸崎圭太 2
8 メイショウテンゲン 武豊 10
9 ニシノデイジー 勝浦正樹 12
10 クラージュゲリエ 三浦皇成 9
11 レッドジェニアル 酒井学 11
12 アドマイヤジャスタ M.デムーロ 4
13 ヴェロックス 川田将雅 3
14 ランフォザローゼス 福永祐一 5
15 リオンリオン 横山武史 6
16 タガノディアマンテ 田辺裕信 15
17 ナイママ 柴田大知 18
18 シュヴァルツリーゼ 石橋脩 7

 
 
オークスに引き続き去年は16頭だったダービーも18頭です
フルゲートでの競馬はやはりテンションが上がりますね
 
東京優駿(日本ダービー)では牝馬の出走はほぼないですが
今回も全頭牡馬の出走となりますね
 
それでは男祭の人気を確認していくとしましょう
 
 

圧倒的な指示を受けて1番人気となったのがサートゥルナーリアでした。まだデビューしてからわずか4戦しかしていませんが未だに無敗です。しかも、その内GⅠレース2勝と能力の高さは疑いようがありません。今回は休養明けの前走皐月賞とは違い、1度使っているので上積みも十分でダービーが本番という印象です。枠順も3枠6番と好枠です。特にこれといった死角もなく順当に1番人気を獲得した感じではないでしょうか。
 
 

3枠6番の皐月賞馬サートゥルナーリアの出方を窺いながらいける外4枠7番という絶好枠におさまり2番人気の支持を受けたダノンキングリー。前走の皐月賞では3着と敗れてしまいましたが有力馬の1角なのは間違いないでしょう。切れ味のある馬だけに直線の長い東京競馬場が得意というのも人気を集めた要因の一つなのではないでしょうか。それに鞍上が調子の良い戸崎騎手というのもありますね。
 
 

3番人気となったのが3強と評されたその一角のヴェロックスでした。前走の皐月賞では2着に入り、その存在感をアピールしました。また、ここまで6戦して5戦が2着以内と安定した成績を出していて、3走前から川田騎手に乗り替わってからはすべて2着以内と好成績を残しています。その事もまた人気を集めた理由ではないでしょうか。新馬戦で見せた圧勝を期待してる人も多いと思います。
 
 
4番人気以降は4.アドマイヤジャスタ・14.ランフォザローゼス・15.リオンリオンという人気順でした。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。 
 
 

ここまで4戦4勝でホープフルステークス、皐月賞とGⅠ2連勝を果たしたサートゥルナーリア。前走皐月賞では結果的にみれば最後にアタマひとつ抜けだして辛うじて勝利を納めたようにみえましたが距離が長ければさらに差を付けれたのは明白なレース内容でした。皐月賞でもまだまだ能力の底を見せておらず今回のダービーは距離2400mです。本当に強い馬しか勝てないレースと言われており、実力的には圧倒的に上位と見てよさそうです。鞍上がD.レーン騎手へと乗り替わりになっていて、それを不安視されていましたが、めきめきと頭角を現している騎手だけに問題はなさそうです。今回のダービーではサートゥルナーリア1強と言われていました。
 
 

3戦3勝で挑んだ前走皐月賞では3着と敗れてしまったダノンキングリー。しかしながら、大きくは負けておらず先着を許した2頭との差も僅かでした。能力的にみても負けてないように思えます。また、前走皐月賞は3頭が抜けだす形でゴールを決めており、4着との差が2馬身と3頭以外の馬で比較しても能力が上位なのは間違いないでしょう。それに3勝してる内の2勝が東京競馬場での勝利なのでコース的な相性もバッチリです。ただ、2000m以上の勝ちがなく距離面で不安があるかもしれません。鞍上は乗り替わっておらずデビューからずっと戸崎騎手とのコンビです。最後の直線でキレのある末脚を見せられれば十分にチャンスがあるのではないでしょうか。
 
 

皐月賞は直線で不利があったにもかかわらずアタマ差で2着となったヴェロックス。目標をダービーにしてきたというだけあって仕上がりも満足がいく状態とのことです。距離2400mはそこまで問題なさそうではありますが前走の皐月賞を含め6戦した内の右回り5戦が全て2着以内なのに対して4走前の東京スポーツ杯2歳ステークスの左回りのレースでは僅差とはいえ4着と敗れています。そこら辺が少し不安材料と言えるのではないでしょうか。しかしながら、前走皐月賞では不利な状況からアタマ差で2着に入る実力もまた本物です。地力をすべて出し切れればGⅠ制覇も夢ではなさそうです。
 
 

現在5戦2勝となる1.ロジャーバローズ。前々走となるスプリングステークスを除いては好成績を残しています。注目するべきは前走ですが勝利こそ逃して2着という結果に終わりこそすれクビ差で人気には応えた走りをみせています。さらに前走は今月の頭のレースという事もあり同様のレース運びが出来れば可能性はあるのかも知れません。抑えとして狙うのは十分にありでしょう。

 
1番人気は誰もが予想通りといったところでしょう
6.サートゥルナーリアですね
 
12.アドマイヤジャスタにM.デムーロ騎手が騎乗なので
本来はC.ルメール騎手だった事でしょうが騎乗停止処分の影響で
今回はD.レーン騎手が騎乗となっていますね
 
6.サートゥルナーリアは全勝で且つGⅠ2勝という競争馬ですからね
今後の大記録にも期待がもてるだけにここは逃してほしくない!笑
 
馬券は外れてもいいから記録は外さないでくれっ
というくらいの勢いです笑
 
ただ皐月賞で今回上位人気馬となる
7.ダノンキングリーと13.ヴェロックスには勝利していますが
決して余裕で勝利したわけではないのでどうなるかですね
 
2頭の鞍上はずっと変わらずですがD.レーン騎手は初騎乗の競争馬ですからね
いやぁ記録がかかっているだけにいつも以上にどきどきです
 
という事で早速実際のレースの方を見ていくとしましょう
 
 

各馬一斉にスタート!
1番人気6.サートゥルナーリアはなんと大きく出遅れ
これは痛いスタートとなりました
 
そして好スタートを切ったのは
1.ロジャーバローズに3.エメラルファイト
さらに外からは15.リオンリオンが先頭集団にむけて上がっていきます
 
短い直線を終えるとすぐに第一コーナーへ進入します
第一コーナーでの順位は以下の通りです
 
 
15-1-4-3-7-10-13-5-14-18-6-17-2-9-11-16-8-12
2019東京優駿第一コーナーイラスト
 
 
先頭と取ったのは15.リオンリオン
大きくリードをとって逃げていきます
 
この時点で馬群は後ろにかたまる形となります
第二コーナーでの順位は以下の通り
 
 
15-1-4-3-7-10-5-13-14-18-6-9-17-11-2-16-8-12
2019東京優駿第二コーナーイラスト
 
 
第二コーナーを抜けると一段とペースを上げてにげていきます
ただ実際大きく逃げてはいますがその後ろにつけている1.ロジャーバローズが
ペースメーカーという感じで他も認識しているような印象さえあります
 
先頭をいく15.リオンリオンには一切動じず
他の競争馬は淡々とレースを展開していきます
 
第三コーナーを前にやや距離が縮まっていく馬群
こうなると大逃げも無駄に体力を消費しただけとなってしまう
第三コーナーでの順位は以下の通りです
 
 
15-1-4-3-7-10-5-13-14-18-9-6-11-17-12-2-16-8
2019東京優駿第三コーナーイラスト
 
 
第四コーナーに差し掛かるとようやくここで1番人気6.サートゥルナーリアが動きます
外からとなりますが徐々に上がっていきます
 
後方に大きくかたまっているだけにかなり横に広がりそうな展開で
各馬仕掛けていきます
 
そして最終第四コーナーの順位は以下の通りです
 
 
15-1-7-4-5-3-10-13-9-14-18-6-16-11-17-2-8-12
2019東京優駿第四コーナーイラスト
 
 
最終コーナーを立ち上がり最後の直線に入ると
案の定15.リオンリオンはすぐにつかまり馬群に沈んでいきます
 
長い直線で代わりに先頭にたったのは2番手につけていた1.ロジャーバローズ
中央からは7.ダノンキングリーが続きます
そして6.サートゥルナーリアはついてきてはいますが大外から追う形
 
残り100m付近でここから6.サートゥルナーリアが魅せるのか!?
と誰もが思った事でしょうがここで13.ヴェロックスにかわされます
 
これにより先頭争いは1.ロジャーバローズに7.ダノンキングリーとなります
ゴール直線7.ダノンキングリーが並びますがやや届かず
1.ロジャーバローズが逃げ切り勝利!
 
重賞初勝利をGⅠでしかもダービーで飾りました
 
 
第86回 東京優駿(日本ダービー)GⅠ 確定順位は以下の通りです。
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 1 ロジャーバローズ 浜中俊 12
2 7 ダノンキングリー 戸崎圭太 2
3 13 ヴェロックス 川田将雅 3
4 6 サートゥルナーリア D.レーン 1
5 9 ニシノデイジー 勝浦正樹 13
6 10 クラージュゲリエ 三浦皇成 7
7 14 ランフォザローゼス 福永祐一 5
8 11 レッドジェニアル 酒井学 11
9 16 タガノディアマンテ 田辺裕信 15
10 8 メイショウテンゲン 武豊 10
11 5 マイネルサーパス 丹内祐次 18
12 3 エメラルファイト 石川裕紀人 14
13 17 ナイママ 柴田大知 17
14 2 ヴィント 竹之下智昭 16
15 15 リオンリオン 横山武史 6
16 18 シュヴァルツリーゼ 石橋脩 9
17 4 サトノルークス 池添謙一 8
18 12 アドマイヤジャスタ M.デムーロ 4

 

単勝 1 9,310円 12番人気
複勝 1 930円 9番人気
7 210円 3番人気
13 190円 2番人気
枠連 1-4 7,150円 18番人気
馬連 1-7 11,200円 23番人気
ワイド 1-7 1,990円 18番人気
1-13 2,280円 20番人気
7-13 380円 3番人気
馬単 1-7 47,090円 66番人気
3連複 1-7-13 12,050円 30番人気
3連単 1-7-13 199,060円 355番人気

 
 
なんだろうね
馬券は的中した!しかもボックス購入してた3連単が!
結構ついてかなり嬉しいんですが・・・
 
サートゥルナーリアぁぁぁぁぁぁ
負けてしまった。。
大ショック!!
 
全勝というのが簡単ではないのは理解していますが
やはり打ち砕かれるのはショックが大きい
そして何よりスタートの出遅れで嫌な予感しかしなかった・・
 
何より一番モヤモヤが止まらないのは
C.ルメール騎手だったらどうだったんだろうかって
考えてしまう面がある事
 
まぁそんな事を言っても仕方ないのはわかってはいるのですが
テンションだだ下がりです
てことで今日はこれまで、また次回楽しみましょう
 

 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事