結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2019 第24回秋華賞GⅠ結果考察

2019 第24回秋華賞GⅠ
京都競馬場 2,000m 芝・右
2019年10月13日
 
秋華賞
 
さてGⅠ戦線お次は秋華賞です
秋の牝馬ナンバーワンを決める戦いですね
 
超大型台風の影響もあり日程がずれたりありましたが
秋華賞は問題なく出来るようですね
 
それにしても台風の凄いのが続いて大変ですね
皆さんしっかり対策はしておきましょう
 
それでは秋華賞の出走馬を見ていきましょう
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 ダノンファンタジー 川田将雅 1
メイショウショウブ(出走取消) 池添謙一
3 ブランノワール 浜中俊 12
4 トゥーフラッシー 幸英明 17
5 クロノジェネシス 北村友一 4
6 ローズテソーロ 横山典弘 11
7 ビーチサンバ 福永祐一 7
8 カレンブーケドール 津村明秀 2
9 シャドウディーヴァ 松山弘平 14
10 シェーングランツ 武豊 13
11 フェアリーポルカ 三浦皇成 9
12 レッドアネモス 藤岡康太 16
13 サトノダムゼル M.デムーロ 6
14 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 10
15 コントラチェック C.ルメール 5
16 パッシングスルー 戸崎圭太 8
17 エスポワール A.シュタルケ 3
18 シングフォーユー 藤岡佑介 15

 
 
18頭の出走予定となっていましたが
2.メイショウショウブは出走取消となりましたね
 
しかし面子はまだまだ豪華です
どのような競馬を見せてくれるのか
楽しみにしたいと思います
 
それではお次は人気を見ていくとしましょう
  
 

単勝オッズ1番人気はやはり1.ダノンファンタジーでした。桜花賞、オークスと勝利の女神は微笑みませんでしたが、ここまで8戦して5勝しています。重賞に関しても阪神ジュベナイルフィリーズを含めて既に4勝していて実績・能力は申し分ないので人気になってもおかしくない馬ですね。川田騎手とのコンビではまだG1勝利は果たしていませんが期待している人は多いのではないでしょうか。
 
 

単勝オッズ2番人気は17.エスポワールでした。重賞未経験でいきなりG1レース挑戦となる今回ですが能力の高さを評価されたということなんでしょうか。鞍上はM.デムーロ騎手からA.シュタルケ騎手へ乗り替わりとなっています。道悪でもしっかりと勝ちを拾っている馬だけに台風の影響で馬場が荒れているのでそこに期待してる人が多いのかもしれませんね。
 
 

単勝オッズ前日3番人気から急落したのは6.ローズテソーロでした。レース時には11番人気となっています。ここまで6戦して2勝していますが重賞は2度挑戦していますが未だに勝利なしです。実績自体はまだあまりありませんが着実に力をつけてきているイメージが強い馬だけに人気になったのも納得でした。鞍上は前走から乗り替わっているベテラン騎手の横山典弘騎手です。采配に期待したいところです。
 
 
4番人気以降は5クロノジェネシス・15.コントラチェック・13.サトノダムゼルという人気順でした。
  
 

桜花賞4着、オークス5着と春のG1では思うような成果をあげられなかった2歳女王のダノンファンタジー。しかしながら、休み明けのロースステークスではクビ差の僅差とはいえ怒涛の追い上げをみせて圧巻のレコードタイムでの勝利をあげました。そのポテンシャルは間違いなく今回の出走馬の中でも上位と言われていました。また、不安材料として挙げられていたのが、後方から一気に追い上げるタイプでは届かない可能性がある最後の直線が短い京都内回りコースということでした。
 
 

競馬ファンなら誰もが知っているクラシック3冠馬でG1を6勝しているオルフェーヴルを父にもつエスポワール。デビューから5戦して4着以降が一度もなく安定した成績を残しています。しかしながら重賞レース未経験でいきなりG1の大舞台です。前々走の1勝クラス、前走の2勝クラスと順調に連勝を決めてきて、今回の出走馬とは初対戦で何が起きてもおかしくないと言われていました。ここ2戦は道悪での勝利ということもあって今回の馬場では充分に可能性がありそうです。
 
 

祖母に桜花賞を制したオグリローマンをもつローズテローソ。早くに京都入厩となりましたが特に問題なしとのことでした。枠順発表では3枠6番となり絶妙な馬番での勝負となったのは好材料です。調子も良い状態を維持しているようでした。馬場状態が心配ということでしたが台風の影響で土曜日は不良馬場となってしまい、道悪をどう乗りこなすかが勝利の鍵になるのではないでしょうか。しかしながら、意外性という点ではオグリキャップの血統なので期待したいところです。
 
 
 
 
1番人気となったのはやはり1.ダノンファンタジー
ディープ産駒ですし強い馬です
しかも実績もそれなりには出してきていますしね
 
ただ・・
個人的には川田騎手はやらかすイメージが多いので
今まも記録が狙えた競走馬とかね笑
 
まぁそれを言い出したら全ての騎手である事なので
条件は同じなんですが過去に応援してた競走馬でたまたま
川田騎手だったからですかね
なんか安心感に欠けてしまう面があります
 
なので今回は他がメイン軸ですかね
ダノンも一応押えます
 
ではでは実際のレースがどうなったのか
見ていくとしましょう
  
 

各馬一斉にスタート!
外枠勢が全体的にやや遅れた感じか
 
しかし先行争いをするのは外枠が多い感じです
比較的まとまった形で最初の直線を抜けて
第一コーナーへと進入していきます
 
第一コーナーの順位は以下の通り
 
 
7-15-1-16-12-3-5-8-11-6-13-9-17-14-4-18-10
2019秋華賞第一コーナーイラスト
 
 
先頭は7.ビーチサンバが取り馬群を先導
それに続いて15.コントラチェックがほぼ横並びで抜けていきます
 
そのまま第二コーナーへと進みます
第二コーナーでの順位は以下の通り
  
 
7-15-1-16-3-12-5-8-11-9-6-13-17-14-4-18-10
2019秋華賞第二コーナーイラスト
 
 
後方では殿に武豊騎手騎乗の10.シェーングランツ
1番人気の1.ダノンファンタジーは3番手につけています
 
第二コーナーを抜けて向こう正面の直線に入ると
先頭集団はややペースをあげていきます
 
そして少しずつ馬群は縦長な展開へと変わります
迎える第三コーナーでの順位は以下の通り
 
 
7-15-3-1-5-16-11-8-12-9-17-6-13-14-18-10-4
2019秋華賞第三コーナーイラスト
 
 
長くなった馬群を一気に短く詰めるように
後続の競走馬は前につめていきます
  
そしてそのまま第四コーナーへ
第四コーナーでの順位は以下の通りです
 
 
7-15-1-3-5-16-8-9-11-17-14-13-6-12-10-4-18
2019秋華賞第四コーナーイラスト
 
 
最終コーナーを回って先頭は7.ビーチサンバ
後方はかなり横に広がって展開しています
 
残り200mを過ぎて一気にあがってきたのは
5.クロノジェネシスと8.カレンブーケドールです
2頭の争いかと思われましたが5.クロノジェネシス勢いがある
 
後ろの8.カレンブーケドールを寄せ付けません
そしてそのまま寄せ付ける事なくゴール!
GⅠ戦では今まで惜しくも手が届かずでしたが
今回はしっかりとものにしました
 
 
第24回 秋華賞GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 5 クロノジェネシス 北村友一 4
2 8 カレンブーケドール 津村明秀 2
3 14 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 10
4 9 シャドウディーヴァ 松山弘平 13
5 7 ビーチサンバ 福永祐一 6
6 6 ローズテソーロ 横山典弘 14
7 3 ブランノワール 浜中俊 11
8 1 ダノンファンタジー 川田将雅 1
9 17 エスポワール A.シュタルケ 3
10 16 パッシングスルー 戸崎圭太 9
11 10 シェーングランツ 武豊 12
12 4 トゥーフラッシー 幸英明 17
13 13 サトノダムゼル M.デムーロ 7
14 18 シングフォーユー 藤岡佑介 15
15 15 コントラチェック C.ルメール 5
16 11 フェアリーポルカ 三浦皇成 8
17 12 レッドアネモス 藤岡康太 16
2 メイショウショウブ(出走取消) 池添謙一

 

単勝 5 690円 4.7番人気
複勝 5 240円 3番人気
8 190円 2番人気
14 550円 10番人気
枠連 3-4 1,680円 8番人気
馬連 5-8 2,180円 6番人気
ワイド 5-8 710円 4番人気
5-14 2,120円 29番人気
8-14 4,950円 30番人気
馬単 5-8 2,180円 14番人気
3連複 5-8-14 15,170円 50番人気
3連単 5-8-14 70,970円 248番人気

 
 
5.クロノジェネシスきましたねー
まさか勝利するとは思ってもみませんでしたが笑
 
でも複勝圏内濃厚の強馬ではありましたしね
伏兵14.シゲルピンクダイヤにしてやられました
 
しかしGⅠ戦線も盛り上がってきましたね
このまま年末まで白熱していきましょう

  

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事