結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2019 第53回スプリンターズステークスGⅠ結果考察

2019 第53回スプリンターズステークスGⅠ
中山競馬場 1,200m 芝・右 外
2019年9月29日
 
スプリンターズステークス
 
いよいよ後半戦のGⅠシーズンがやってきましたね
そしてその第1弾となるスプリンターズステークス
1200mとい短距離で速さを競うレース
 
人間でいうなれば100mの全国大会みたいなものですね
男女混合の笑
短距離重賞はここから始まったと言えるレースですからね
 
まずは後半戦の開幕という感じですし
皆さんも気合が入っているのではないでしょうか
 
短いレースなのであっという間に
終わってしまいそうではありますが
楽しんでいきましょう
 
それではいいつも通り出走馬から見ていくとしましょう
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 アレスバローズ 菱田裕二 11
2 ダノンスマッシュ 川田将雅 1
3 セイウンコウセイ 幸英明 8
4 リナーテ 三浦皇成 5
5 レッツゴードンキ 岩田康誠 9
6 ノーワン 内田博幸 14
7 モズスーパーフレア 松若風馬 3
8 タワーオブロンドン C.ルメール 2
9 ディアンドル 藤岡佑介 4
10 ラブカンプー 酒井学 16
11 マルターズアポジー 丸山元気 15
12 ダイメイプリンセス 秋山真一郎 12
13 ミスターメロディ 福永祐一 6
14 ハッピーアワー 横山典弘 13
15 イベリス 浜中俊 10
16 ファンタジスト 武豊 7

 
 
16頭の顔ぶれはこの通りです
3歳から7歳までの16頭となっています
7歳馬は3頭もいますね
 
そして8頭が牝馬
なかなか絞りがたい面子ではありますが
人気の方を見ていくとしましょう
 
 

続いて単勝オッズ2番人気になったのがダノンスマッシュでした。今回は絶対王者という存在がいない混戦模様のなか、実力・実績ともに申し分ありません。中山コースは初となりますがそこら辺がどうなるかといったところでしょうが前走勝利もあって人気上位なのでしょうね。
 
 

圧倒的な人気で単勝オッズ1番になったのがタワーオブロンドンでしたね。前走のキーランドCではダノンスマッシュに負けて2着でしたが芝1400m以下ではこれまで6戦して2着3着が1回づつであとはすべて勝利を納めています。負けたのも稍重馬場の時で良馬場に限っては全勝しています。人気がでてもまったく不思議ではありませんね。
 
 

オーシャンステークスで念願の重賞初勝利を手にしたモズスーパーフレア。芝1200mでは部類の強さを誇る実力馬でしたが高松宮記念では2番人気の支持を受けたにもかかわらず15着と完敗しました。しかしながら、中山コースは4戦3勝と好成績を残しており、とにかくすんなりと前にでていき自分の競馬ができればチャンスがあると言われていました。高松宮記念では様々な不安要素があってそれが15着という結果として現れてしまいましたが今回は特に問題なさそうでした。
 
 
4番人気以降は9.ディアンドル・4.リナーテ・13.ミスターメロディという人気順でした。
 
 

今年の高松宮記念では4着と敗れ、続く函館スプリントステークスでは競走除外となってしまったダノンスマッシュ。しかしながら、前走のキーンランドCでは久し振りのレースにも関わらずタワーオブロンドンを破り、見事に勝利を掴みました。4歳になり着実に力をつけてきてここまで既に重賞も3勝しているだけに、いつGⅠ覇者になってもおかしくない一頭なのは間違いないでしょう。鞍上も前走から乗り替わっている川田将雅騎手で最終追い切りの手応えもバッチリとのことでした。
 
 

休み明けからの京王杯スプリングカップでいきなりレコードタイムを叩き出し勝利したのが今年の5月のこと。そこから3戦して全て3着以内と抜群の安定感を誇るタワーオブロンドン。前走のセントウルステークスではまたもレコードタイムでの圧巻の勝利でした。レコードタイムを叩き出しての勝利など夏場を3戦もして使い過ぎ感を心配する声がありましたが他の顔ぶれをみると実力上位は間違いなしで鞍上もC.ルメール騎手と文句なしです。これは期待してもいいのではないでしょうか。
 
 

オーシャンステークスで念願の重賞初勝利を手にしたモズスーパーフレア。芝1200mでは部類の強さを誇る実力馬でしたが高松宮記念では2番人気の支持を受けたにもかかわらず15着と完敗しました。しかしながら、中山コースは4戦3勝と好成績を残しており、とにかくすんなりと前にでていき自分の競馬ができればチャンスがあると言われていました。高松宮記念では様々な不安要素があってそれが15着という結果として現れてしまいましたが今回は特に問題なさそうでした。
 
 
人気は前日まではタワーオブロンドンが1位ではありましたが
レース前にはダノンスマッシュが1番人気となりましたね
モズスーパーフレアは変わらず3番人気
 
まぁ上位人気に関してはやっぱりというところですね
この辺りは予想通りというところではないでしょうか
 
あとは伏兵となる競走馬がどのような展開を見せてくるか
侮れないのは数頭いますからね
そこをどのように予想するかが今回の肝となりそうですね
 
それでは実際のレースがどうなったのか
見て行くとしましょう
 
 

各馬一斉にスタート!
ほぼほぼ綺麗なスタートとなりましたが
その中出遅れたのは14.ハッピーアワー
というよりこれはお約束なのか
 
好スタートから先頭を取ったのは7.モズスーパーフレア
その横には11.マルターズアポジーに16.ファンタジストが並びます
 
そして直線を進んでいくと早くも第三コーナーへと進入していきます
第三コーナーでの順位は以下の通り
 
 
7-11-16-3-15-13-2-9-10-12-8-4-6-1-5-14
2019スプリンターズステークス第三コーナーイラスト
 
 
第三コーナー進入時には既に縦長な展開となっています
殿は14.ハッピーアワーがやや遅れ気味
 
そして緩やかな第三コーナーを回り
第四コーナーへと進入していきます
第四コーナーでの順位は以下の通り
 
 
7-11-16-13-3-15-12-2-8-9-10-4-6-1-5-14
2019スプリンターズステークス第四コーナーイラスト
 
 
第四コーナーでは一気に先頭集団と中団付近が仕掛けて前にでます
そしていよいよ直線にはいっていきます
先頭は依然と7.モズスーパーフレア
 
真後ろには13.ミスターメロディ
他の11.マルターズアポジーと16.ファンタジストは後退
 
1番人気となる2.ダノンスマッシュは馬群中団
そんな中早めに仕掛けてきたのは8.タワーオブロンドン
200mを過ぎるとみるみる加速して猛追します
 
その動きに2.ダノンスマッシュも追いかける形で仕掛けます
ゴール手前数十メートルのところで7.モズスーパーフレアをとらえると
そのままかわしきってゴール!
 
2.ダノンスマッシュはいい末脚ではありましたが
若干ポジションと仕掛けるタイミングが遅かったか
3着での決着となりました
 
期待とは裏腹にGⅠをものにする事が出来ずにいましたが
8.タワーオブロンドンついに念願のGⅠ制覇です
 
 
第53回 スプリンターズステークスGⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 8 タワーオブロンドン C.ルメール 2
2 7 モズスーパーフレア 松若風馬 3
3 2 ダノンスマッシュ 川田将雅 1
4 13 ミスターメロディ 福永祐一 6
5 5 レッツゴードンキ 岩田康誠 9
6 12 ダイメイプリンセス 秋山真一郎 12
7 14 ハッピーアワー 横山典弘 13
8 6 ノーワン 内田博幸 14
9 4 リナーテ 三浦皇成 5
10 1 アレスバローズ 菱田裕二 11
11 15 イベリス 浜中俊 10
12 3 セイウンコウセイ 幸英明 8
13 9 ディアンドル 藤岡佑介 4
14 11 マルターズアポジー 丸山元気 15
15 10 ラブカンプー 酒井学 16
16 16 ファンタジスト 武豊 7

 

単勝 8 290円 2番人気
複勝 8 130円 2番人気
7 180円 3番人気
2 120円 1番人気
枠連 4-4 1,250円 5番人気
馬連 7-8 1,260円 4番人気
ワイド 7-8 430円 4番人気
2-8 220円 1番人気
2-7 380円 2番人気
馬単 8-7 2,040円 5番人気
3連複 2-7-8 1,070円 1番人気
3連単 8-7-2 6,080円 8番人気

 
 
終わってみればほぼほぼ人気通りと
レース内容としては盛り上がりに欠けますが
タワーオブロンドンにはここからまた期待したいですね
 
それにしても武豊騎手騎乗の16.ファンタジストが最下位
らしくない結果ですが何かトラブルでもあったんでしょうかね
 
今回は若さとキャリアを持ち合わせてる4歳馬が
上位を独占という結果で終わりましたが
皆さん結果はどうでしたか?
 
3連単が8番人気ですしほとんどの方が買っていたかも知れませんが
GⅠ戦線第1戦としてはこんな感じのスタートで良かったかもですね笑
 
さてまたこれからGⅠが続きますが
勝ちにいくのはもちろん盛り上がっていきましょう
( ´∀`)bグッ!
 

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事