結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2019 第79回皐月賞GⅠ結果考察

2019 第79回皐月賞GⅠ
中山競馬場 2000m 芝・右
2019年4月14日
  
皐月賞
 
はい、今年も早くもこの季節
クラシック第1戦ですね
 
ここから今年どの競争馬が躍進していくのか
競馬ファンとしては楽しみで仕方がない事でしょう
 
毎年楽しみで仕方がないんですよね
牡馬でも牝馬でも強い競争馬の誕生
大記録を作れそうな競争馬の誕生
 
あとは欲を言えば次世代の天才騎手の誕生もですかね笑
武豊騎手が天才を呼ばれ大記録を伸ばしていく中
それと共に年齢も重ねていっているわけですからね
 
最近は外国人騎手の強さに圧倒されてしまっていますし
そろそろ巻き返しの出来る騎手の誕生も待ちわびています
 
ここは皆さんも同じような気持ちなのではないでしょうかね
 
それでは今回の出走馬を見ていくとしましょう
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 アドマイヤマーズ M.デムーロ 3
2 サトノルークス 池添謙一 8
3 ファンタジスト 武豊 5
4 ダノンキングリー 戸崎圭太 2
5 ランスオブプラーナ 松山弘平 12
6 クラージュゲリエ 横山典弘 14
7 ヴェロックス 川田将雅 4
8 ニシノデイジー 勝浦正樹 7
9 メイショウテンゲン 三浦皇成 9
10 シュヴァルツリーゼ 石橋脩 6
11 ラストドラフト A.シュタルケ 10
12 サートゥルナーリア C.ルメール 1
13 ブレイキングドーン 福永祐一 13
14 ダディーズマインド 宮崎北斗 17
15 クリノガウディー 藤岡佑介 16
16 タガノディアマンテ 田辺裕信 15
17 アドマイヤジャスタ 岩田康誠 11
18 ナイママ 柴田大知 18

 
 
18頭のフルゲートです
今年は今後が楽しみな競争馬が数頭いますね
去年の皐月賞よりは楽しいものになるのではないでしょうか
 
今後が1番期待されるのは12.サートゥルナーリアですかね
未だ全勝もしくは好成績の競争馬は他にもいますし
やはり今回は楽しいレースとなりそうです
それでは人気馬の方も見ていきましょう
 
 

一番人気となったのは12.サートゥルナーリアです。現在3戦3勝で前走は昨年末のホープフルステークスを制しています。前走は直線でほとんど鞭を打つことなく余裕のある走りを見せていますし、鞍上は乗り替わりでC.ルメール騎手になったという事も人気上昇の後押しをしたのではないでしょうか。約4ヶ月ぶりのレースと乗り替わりの影響もあるでしょうがに1番人気は納得というところでしょう。
 
 

2番人気となったのは4.ダノンキングリーです。こちらも現在は3戦3勝で前走は共同通信杯を制しての皐月賞となります。共同通信杯勢が強いとも言われる皐月賞ですからね、人気もそこからの影響が強いのではないでしょうか。末脚も悪くないものをもっていますし人気だけではないところを見せてくれる可能性は大いにあるのではないですかね。
 
 

3番人気となったのは1.アドマイヤマーズ。今回の皐月賞が6戦目となるので出走馬の中でもキャリアがあると言えますね。前走は共同通信杯で2着となっていますがそれ以前までは4戦全勝で昨年末の朝日杯フューチュリティステークスを制していますので人気としてはもっと伸びそうな気もしましたが3番人気でしたね。鞍上はM.デムーロ騎手ですので馬券には絡んでくるのではないでしょうか。
 
 
4番人気以降は7.ヴェロックス・3.ファンタジスト・10.シュヴァルツリーゼと続きました。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
  
 

デビューしてから負け知らずの3戦3勝で、その勝ち方からも未だに能力の底をみせていないサートゥルナーリア。今回の皐月賞はこの馬の1強と言われていて、このまま無敗で勝利するとディープインパクト以来14年振りの快挙となるようで注目度もより一層高くなっています。しかしながら、気性の激しい一面があったり、同じくホープフルステークスから皐月賞へと駒を進めた現在日本屈指の強豪レイデオロも皐月賞では5着と敗れたりしているので、そこを不安視する声もありました。鞍上は昨年に年間最多勝記録を塗りかえたリーディングジョッキーのC.ルメール騎手。人馬共に能力的には圧倒的に上位であるのは間違いないので、平成最後の皐月賞に勝利して令和最初のダービーも、なんて応援したくなる一頭ではないでしょうか。
 
 

こちらも無敗の3戦3勝で皐月賞に万全の状態で挑むダノンキングリー。前走の共同通信杯では朝日杯フューチュリティステークス馬のアドマイヤマーズを1馬身以上の差をつけて完封するなど瞬発力は本物ではありますが、アドマイヤマーズとは斤量が1kg軽い56kgでの勝利なので、まだ本当の意味では決着がついていないのではないでしょうか。中山競馬場というコースの適正は前々走のひいらぎ賞でぶっちぎりの勝利をおさめているので特に問題はなさそうですが、距離延長となる2000mが未経験で血統的にみても不安材料となります。しかし、ダノンキングリーも勝てば無敗の皐月賞馬となるので注目度は高いようです。
 
 

昨年の朝日杯フューチュリティステークスを見事に勝利し、JRA最優秀2歳牡馬の栄光を手にしたアドマイヤマーズ。前走の共同通信杯では2着と敗れはしたもののそこまでは無傷の4連勝でした。今回は未経験の距離2000mとなるので不確定な要素となります。その上、父ダイワメジャーは皐月賞や天皇賞(秋)など距離2000mも勝っていますが、その産駒に関しては2000m以上の重賞勝利馬がいません。1枠1番の最内となった今回の枠順でデビュー以来変わらずにコンビを組み続けている鞍上のM.デムーロ騎手とどういったレース展開をみせてくれるのか期待したいところです。
 
 

現在5戦3勝で過去のレースでは人気馬となっている7.ヴェロックス。3走前となる東京スポーツ杯2歳ステークスでは2番人気ながら4着という結果に終わってしまいましたが全てのレースで上がりタイムはいい数字を叩き出しています。末脚を活かす事が出来れば可能性は結構高いのではないかという見方も出来るのではないでしょうか。
 
 
圧倒的な人気は12.サートゥルナーリア
やはりという感じでしょうかね
個人的には4.ダノンキングリーと7.ヴェロックス、そして1.アドマイヤマーズ
この3頭ですかね
 
12.サートゥルナーリアは意外と4着とかで終わりそうな気も笑
とは言え1番人気ですからね
一応おさえておくとしましょう
 
皐月賞自体はそこまで荒れるレースではないので
今年はどうなるかというところですね
 
それでは実際のレースを見ていくとしましょう。
 
 

各馬一斉にスタート!
得に出遅れはなく綺麗なスタートとなりました第79回皐月賞
 
序盤で早くも大きく作戦が違うのが見れてとれます
先頭を取ったのは5.ランスオブプラーナ
続くのは14.ダディーズマインド
 
殿は9.メイショウテンゲン
馬群は隙間ない感じで第一コーナーに進入していきます
 
 
5-14-15-4-7-1-6-12-11-3-2-8-10-13-18-17-16-9
2019皐月賞第一コーナーイラスト
 
 
1番人気の12.サートゥルナーリアは馬群中央辺り
2番人気の1.アドマイヤマーズはそのやや前に
 
ややゆったり目に第二コーナーを抜けていきます
第二コーナーでの順位は以下の通り
 
 
5-14-4-15-1-7-3-6-12-11-8-10-2-13-18-17-16-9
2019皐月賞第二コーナーイラスト
 
 
やや前方にかたまる形で後方はやや距離が空いています
直線では順位にそこまで変化なくたんたんとレースが展開していきます
 
第三コーナー手前の坂道になると全体的に距離がつまります
そしてそのまま第三コーナーへ向かいます
第三コーナーでの順位は以下の通りです
 
 
5-14-15-4-1-7-3-6-12-10-11-8-13-2-17-16-18-9
2019皐月賞第三コーナーイラスト
 
 
第四コーナーで1.アドマイヤマーズと12.サートゥルナーリア
つまりM.デムーロ騎手とC.ルメール騎手が同じルートを通ります
 
第四コーナーでの順位は以下の通り
 
 
5-14-15-7-4-1-12-3-6-10-11-8-16-13-17-2-18-9
2019皐月賞第四コーナーイラスト
 
 
第四コーナーを抜けるとC.ルメール騎手が前方集団の大外から
とてもいいポジションで直線に入ります
 
直線に入ると得意の末脚で一気に加速します
勢いのある脚に一気に抜きさっていくのかと思いましたが
横に並んだ4.ダノンキングリーと7.ヴェロックスも
簡単には譲りません!
 
そして3頭はそのまま並んだまま、なだれ込むようにフィニッシュ!
最後は12.サートゥルナーリアがわずにアタマ差で勝利
 
以降は7.ヴェロックス、4ダノンキングリーと続きました
これにより12.サートゥルナーリアは4戦全勝
GⅠ2連勝という快挙を達成しました
 
 
第79回 皐月賞GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 12 サートゥルナーリア C.ルメール 1
2 7 ヴェロックス 川田将雅 4
3 4 ダノンキングリー 戸崎圭太 3
4 1 アドマイヤマーズ M.デムーロ 2
5 6 クラージュゲリエ 横山典弘 14
6 16 タガノディアマンテ 田辺裕信 15
7 11 ラストドラフト A.シュタルケ 10
8 17 アドマイヤジャスタ 岩田康誠 11
9 14 ダディーズマインド 宮崎北斗 17
10 18 ナイママ 柴田大知 18
11 13 ブレイキングドーン 福永祐一 13
12 10 シュヴァルツリーゼ 石橋脩 7
13 3 ファンタジスト 武豊 5
14 2 サトノルークス 池添一 8
15 9 メイショウテンゲン 三浦皇成 9
16 15 クリノガウディー 藤岡佑介 16
17 8 ニシノデイジー 勝浦正樹 6
18 5 ランスオブプラーナ 松山弘平 12

 

単勝 12 170円 1番人気
複勝 12 110円 1番人気
7 200円 4番人気
4 160円 2番人気
枠連 4-6 670円 3番人気
馬連 7-12 950円 3番人気
ワイド 7-12 360円 3番人気
4-12 270円 2番人気
4-7 660円 5番人気
馬単 12-7 1,140円 3番人気
3連複 4-7-12 1,480円 2番人気
3連単 12-7-4 4,390円 5番人気

 
 
獲ったは獲ったものの1番人気12.サートゥルナーリアがそのまま来ちゃいましたか~
1.アドマイヤマーズが行ってくれていれば笑
 
まぁ最後は完全についていけてなかったですけどね
しかしサートゥルナーリア
この競争馬は今後楽しみなりましたね
 
4ヶ月ぶりではありましたがあの時の走りがまぐれではなかったと見せつけましたし
全勝でGⅠ2勝ですからね
大記録が狙える逸材ではないでしょうか
 
それでは皆さん今後のサートゥルナーリアを期待して
また来週も頑張りましょう!
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事