結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2019 第63回大阪杯GⅠ結果考察

2019 第63回大阪杯GⅠ
阪神競馬場 2000m 芝・右
2019年3月31日
 
大阪杯
 
かなり気温も高くなり始め日が伸びましたね
都内では桜も満開宣言があったりとしますが
東北では今頃積雪があったりもしたりと日本列島でも
まだまだ分かれる季節となっているようですね
 
季節の変わり目は体調も崩しやすいと言いますし
読者の皆さんも気をつけて下さいねー
 
さて本日は大阪杯です!
昨年はスワーヴリチャードの勝利で幕を閉じた大阪杯ですが
今年はどの競争馬が勝利するのか

ドバイへ多くの競争馬が向かっている中
大阪杯へ昇順を絞った各馬がアツいレースをしてくれる事でしょう

それでは早速出走馬から見ていくとしましょう
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 マカヒキ 岩田康誠 10
2 ワグネリアン 福永祐一 3
3 アルアイン 北村友一 9
4 エポカドーロ 戸崎圭太 7
5 ムイトオブリガード 横山典弘 14
6 キセキ 川田将雅 2
7 ブラストワンピース 池添謙一 1
8 サングレーザー F.ミナリク 6
9 エアウィンザー 浜中俊 5
10 ステイフーリッシュ 藤岡康太 12
11 ペルシアンナイト M.デムーロ 4
12 ステルヴィオ 丸山元気 8
13 スティッフェリオ 田辺裕信 13
14 ダンビュライト 松若風馬 11

 
 
去年と比べ2頭減りましたが14頭の出走となりました
少ないとは言えGⅠ馬が8頭いますからね
顔ぶれとしては申し分ないでしょう
 
予想もなかなか難しいものとなりそうですね
それでは人気馬の方も見ていきましょう
 
 

現在7戦5勝で前走は記憶にも新しい昨年末の有馬記念。クビ差をレイデオロをかわし見事勝利しました。やはり有馬を制し、その内容がレイデオロを打ち破っての勝利という事もあり1番人気は納得というところでしょう。レイデオロはドバイですしね。有馬記念から3ヶ月経ちますが人気に応える事は出来るのか期待しましょう。
 
 

2番人気となったのは6.キセキです。正直個人的には2番人気まで人気が上がるとは思っていませんでした。近走では勝利がないキセキですが昨年のジャパンカップでは牝馬最強ともいえるあのアーモンドアイに負けはしましたが2着という結果は残しています。難しい感じはしますがポテンシャルはある競争馬ではあるので人気も上がったのかも知れませんね。
 
 

こちらも現在7戦5勝と1番人気の7.ブラストワンピースと同成績。去年の東京優駿の覇者でもあります。そこから前走の神戸新聞杯と2連勝中ではありますが半年の期間空きありますのでこれがどちらに転ぶのか注目と言えるでしょう。
 
 
4番人気以降は11.ペルシアンナイト・9.エアウィンザー・8.サングレーザーと続きました。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみましょう。
 
 

前走の有馬記念では見事な走りを魅せて現役最強クラスのレイデオロを打ち破り、GⅠ連勝を狙うブラストワンピース。休養明け3ヵ月ぶりのぶっつけ本番となりますが、レース1ヵ月前にトレセンへと戻り、じっくり時間をかけて調整したとのことで、パートナーの池添騎手も手応えを感じているようでした。距離2000mに関しても3走前の新潟記念では古馬相手に1馬身以上の差をつけて圧勝、特に問題もなさそうです。しかしながら同世代相手のクラシックレースでは3着以内にも入れず負けています。今回はその同世代で上位入着を許した東京優駿馬ワグネリアンや皐月賞馬エポカドーロも出走するのでブラストワンピースの万全の仕上がりに期待したいところです。
 
 

昨年の有馬記念では2番人気ながら5着止まりで終ってしまったキセキ。しかしながら、前々走のジャパンカップではレコードタイムを叩き出すレース展開の逃げをみせ2着。そして、逃げもあると言われているエポカドーロより外の枠順となり、出方を窺いながら行けるとのことでこちらも好材料。前走の有馬記念から休養明けでの勝負となりますが体調も良いようで仕上がりも申し分ないそうです。鞍上も前4走からコンビを組んで大きく負けていない川田将雅騎手。2017年の菊花賞を勝ってからなかなか勝ちを拾えていませんがジャパンカップで見せたような走りをもう一度できればチャンスは十分にあるのではないでしょうか。
 
 

昨年の皐月賞は7着と敗れたものの、次走の東京優駿ではその存在感をアピールし優勝をもぎ取ったワグネリアン。その後の活躍も期待されていましたが天皇賞(秋)を回避して休養に入っていました。今回のレースが半年ぶりとなってしまい、それが不安材料のひとつではありますが、前走の神戸新聞杯も4ヵ月ぶりのレースできっちりと勝利しています。休み明けでもそれほど心配する必要はなさそうです。鞍上に関してもデビュー戦から騎乗している福永祐一騎手に戻ります。福永騎手は先週の高松宮記念をミスターメロディに騎乗して勝利しているだけに間違いなく今週もワグネリアンとのコンビで強気にGⅠ連勝を狙ってくるのではないでしょうか。
 
 

実力は買われているものの勝利数ではいまいち伸び悩んでいる3.アルアイン。一昨年の皐月賞勝利で脚光を浴びその後は人気もそれなりに上がり人気に応える結果は出してきていたものの勝利には繋がっていませんでした。昨年の 大阪杯では3着という順位でしたが今年はどのような結果となるのか。鞍上は3走ぶりとなる北村騎手です。
 
 
1番人気はブラストワンピースとなりましたが
このあたりは大体想定通りというところでしょうかね
やっぱり月日は経ちますが前走の印象が強いのでしょう
 
今回は今年の顔とも言える競争馬達はドバイの方へ行っていますので
みんなが見たかった競争馬もそこに含まれていたのかも知れませんが
一頭一頭顔ぶれを見ていけばそれは結構な顔ぶれとなっています。
 
なんと言ってもGⅠ馬が8頭もいるわけですからね。
正直いって人気馬もかなり分かれるのではないかと思いましたが
意外と大きく差のつく結果となりましたね
 
逆にいえば少し狙い目の強い馬がいるという事でもあるので
多少荒れた展開となってくれる可能性も高いと思いますから
若干狙った買い目にしても良いんじゃないでしょうかね
 
個人的な狙い目は3.アルアインです。
逆に6.キセキなんかは何で人気が出たのかわからないというのが正直なところですね
 
ポテンシャルはあるのは認めますが
今回のこのメンツで2番人気かーという感じですね
 
アルアインは可能性があってオッズがそれなりに美味しいところだからですね
勝利出来るとまでは強く思ってはいませんが
馬券に絡む可能性とオッズを考えたら狙い目かなと思っています
 
ではでは実際のレースをみていくとしましょう
 
 

各馬一斉にスタート!
特に出遅れもなく横一線の綺麗なスタートなりました第63回大阪杯

スタートから一気に先頭に躍り出たのは4.エポカドーロ
それに続くのは6.キセキに13.スティッフェリオ
殿は内枠だった1.マカヒキとなりました

200mの直線を抜けて最初のコーナーへと突入していきます
第一コーナーでの順位は以下の通りです
 
 
4-6-13-3-12-14-2-9-5-11-7-10-8-1
2019大阪杯第一コーナーイラスト
 
 
先頭から殿まではそこまで離れず隙間ない列となって展開していきます
3番人気の11.ペルシアンナイトは馬群中団からやや後方
そしてそのまま第二コーナーへ
 
第ニコーナーでの順番は以下の通り
 
 
4-6-3-13-12-14-2-9-11-5-10-7-8-1
2019大阪杯第二コーナーイラスト
 
 
第二コーナーを抜け向こう正面の直線に入ると
ゆったりとしたペースの中7.ブラストワンピースがじりじり前に出始めます
 
テンのハロンのタイムは36.4
去年のレースとの比較-0.1
去年とはほぼ同じペースで進んでいます。
 
直線も半分を過ぎたあたりから徐々にペースがあがっていきます
先頭は変わらず戸崎騎手騎乗の4.エポカドーロ
緩やかな第三コーナーを前に11.ペルシアンナイトも外からポジションをとります
さらに後方では1.マカヒキもここで動き始めます
 
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
4-6-13-3-14-12-11-2-9-7-1-5-8-10
2019大阪杯第三コーナーイラスト
 
 
馬群もかなり詰まってきた感じになり
最終第四コーナーを迎えます
 
第四コーナーでの順番は以下の通り
 
 
4-6-13-3-12-14-11-2-9-7-1-8-10-5
2019大阪杯第四コーナーイラスト
 
 
最終コーナーを抜け横に広がった馬群はそのまま直線へ
12.ステルヴィオと13.スティッフェリオが接触しそうな中
その前をいく6.キセキがやや外に進路を傾けながら中央から上がります
 
その後ろには末脚に定評のある1.マカヒキがスペースをさがしています
先頭は直線に入ってスッと内から顔を出した3.アルアイン
さらに3.アルアインよりも内からは2.ワグネリアンが続きます
 
ゴール手前ではどの競争馬が勝ってもおかしくない混戦ではありましたが
わざかに3.アルアインが顔一つ飛び出てのゴール!
後続はわずかに届かずという結果となりました
 
これにより3.アルアインは一昨年の皐月賞ぶりとなるGⅠ勝利で2つ目
11戦ぶりの勝利となりました
 
上がり3ハロンのタイムは35.5
去年のレースとの比較+1.4
後半はかなりスローなペースとなりました
 
 
第63回 大阪杯GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 3 アルアイン 北村友一 9
2 6 キセキ 川田将雅 2
3 2 ワグネリアン 福永祐一 4
4 1 マカヒキ 岩田康誠 10
5 9 エアウィンザー 浜中俊 5
6 7 ブラストワンピース 池添謙一 1
7 13 スティッフェリオ 田辺裕信 13
8 5 ムイトオブリガード 横山典弘 14
9 14 ダンビュライト 松若風馬 11
10 4 エポカドーロ 戸崎圭太 8
11 11 ペルシアンナイト M.デムーロ 3
12 8 サングレーザー F.ミナリク 7
13 10 ステイフーリッシュ 藤岡 康太 12
14 12 ステルヴィオ 丸山 元気 6

 

単勝 3 2,220円 9番人気
複勝 3 450円 9番人気
6 180円 2番人気
2 320円 5番人気
枠連 3-4 1,750円 8番人気
馬連 3-6 3,680円 16番人気
ワイド 3-6 1,090円 15番人気
2-3 2,880円 36番人気
2-6 880円 7番人気
馬単 3-6 10,940円 48番人気
3連複 2-3-6 10,740円 43番人気
3連単 3-6-2 93,560円 336番人気

 
 
まさかのアルアインが勝利するとは・・・
しかも2着にはないと思ってたキセキ・・・
 
ハマってようで裏目にも出てて
結果馬券は外すというね・・・
 
こういう事が起きちゃうから怖いですよね
 
まぁ深く考えても仕方ないので
次のレースに照準を合わせるとしましょう

 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事