結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2019 第36回マイルチャンピオンシップGⅠ結果考察

2019 第36回マイルチャンピオンシップGⅠ

京都競馬場 1600m 芝・右 外
2019年11月17日
 
マイルチャンピオンシップ
 
今年最後のマイル王を決める戦い
そうです、マイルチャンピオンシップがやってきました
この勝負に勝った者が今年のマイル王
 
スピードだけではなくそれを保つ持久力
そして最後に駆け抜ける末脚を備えた者
 
一体どの競争馬が頂点に立つんでしょうかね~
それでは名乗りを上げてる出走馬を見ていくとしましょう
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 ダノンキングリー 横山典弘 2
2 グァンチャーレ 松岡正海 11
3 マイスタイル 田中勝春 9
4 レッドオルガ 岩田望来 15
5 インディチャンプ 池添謙一 3
6 フィアーノロマーノ 藤岡康太 14
7 ペルシアンナイト O.マーフィー 6
8 プリモシーン W.ビュイック 10
9 クリノガウディー 藤岡佑介 12
10 アルアイン R.ムーア 5
11 カテドラル 武豊 13
12 モズアスコット 和田竜二 8
13 タイムトリップ 幸英明 17
14 ダノンプレミアム 川田将雅 1
15 ダイアトニック C.スミヨン 4
16 エメラルファイト 石川裕紀人 16
17 レイエンダ C.ルメール 7

 
 
17頭での出走となります第36回マイルチャンピオンシップ
なかなかの顔ぶれと言えるんじゃないでしょうか
 
今回は牡馬が15頭に牝馬が2頭
3歳から7歳までの出走となっていますね
それではそれらの人気を続いて見ていきましょう
 
 

堂々の単勝オッズ1番人気の支持を受けたのは14.ダノンプレミアムとなりました。前々走の安田記念はスタートでの不利があって16着と惨敗してしまいましたがそれ以外のレース成績は秀逸ですからね。デビューから圧巻の4連勝は未だに記憶に新しいのではないでしょうか。ここで人気を集めるのも当たり前かもですね。
 
 

続く単勝オッズ2番人気は1.ダノンキングリーでした。同じ馬主であるダノンで1番、2番人気と見事に独占しましたね。通算成績も今までに6戦して1着が4回、2着3着が1回づつと4着以降での決着がなしという安定した成績を叩き出していますからG1こそまだ勝っていません人気が出てもまったくおかしくはありません。
 
 

単勝3番人気は5.インディチャンプでした。やはり今年の安田記念を制覇しただけあって人気になりましたね。過去の実績をみても大崩れのない成績をだしており休み明け前走の毎日王冠1800mでは3着に敗れましたが今回はマイル戦です。大きく期待を集めるのもわかるような気がしますね。
 
 
4番人気以降は15.ダイアトニック・10.アルアイン・7.ペルシアンナイトという人気順でした。
 
 

スタートで不利のあった安田記念の除くとマイル戦では3戦3勝と無敗を誇るダノンプレミアム。今まではローテションを意識しながら丁寧にレース間隔を調整してきていましたが今回は中2週でのレースとなるのでそこがどうなるか気になるところでした。今回のメンバーを見ても能力の高さは頭ひとつ抜けでていて勝ち負けは間違いないのではないかと言われていました。ただ、鞍上の川田騎手がG1で1番人気になるとなぜか不運に見舞われてなかなか結果を出せないのが少し不安ではありますがデビューからずっとコンビを組んでいるだけにあまり心配はないかもしれません。
 
 

今年の皐月賞、ダービーと活躍してきた中、菊花賞を見送ってマイルチャンピオンシップで勝負してきたダノンキングリー。皐月賞もダービーも1着とはタイム差なしでの決着だっただけにこの馬のポテンシャルの高さを裏付けるものがありました。それを物語るように前走の毎日王冠では今年の安田記念を制覇したインディチャンプ(今回も出走)に1馬身以上の差をつけて勝利しています。しかしながら、良い事ばかりではなく不安材料もあります。それは今回が初めての輸送になることと鞍上がデビューからずっとコンビだった戸崎騎手から横山(典)騎手に乗り替わることです。
 
 

安田記念で現役最強馬であるといっても過言ではないアーモンドアイを制して春のマイルチャンピオンの栄光を掴みとったインディチャンプ。3走前のマイラーズカップではダノンプレミアムに敗れてはいるものの馬体は太め感が残っていました。前走の毎日王冠ではダノンキングリーに同じく敗れていますがこちらは休み明けでした。元々この馬は使われてよくなるタイプということで今回は安田記念同様に期待できると言われていました。ただし、鞍上が福永騎手から池添騎手へ乗り替わりとなっています。そこが不安材料のようでした。
 
 

ちょうど丸一年と言っていいでしょうかね、昨年のマイルチャンピオンシップ以来は成績はまったくと言っていい感じで3着以内に食い込む事は出来ていません。そして今年はマイルチャンピオンシップ3度目のチャレンジとなります。去年も地味にマイルチャンピオンシップ前のレースは成績良くないんですよね。加えるなら一昨年も笑 そして年を重ねる毎に順位も1着・2着となっています。まさか3着なんて事もないとは思いますが個人的には切ります。
 
 
人気を獲得したのは14.ダノンプレミアム
まぁこのあたりは実力的にも妥当と言えるところでしょう
 
そして2番人気となったのは1.ダノンキングリーですが
ここは少し驚きでしたかね
2番人気と3番人気のインディチャンプは逆になると思っていました
 
戦績による安定感としては数をこなしている方が上だと思いますし
6月には安田記念も制しているわけですからね
 
まぁ自分の予想もあてにならないのだけど笑
 
という事で早速実際のレースを追っていくとしましょう
 
 

各馬一斉にスタート!
比較的綺麗なスタートとなりましたが
やや13.タイムトリップが出遅れたでしょうか
 
スタート後の直線で先頭に立ったのは3.マイスタイル
殿には13.タイムトリップという形になりました
 
直線では早くもポジションを取りに動きます
そして第三コーナーに進入していきます
 
第三コーナーでの順位は以下の通り
 
 
3-6-2-5-14-1-9-8-12-4-7-10-15-16-17-11-13
2019マイルチャンピオンシップ第三コーナーイラスト
 
 
後続はどんどん外から前に出ていきます
馬群はかなり詰まった状態で早くも第四コーナーです
 
第四コーナーでの順位は以下の通り
 
 
3-6-2-14-5-9-1-8-12-4-10-7-15-16-11-13-17
2019マイルチャンピオンシップ第四コーナーイラスト
 
 
直線に入ると先頭にいた3.マイスタイルが粘り強く前に出ます
まだ伸びるだけの力があったのでこのままと思いましたが
早くも外から1番人気の14.ダノンプレミアムがかわします
 
さらに残り200mを過ぎると同時に中央から赤の帽子があがってきます
上がってきたのは5.インディチャンプです
 
前に出たと思った瞬間からは一気に物凄い脚で後続を引き離します
後続はついていけず7.ペルシアンナイトもあがりますが
こちらも前に出るのが精いっぱいという感じで追いつかず
 
結果、見事5.インディチャンプがマイル王に輝きました
これにより6月の安田記念以来のGⅠ2勝目
そして1勝1敗だったダノンプレミアムとの闘いに
1つ勝ち越す結果となりました
 
 
第36回 マイルチャンピオンシップGⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 5 インディチャンプ 池添謙一 3
2 14 ダノンプレミアム 川田将雅 1
3 7 ペルシアンナイト O.マーフィー 6
4 3 マイスタイル 田中勝春 10
5 1 ダノンキングリー 横山典弘 2
6 11 カテドラル 武豊 13
7 9 クリノガウディー 藤岡佑介 12
8 2 グァンチャーレ 松岡正海 11
9 4 レッドオルガ 岩田望来 15
10 15 ダイアトニック C.スミヨン 4
11 8 プリモシーン W.ビュイック 9
12 13 タイムトリップ 幸英明 17
13 6 フィアーノロマーノ 藤岡康太 14
14 12 モズアスコット 和田竜二 7
15 17 レイエンダ C.ルメール 8
16 10 アルアイン R.ムーア 5
17 16 エメラルファイト 石川裕紀人 16

 

単勝 5 640円 3番人気
複勝 5 190円 3番人気
14 130円 1番人気
7 290円 5番人気
枠連 3-7 860円 2番人気
馬連 5-14 840円 2番人気
ワイド 5-14 370円 2番人気
5-7 1,090円 12番人気
7-14 570円 5番人気
馬単 5-14 2,040円 5番人気
3連複 5-7-14 3,200円 7番人気
3連単 5-14-7 16,580円 39番人気

 
 
インディチャンプが勝利でしたね~
1着2着はまだ納得ともいえる結果でしたが
3着に入った7.ペルシアンナイト
 
ここだけは意外中の意外でした
先週もそうでしたけど近走戦績の悪かったところが
食い込んできて個人的は波乱という結果となりました
 
やはり競馬は走ってみないとわからないものですね
だからこそ面白いというものでもありますが・・・
 
次は今月最後となるジャパンカップですね
こちらも楽しみにするとしましょう

 
 

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事