結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2019 第71回阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ結果考察

2019 第71回阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ

阪神競馬場 1,600m 芝・右 外
2019年12月8日
 
阪神ジュベナイルフィリーズ
  
年末の2歳牝馬によるGⅠがやってきました
のちの女王、つまりはまだお姫様というところですかね笑
女王候補が誕生するのか楽しみです
 
やっぱりここは次期女王の座に相応しく
全勝の牝馬に頑張ってもらいたいですね
まぁこれは完全に個人的願望ですが笑
 
さぁその女王候補となったお姫様達
一体どんな顔ぶれなのか見ていくとしましょう
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 ヤマカツマーメイド 武豊 7
2 カワキタアジン 鮫島克駿 13
3 ウーマンズハート W.ビュイック 3
4 レシステンシア 北村友一 4
5 ボンボヤージ 岩田望来 10
6 クリスティ 福永祐一 5
7 ロータスランド 藤岡康太 8
8 オータムレッド 松山弘平 11
9 マルターズディオサ 田辺裕信 6
10 クラヴァシュドール 藤岡佑介 2
11 ルーチェデラヴィタ 池添謙一 9
12 ヒメサマ 川須栄彦 15
13 ジェラペッシュ 幸英明 12
14 スウィートメリナ 和田竜二 16
15 リアアメリア 川田将雅 1
16 エレナアヴァンティ 岩田康誠 14

 
 
本日の阪神JFは16頭の出走となります
戦績は一番多いのが過去5戦となっており2頭
4戦が3頭、3戦が5頭、残りが2戦となっています
 
その中でも重賞勝利馬は2頭となっていますが
人気の方がどのようになったのか早速見ていきましょう
 
 

単勝オッズ1番人気はやはり15.リアアメリアとなりました。6頭立ての小頭数だったとはいえ、前々走新馬戦では8馬身の差をつけて勝利し鮮烈なデビューを決めて、前走のアルテミスステークスでも予定調和と言わんばかりの楽勝ムードで勝利しました。まだ2戦しかしていませんが誰もがこの馬の実力を実感したことでしょう。
 
 

続く単勝オッズ2番人気となったのが10.クラヴァシュドールでした。今年9月の新馬戦での直線後半ゴール前で一気に加速して勝利した勝ちっぷりがまだ記憶に新しいですが、それよりも前走サウジアラビアロイヤルカップで敗れはしたもののレコード勝ちした素質馬サリオスに続く2番手でゴールしたので支持されてもおかしくないですね。
 
 

単勝オッズ3番人気だったのが3.ウーマンズハートです。前々走の新馬戦で圧勝した時の上りタイムだけをみれば個人的にはもっと人気を集めてもなんらおかしくはないんじゃないかと思いましたね。とはいえ、最後のレースから3か月以上の期間が空くのでその分人気を落としたのかもしれません。それでも十分上位人気ですけどね。
 
 
4番人気以降は4.レシステンシア・6.クリスティ・1.ヤマカツマーメイドという人気順でした。
 
  

ディープインパクト産駒で優勝候補の一角と目されていたリアアメリア。それもそのはずで今年6月の新馬戦では8馬身差という他馬を圧倒する強烈な勝ち方をしています。続く2戦目の10月終わりに開催されたアルテミスステークス(GⅢ)では前走時より馬体重を一挙にプラス20キロとしながらも余裕で差し切りをきめ重賞初制覇を果たしました。ただし、10頭を超えるレース経験が未だなく16頭立ては初勝負となるのでその部分を心配する声もありました。しかしながら、この馬の能力が本物なのは間違いないでしょうし、鞍上も先週のチャンピオンズカップで勝利した絶好調の川田騎手だけに勝ち負けは必至なのではないでしょうか。
 
 

ここまで2戦して1勝1敗のクラヴァシュドール。この馬の強みはなんといっても阪神ジュベナイルフィリーズと同じ今回の阪神コースを一度走って勝っているということらしいです。2走前のデビュー戦でしたがきっちりと勝利を納めていました。また、輸送となった東京開催の前走サウジアラビアロイヤルカップでは馬体重の増減もなく精神的にタフな馬であると言われていました。それに加え、来週の朝日杯フューチュリティステークスでも上位評価を受けるだろうサリオスと互角の上りタイムを出して2着など能力の高さも評価されているようでした。
 
 

こちらもリアアメリアと同じく優勝候補の一角と言われていたハーツクライ産駒のウーマンズハート。2強対決とまで言われていました。デビュー戦から古馬と比べても遜色のない上りタイムを叩き出していて、そのポテンシャルの高さをアピールしています。前走の新潟2歳ステークス(GⅢ)においても最速上りタイム32.8を叩き出して快勝し僅か2戦目にして重賞初制覇に成功しています。ただ、今回の阪神ジュベナイルフィリーズは右回りのレースになりますがこの馬は過去2戦が新潟コースのみの左回りだったのでその辺が不安材料だとも言われていました。
 
 

現在2戦2勝となっているダイワメジャー産駒の4.レシステンシア。今回の阪神ジュベナイルフィリーズに参戦する競走馬の中で重賞勝利を経験している2頭のうちの1頭です。レースは先月頭にありましたファンタジーステークスです。6番人気で先行していたにも関わらず粘り強い走りでそのままゴールまで突っ切った実力は悪くないと思います。2戦とは言え重賞勝利して全勝中ですので期待したい一頭でしょう。
 
 
1番人気はダントツの15.リアアメリアとなりましたか
今回唯一のディープ産駒となっていますが
ここは1番人気に異論はないって感じですね
 
2番人気には重賞勝利してる3.ウーマンズハートが
続いて人気が来るのではと推察しましたが
ここは3番人気となっていて少し困惑です
 
前走のサウジアラビアRCでの上がりタイムを見れば
確かに良い末脚を持ってはいますが
その点は3.ウーマンズハートも負けてはいないですからね
 
ここは良い勝負を見れるのではないかと
少し期待をしています笑
 
あとはここに他どの競争馬が食い込んでくるかですね
それでは実際のレースを見ていくとしましょうか
 
 

各馬一斉にスタート!
横一線の綺麗なスタートとなりました
 
直線から一気に加速し頭一つだしたのは4.レシステンシア
その横には7.ロータスランドが並走する形
 
馬群はかなり密集した形で緩やかな第三コーナーへ進入していきます
第三コーナーの順位は以下の通りです
 
 
4-7-3-9-5-6-16-1-10-2-8-13-11-15-14-12
2019阪神ジュベナイルフィリーズ第三コーナーイラスト
 
 
ただでさえ密集していた馬群は
この第四コーナーでさらに密集していきます
 
第四コーナーでの順位は以下の通り
 
 
4-7-9-3-5-6-16-1-10-8-13-2-11-12-15-14
2019阪神ジュベナイルフィリーズ第四コーナーイラスト
 
 
直線に入ると先頭にいた4.レシステンシアが加速
後続がここから温存していた脚を使いあがるのかと思いきや
逆に4.レシステンシアがぐんぐんと上がります
 
まるで前走を彷彿とさせる走りに
さらにもっと力がついたかのようです
 
4.レシステンシアはどんどん後続馬を引き離します
後続でもあがってきてはいますが全く追いつけない
 
これは今後が期待できる走りではないでしょうか
見事3連勝で初めてのGⅠを制しました
 
 
第71回 阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 7 コパノキッキング 藤田菜七子 4
2 12 テーオージーニアス 丸山元気 6
3 14 シュウジ 三浦皇成 3
4 10 レッドアネラ 内田博幸 2
5 4 ゴールドクイーン 古川吉洋 7
6 15 ヒロシゲゴールド 津村明秀 1
7 13 タテヤマ 大野拓弥 13
8 1 ドリュウ M.デムーロ 5
9 3 ヒザクリゲ 石橋脩 11
10 9 オウケンビリーヴ 横山典弘 10
11 6 ダノングッド 矢野貴之 12
12 11 ハニージェイド 柴山雄一 8
13 5 ハングリーベン 野中悠太郎 15
14 16 オールドベイリー 武藤雅 16
15 2 ビップライブリー 北村宏司 14
16 8 シャインヴィットゥ 田中勝春 9

 

単勝 4 1,120円 4番人気
複勝 4 310円 4番人気
9 670円 6番人気
10 170円 2番人気
枠連 2-5 600円 3番人気
馬連 4-9 10,000円 20番人気
ワイド 4-9 2,480円 19番人気
4-10 510円 5番人気
9-10 1,210円 10番人気
馬単 4-9 20,410円 36番人気
3連複 4-9-10 8,560円 22番人気
3連単 4-9-10 86,720円 169番人気

 
 
人気から言えば番狂わせというところですが
それにしても4.レシステンシア強いですね
前走と同じで先行からそのままゴールまで走れるスタミナとスピード
 
これは今後が本当に楽しみですね
あとは今回が初の1600mでしたけど
どこまでこの強さを出せるのかというところも注目ですね
 
キタサンブラックのような走りが出来たりね笑
 

 

 
 

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事