結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2019 第71回朝日杯フューチュリティステークスGⅠ結果考察

2019 第71回朝日杯フューチュリティステークスGⅠ

阪神競馬場 1,600m 芝・右 外
2019年12月15日
 
朝日杯フューチュリティステークス
 
先週の牝馬戦に続き今週は牡馬の2歳王者というところですね
まだまだ駆け出しではありますがこれからを担う存在です
 
ここからビッグな競走馬が誕生するかもですからね
とは言えこの朝日杯フューチュリティステークス
このレースを経て凄い功績をあげたのは少ない現実笑
 
特に近年にはあまりいないですね
もちろんその後GⅠを勝利したなどはいますけどね
 
競馬を普段しない人でも知っているというレベルは
最近は出てきてないのでそろそろ期待したいところ
 
というわけで次期の主役となる競走馬果たしているのか!?
早速出走馬を見ていくとしましょう
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ジュンライトボルト 岩田康誠 10
2 ビアンフェ 藤岡佑介 5
3 ペールエール O.マーフィー 4
4 トリプルエース W.ビュイック 8
5 マイネルグリット 国分優作 12
6 サリオス R.ムーア 1
7 ウイングレイテスト 松岡正海 7
8 タイセイビジョン 武豊 2
9 グランレイ 池添謙一 14
10 エグレムニ 福永祐一 13
11 カリニート 幸英明 16
12 レッドベルジュール C.スミヨン 3
13 プリンスリターン 原田和真 15
14 タガノビューティー 和田竜二 9
15 メイショウチタン 松山弘平 11
16 ラウダシオン C.ルメール 6

 
 
若き16頭の競走馬が揃い踏み
今回は過去5戦してる競走馬が1頭
4戦が5頭、3戦が6頭、2戦が4頭となります
 
その内全勝は3頭で2頭は重賞勝利しています
果たして人気はどうなったのか
次は人気を確認していきましょう
 
 

単勝オッズ1番人気は6.サリオスでした。やっぱりこの馬が1番人気になったかという感じがしますね。デビューから2戦して負けなし。そのうえ、4ヵ月の休み明けの前走サウジアラビアRCではレコードタイムを叩き出してのまさに完勝と言って良いくらいの見事な勝ちっぷりでしたから本命の1角とみてる人も多いということでしょうね。
 
 

続く単勝オッズ2番人気となったのが8.タイセイビジョンでした。デビューから3戦して1着2回、2着1回と高成績を残していますね。前々走の函館2歳Sではビアンフェにまんまと逃げ切られてしまい2着で終りましたが前走の京王杯2歳Sではレコードタイムを出し2馬身差をつけてビアンフェにリベンジを果たしています。実力からみても人気上位は納得です。
 
 

単勝オッズ3番人気は12.レッドベルジュールとなりました。こちらもデビューから2戦して無敗です。前走の勝ち方もそうですが2連勝して勢いに乗ってるのは間違いなさそうなので2歳チャンプを決めるこのレースで人気となっているのも確かに頷けますね。前走の厳しいレースを制した馬だけに期待してる人も多いでしょう。
 
 
4番人気以降は3.ペールエール・2.ビアンフェ・16.ラウダシオンという人気順でした。
 
 

2戦2勝でその勝ち方からも前評判の高かったサリオス。まだまだ成長途中の2歳馬でありながら馬体重540kgで他馬を圧倒する馬体です。前走サウジアラビアRCでは阪神JFで3番人気の支持を受け3着となったクラヴァシュドールをまったく寄せ付けずレコードタイムで勝利しています。現状ではまだ地力の全てを見せていないと言われていて期待されていました。また、2戦とも芝1600mを経験しているのが好材料のようです。しかし、好材料があれば悪材料もあるのが競馬です。それは関東からの輸送に加えて、前2戦とも東京競馬場だったので左回りしか経験したことがないということでした。来年のクラシックレースの主軸となるか大事な試金石となりそうな一戦だけに注目を集めているようです。
 
 

C.ルメール騎手から武豊騎手に乗り替わりとなるタイセイビジョン。JRAのG1完全制覇まで本レースとホープフルSの2つとなった武豊騎手がチャンスはあると意気込みも充分で、この馬自身も本レースでは3強の一角と言われていました。前走の京王杯2歳Sでの上りタイムも33秒台を出してのレコート勝ちをしており実力も申し分ありません。未だ芝1600mは未経験なのでそこを心配する声も上がっているようでしたが血統的にみてもさほど問題はないだろうということでした。ただし、折り合い部分でやはり多少の不安があり、そこを天才・武豊騎手がどう乗りこなすかがポイントになってきそうです。
 
 

新馬戦に勝ってからすぐに放牧にだされたレッドベルジュール。休み明けの前走デイリー杯2歳Sでは馬体重をプラス28kgとしながらも3番人気から上りタイム33秒台をだして2着と1馬身差以上つけて圧勝し、成長著しい1頭と言われていました。また、前走はG2ということもあって相手も強く楽に勝てるレースではなかっただけにそれを勝ったレッドベルジュールを高く評価する声が多かったようです。距離も問題なしということで優勝候補なのは間違いなさそうでした。それもそのはずで本レースは3強の争いと言われていた中の1頭です。運営陣からもとても期待されているように感じました。
 
 

ルーラーシップ産駒で現在2戦1勝という成績で乗り込んできたのは9.グレンレイ。新馬戦を落とし前回の未勝利戦で初勝利となりました。新馬戦ではそこまで目につくものありませんでしたが前走では1番人気から人気に応え最後は4馬身差での勝利を見せています。
 
 
人気は全勝中且つ、重賞勝利している6.サリオスに
3戦2勝で重賞勝利している8.タイセイビジョン
 
人気としてはどちらも妥当という感じではありますが
2番人気に全勝且つ重賞勝利しているもう1頭
12レッドベルジュールが入らなかったのは少し意外でしたね
 
メンバーや人気を見る限りだと堅そうなレースに感じますが
果たしてガチガチの結果なのか、それとも荒れる要因が現れるのか
何が起きるかわからない2歳戦の行方を見ていきましょう
 
 

各馬一斉にスタートしました!
ほぼ横並びでのスタートとなりました第71回朝日杯FS
 
すぐさま頭一つ抜け出たのは2.ビアンフェ
その後ろは15.メイショウチタンを筆頭に
前方に大きな集団となって続きます
 
最初は前方に固まっていた馬群も
残り1200m付近を過ぎると少しずつ伸びていきます
やや先頭集団がペースをあげる中
緩やかな第三コーナーへ向かっていきます
 
第三コーナーでの順位は以下の通り
 
 
2-15-4-6-7-10-3-16-1-5-13-12-8-14-9-11
2019朝日杯フューチュリティステークス第三コーナーイラスト
 
 
第三コーナーを回り第四コーナーに近付くと
後続はどんどん前にあがっていき
第四コーナーではほぼ一丸という感じで通過していきます
 
第四コーナーでの順位は以下のとおりです
 
 
2-15-4-6-10-7-16-3-5-13-8-1-12-14-9-11
2019朝日杯フューチュリティステークス第四コーナーイラスト
 
 
最終コーナーを過ぎて殿は11.カリニート
先頭は2.ビアンフェですが徐々に直線で沈んでいきます
 
それを最初にかわしたの1番人気の6.サリオスです
そこに続くのは8.タイセイビジョンに14.タガノビューティー
3頭は競り合う程の距離感にはいませんがこの3頭で決まりかと思われた瞬間
 
さらに後ろから追い上げてくる1頭
14番人気の9.グランレイです
ゴール直前で14.タガノビューティーをかわすと
3着入賞を果たしました
 
1着は余裕のあるゴールで1番人気6.サリオスが制しました
 
 
第71回 朝日杯フューチュリティステークスGⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 6 サリオス R.ムーア 1
2 8 タイセイビジョン 武豊 2
3 9 グランレイ 池添謙一 14
4 14 タガノビューティー 和田竜二 9
5 13 プリンスリターン 原田和真 15
6 1 ジュンライトボルト 岩田康誠 10
7 2 ビアンフェ 藤岡佑介 5
8 16 ラウダシオン C.ルメール 6
9 7 ウイングレイテスト 松岡正海 8
10 12 レッドベルジュール C.スミヨン 3
11 4 トリプルエース W.ビュイック 7
12 11 カリニート 幸英明 16
13 5 マイネルグリット 国分優作 13
14 10 エグレムニ 福永祐一 12
15 15 メイショウチタン 松山弘平 11
16 3 ペールエール O.マーフィー 4

 

単勝 6 200円 1番人気
複勝 6 120円 1番人気
8 190円 4番人気
9 2,360円 14番人気
枠連 3-4 530円 1番人気
馬連 6-8 660円 2番人気
ワイド 6-8 310円 2番人気
6-9 6,240円 39番人気
8-9 13,830円 63番人気
馬単 6-8 950円 2番人気
3連複 6-8-9 38,080円 78番人気
3連単 6-8-9 90,260円 232番人気

 
 
見事R.ムーア騎手が人気に応えた形となりましたね
武騎手の初制覇も少し期待していたのですが。
 
それよりも1着2着はいいとしても3着よ笑
14.タガノビューティーくらいの人気なら
中穴として押えますけど・・・
  
14番人気は厳しいですね
こういうのは最近買わないですからねぇ
穴馬すぎてこういうのは厳しいんですよね
 
獲った人は少ないんじゃないかなと思ったら
意外とオッズは高くない
1・2番人気だからこんなもんかね
 
来週は有馬記念です
盛り上がっていきましょう!

 

 

 
 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事