結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2019 第64回有馬記念GⅠ結果考察

2019 第64回有馬記念GⅠ

中山競馬場 2,500m 芝・右
2019年12月22日
 
有馬記念
 
令和元年最後のビッグイベント
有馬記念がいよいよ来ました!
 
皆さんかなり盛り上がっている事でしょう
天候はあまり良いとは言えませんが
それすらも感じさせない程のファンの熱気
 
この中山の2500mで有馬を制すのは
一体どの牡馬!?牝馬!?
昨日から興奮冷めやらぬというところです
 
それでは早速ではありますがこのビッグイベントの
出走馬を確認するとしましょう
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 スカーレットカラー 岩田康誠 12
2 スワーヴリチャード O.マーフィー 6
3 エタリオウ 横山典弘 10
4 スティッフェリオ 丸山元気 14
5 フィエールマン 池添謙一 5
6 リスグラシュー D.レーン 2
7 ワールドプレミア 武豊 4
8 レイデオロ 三浦皇成 7
9 アーモンドアイ C.ルメール 1
10 サートゥルナーリア C.スミヨン 3
11 キセキ R.ムーア 8
12 クロコスミア 藤岡佑介 16
13 アルアイン 松山弘平 15
14 ヴェロックス 川田将雅 9
15 アエロリット 津村明秀 11
16 シュヴァルグラン 福永祐一 13

 
 
牝馬5頭に牡馬11頭の16頭です
そしてその中には人気投票1位であり
まさか有馬記念に出走するとはという驚きの1頭
 
そうです9.アーモンドアイの出走ですね
そしてその他も豪華すぎるという顔ぶれとなっています
 
これだけ豪華な顔ぶれともなると
気になるのはやはり人気ですよね
早速そちらも確認していくとしましょう
 
 

単勝オッズ1番人気となったのが9.アーモンドアイでした。やはり圧倒的な支持を受けたかといったところですね。ここまで10戦して牝馬クラシックの3冠は元よりジャパンCや天皇賞(秋)といった強豪ひしめく厳しいGⅠレースも含めて8勝している馬だけに現役最強馬といっても過言ではないようです。今回はこの馬からいくか、それ以外でいくかの2択なのではないでしょうか。
 
 

単勝オッズ2番人気の指示を受けたのが6.リスグラシューでした。前々走、前走と強い競馬をみせてくれているのでこの人気も納得ができます。それに加えて本レースで引退予定ということで状態も万全を期して挑んでくるでしょうから競馬ファンからの注目度と期待値はやはり高いのでしょうね。それに鞍上D.レーン騎手とコンビを組んでから2戦負けなしです。この勢いに乗りたいところ。
 
 

続く単勝オッズで3番人気だったのがアーモンドアイのお隣の枠順になった10.サートゥルナーリアでした。菊花賞のトライアルレースである神戸新聞杯に勝ったにも関わらず菊花賞を見送り挑んだ天皇賞(秋)では6着と敗れてしまったんですが相変わらず高い支持を受けているみたいです。ファン投票では得票4位となっていましたね
 
 
4番人気以降は7.ワールドプレミア・2.スワーヴリチャード・5.フィエールマンという人気順でした。
  
 

ファン投票では唯一10万票を超える得票数で堂々の1位となりました。当初は有馬記念への出走は予定にはなく香港遠征を考えていたようです。しかし体調を崩した為、予定変更して有馬記念となったようです。その後は心配なしということですが、そういった経緯から本来の力を出せないと考えアーモンドアイを本命から外す人も多そうですが、今までの実績やポテンシャルだけをみても評価が高い1頭なのは間違いないでしょうか。また、今年の有馬記念はG1ホルダーが11頭も顔を揃えたレースになるだけに今回の状態ですんなり制覇するようなら、もうこのアーモンドアイを止められる馬はいないのではないですかね。
 
 

晩成と言われるハーツクライ産駒で今年4戦してGⅠ(海外含む)2勝し負けたレースに限っても2着1回、3着1回という好成績を残しているリスグラシュー。昨年のエリザベス女王杯で初のGⅠ制覇を果たしてから海外遠征もこなしていて着実に力をつけている感じがしますね。ここ2戦は特に顕著で宝塚記念では圧勝しオーストラリア遠征でもコックスプレートを見事に制しました。有馬記念を目標にしてきたようで仕上がりも上々らしく陣営もかなり期待しているようでした。ただ今年ラストの競馬の祭典というようにまさにドリームマッチに相応しい最強馬が出揃っているので楽には勝てなさそうです。
 
 

昨年のホープフルS、そして今年の皐月賞を制覇し、3歳世代では屈指のポテンシャルを誇るサートゥルナーリア。左回りとなる東京コースでは3走前のダービー、前走の天皇賞(秋)と負けていますが右回りでは未だ負けなしの好成績を叩き出しています。右回りとなる中山コースに至っては2戦2勝となっていて、これはプラス材料ではないかと言われていました。また、菊花賞こそ出走しませんでしたが前々走の神戸新聞杯ではすでにワールドプレミア、ヴェロックスにも勝っていて、鞍上もC.スミヨン騎手となれば勝ち負けを期待できるのではないでしょうか。
 
 

10月の菊花賞で見事初のGⅠ勝利となった7.ワールドプレミア。3番人気ながら見事勝利したあの走りは比較的記憶にも新しいですね。現在6戦3勝ではありますが全てが3着以内という好成績となっています。鞍上は武豊騎手と前走から変わりはありませんので馬券圏内に絡んでくる可能性もそこそこ高いと言えるのかも知れません。
 
 
人気投票でも圧倒的を人気を誇った9.アーモンドアイが
当然の如く単勝人気でもトップ
これだけの顔ぶれにも関わらず1倍台をキープ
 
有馬記念に限っては普段競馬をしない方も参加しますからね
強い馬という話だけを聞いて投票が集中というのは
よくありますからね
 
そして2番人気と3番人気はなんとどちらも3歳馬
5歳以上の古馬は一切上位人気にいないというね
 
近年のデータでは3歳馬の勝利は結構いますが
4歳馬の勝利は第60回のゴールドアクターくらいです
 
この流れを現役最強馬とも言われる9.アーモンドアイは
見事壊す事が出来るのか
そして最後の直線ではどういう展開を見せるのか
楽しみで仕方がありませんね
 
という事で早速実際のレースを見て行くとしましょうか
 
 

各馬一斉にスタート!
大きな出遅れは見られず綺麗なスタートとなりました
 
8.レイデオロはペースを下げ後方につけます
そのやや前には11.キセキも同様です
 
先頭集団は15.アエロリットが頭一つ抜けだします
それに続くのは12.クロコスミアに4.スティッフェリオ
 
残りは馬群中団という位置づけとなりました
そしてコーナーを抜けて最初の観客前を通っていきます
 
この辺りから15.アエロリットは加速し大きく逃げ始めます
かなりのハイペースに全体的にペースがあがっている印象
 
そして第一コーナーへと進入していきます
第一コーナーでの順位は以下の通り
 
 
15-4-12-13-3-2-1-14-9-6-5-11-10-16-7-8
2019有馬記念第一コーナーイラスト
 
 
気になる1番人気の9.アーモンドアイは
馬群中央付近の9番手で通過していきます
 
2番人気の6.リスグラシューはそのすぐ真後ろ
3番人気の10.サートゥルナーリアは後方から4番手となっています
 
そして馬群はそのまま第二コーナーを通過していきます
第二コーナーでの順位は以下の通り
 
 
15-4-12-13-3-1-2-14-9-6-5-11-10-16-8-7
2019有馬記念第二コーナーイラスト
 
 
順位自体は大きく変わる事はありませんが
15.アエロリットはさらに逃げていき
向こう正面の直線ではその差広げていきます
 
これだけ大きくペースを乱されると
後半の直線でどうなるのか若干の不安さえ覚えますね
それは馬群にも表れていて後方に固まる形となっています
 
そして緩やかな登りを駆け上がると
いよいよ第三コーナーに進入していきます
第三コーナーでの順位は以下の通りです
 
 
15-4-12-13-3-2-1-9-14-5-6-11-10-16-8-7
2019有馬記念第三コーナーイラスト
 
 
大きく第三コーナーを抜けるといよいよ第四コーナーへと向かいます
前後の差は詰まり早くも15.アエロリットは捕まりそうですが
その分後方の負担もそれなりにあった事でしょう
 
そしえ後方は徐々に横に広がっていき
最終第四コーナーを抜けていきます
第四コーナーでの順位は以下の通りです
 
 
15,4-13-3-9-5-2-10-6-14-11-12-1-16-8-7
2019有馬記念第四コーナーイラスト
 
 
各馬直線に入ると残り300mの勝負が始まります
ここで目が行ったのは皆さん恐らく中央付近から
スッと顔を出した9.アーモンドアイでしょう
 
これはいつもの9.アーモンドアイの圧倒・・
かと思われたのも束の間
外から一気に前に出ていく6.リスグラシューの姿が!
 
そこからは圧倒的な強さを見せて独走状態
終わってみれば5馬身差と予想しなかった展開に
 
しかし見事リスグラシューがラストランで
有馬記念を制し、有終の美を迎えました
 
 
第64回 有馬記念GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 6 リスグラシュー D.レーン 2
2 10 サートゥルナーリア C.スミヨン 3
3 7 ワールドプレミア 武豊 4
4 5 フィエールマン 池添謙一 6
5 11 キセキ R.ムーア 7
6 16 シュヴァルグラン 福永祐一 14
7 8 レイデオロ 三浦皇成 9
8 14 ヴェロックス 川田将雅 8
9 9 アーモンドアイ C.ルメール 1
10 3 エタリオウ 横山典弘 10
11 13 アルアイン 松山弘平 15
12 2 スワーヴリチャード O.マーフィー 5
13 4 スティッフェリオ 丸山元気 13
14 15 アエロリット 津村明秀 12
15 1 スカーレットカラー 岩田康誠 11
16 12 クロコスミア 藤岡佑介 16

 

単勝 6 670円 2番人気
複勝 6 210円 2番人気
10 270円 3番人気
7 390円 5番人気
枠連 3-5 300円 1番人気
馬連 6-10 2,990円 8番人気
ワイド 6-10 850円 8番人気
6-7 1,450円 13番人気
7-10 2,000円 19番人気
馬単 6-10 6,130円 16番人気
3連複 6-7-10 10,750円 29番人気
3連単 6-10-7 57,860円 151番人気

 
 
終わってしまいました有馬記念
まさかアーモンドアイが大敗してしまうとは・・・
これで3着以外は初めてという土もついてしまいました
 
しかしリスグラシューは凄かったですね
このメンツの中でのレースで接戦ではなく圧勝するとはね
最近は連勝してましたし決して弱い馬ではないですが
この結果を予想出来た方はいたでしょうか笑
 
勝つと予想しても接戦の末の勝利
というのは大方ではないですかね
 
有馬記念の牝馬勝利はかなりぶりですか
第16回まで遡らないとありませんね笑
 
という事でリスグラシューおめでとう!
そして競走馬としてお疲れ様でした
 
残すところGⅠはホープフルで終了ですね
皆さん最後は決めましょうね笑
 
 

 
 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事