結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2018 第68回安田記念GⅠ結果考察

2018 第68回安田記念GⅠ
東京競馬場 1,600m 芝・左
2017年6月4日
 
マイル王
 
そうです、本日は今年前半のマイル王決定戦
安田記念です!
 
上半期GⅠ戦線も終りに近づいてきていますね
今年の注目馬となる誕生はまだですかね~
いや注目馬はたくさんいますかね
 
なんかマイル王っていい響きですよね笑
個人的な印象ですけどマイルで強い競争馬こそ
華があるという感じがします
 
連覇を成し遂げるようになったら
もうヤバイって感じですね笑
 
皆さんの思い入れのあるレースは何でしょうかね?
競争馬も年代によって大きく変わりますしね~
 
結論で言うと皆競馬好き!って事なんですけど笑
 
とまぁ雑談はさておき
早速今回の出走馬を見ていくとしましょうか。
  
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 スワーヴリチャード M.デムーロ 1
2 サトノアレス 蛯名正義 7
3 ダッシングブレイズ 北村宏司 16
4 アエロリット 戸崎圭太 5
5 ペルシアンナイト 川田将雅 2
6 レーヌミノル 和田竜二 15
7 ウエスタンエクスプレス S.クリッパートン 11
8 キャンベルジュニア 石橋脩 10
9 レッドファルクス 田辺裕信 8
10 モズアスコット C.ルメール 9
11 リアルスティール 岩田康誠 4
12 ヒーズインラブ 藤岡康太 12
13 ブラックムーン 秋山真一郎 13
14 リスグラシュー 武豊 6
15 サングレーザー 福永祐一 3
16 ウインガニオン 津村明秀 14

 
 
今年は16頭でのスタートとなります第68回安田記念
果たしてこのマイル競争を勝つのはどの競争馬なのか
 
今回は結構人気は割れてるように感じますので
予想はなかなか難しそうですね。
しかもマイルですからちょっとした事で人気馬がコケる事もありますしね。
 
 

単勝1番人気は単勝オッズ3.1倍の1.スワーヴリチャードでした。前走の大阪杯では見事に勝利しGⅠ馬となりましたからね、強豪が名を連ねた大阪杯で勝利出来た事は実力の証明にもなった事でしょう。今回も鞍上はM.デムーロ騎手ですのでこれは1番人気も必然という感じでしょう。
 
 

そして2番人気が5.ペルシアンナイト。前走の大阪杯ではスワーヴリチャードに敗れる結果となりましたが結果は惜しくも2着という事で特に悪い面はありません。上がりタイムのスワーヴリチャードよりも上でしたからね。鞍上は川田騎手で先週の東京優駿でダノンプレミアムに傷をつけただけにどうでしょうと言う気持ちが個人的にはあります。
 
 

3番人気となったのは15.サングレーザーですね。近走非常に成績もよくこれからもっと伸びていく事も期待できそうなサングレーザー。前走のマイラーズカップではレコード勝利をおさめていますからね、末脚も凄いですし純粋に華のある人気馬ではないかなと思っています。
 
 
4番人気以降は11.リアルスティール・14.リスグラシュー・4.アエロリットという人気順でした。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
 
 

GⅠとなり実力も申し分のないスワーヴリチャード。そして今回は1枠1番という好枠でのスタートでより期待度も高くなり調子の方も好調なようです。過去のレースでは1800mが最短のレースでありマイルは初となりますがレース配分は鞍上のM.デムーロ騎手がきっちりすると思われますし末脚にも定評はありますから特に問題はないでしょう。
 
 

3枠5番でスタートするペルシアンナイト。近走の結果を見ると結果的には可もなく不可もなくという感じではありますが過去11戦4勝で内マイルが3鞍となっています。マイルの勝率を考えれば今回の安田記念は十分期待できるとも言えるのではないでしょうか。今回は乗り替わりでデビュー戦と2戦目以来の川田騎手の騎乗となります。
 
 

去年の春頃から開花し始め、去年は全鞍で3着以内。今年は4月のマイラーズカップが初戦となりましたが見事に勝利して好調ぶりは健在です。前走ではレコード勝利でその実力を披露した事もあって人気が高くなるのもわかりますね。鞍上も今年ついにダービーを手にした福永騎手ですからね、勢いもある事でしょう。
 
 

成績こそ悪くないモズアスコット。近走では2着で惜しくも負ける形が続いていますが裏を返せば2着になれる実力はあるという事。騎乗するのはC.ルメール騎手という事ですし期待度は決して低くはない。ただ先週安土城ステークスに出走しており連戦となるのは少し気になる点ですね。調子を引き継いでいけるか、はたまた走り切る事が叶わないか、注目の1頭ではありますね。

 
1番人気はきっと誰もが予想していた通りという感じですかね
1枠1番を獲得したスワーヴリチャードはまぁ濃厚というところでしょうね。
単勝オッズはもっと低くなるかと思いましたけど意外と高いですね
 
そしてGⅠ馬も多いですからね~
1.スワーヴリチャードは大阪杯2000m
2.サトノアレスは朝日杯フューチュリティS1600m
4.アエロリットはNHKマイル1600m
5.ペルシアンナイトはマイルチャンピオンシップ1600m
6.レーヌミノルは桜花賞1600m
9.レッドファルクスはスプリンターズS1200mを二度
あとは国内ではないですがドバイターフを勝っている
11.リアルスティール
 
これだけを見たらどの競争馬も可能性があるように感じて迷ってしまいますね
それにしてGⅠ馬は全て内から並んで外枠にはいませんね笑
 
今回本命は人気馬でもある1.スワーヴリチャードと5.ペルシアンナイトですかね
あとは意外と軽視できないというか狙い目なのが2.サトノアレスですね
 
先週の東京優駿ではありませんが一番人気で1枠1番で負けた
ダノンプレミアムの事もあるのでと言いたいところですが
強い競争馬に乗ったらしっかり結果を出してくるのが海外騎手勢
きっと人気に応える結果を出してくるのではないのかなと思います。
 
正直今回よりダービーの方が堅いと思ってましたけどね笑
実際走ってみないとわからないのが競馬
 
それじゃ実際のレースを見ていくとしましょうか
 
 

各馬一斉にスタート!
 
比較的綺麗なスタートとなりましたが出遅れたのは2.サトノアレス
一気に体ひとつ前に出たのは6.レーヌミノル
そして大外からは16.ウインガニオン
殿は12.ヒーズインラブ
 
第三コーナーを前に各馬前方へ詰め寄ります
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
16-6-4-8-1-7-5-15-3-11-10-12-14-2-9-13
2018安田記念第三コーナーイラスト
 
 
1番人気の1.スワーヴリチャードは5番手
2番人気の5.ペルシアンナイトはその2頭後ろにいます
 
テンのハロンのタイムは34.2
去年のレースとの比較+0.3
去年と同じくらいのペースですね
 
思った以上に前後が詰まらない状態で第四コーナーへ向かいます
第四コーナーでの順番は以下の通り
 
 
16-6-4-8-1-7-3-5-15-11-14-10-12-2-9-13
2018安田記念第四コーナーイラスト
 
 
第四コーナーを抜け最後の直線へと入って先頭は16.ウインガニオン
しかしすぐさま4.アエロリットが並びます
 
残り400mの時点で前方に阻まれ
10.モズアスコットと5.アエロリットが右往左往する様子が伺えます
後続は10頭くらいが横に並ぶ展開となります。
外からは2.サトノアレスも伸びてきます。
 
残り200mのところでようやく先ほどの2頭の前に進路が生まれます
詰まっていた水が溢れるかのように10.モズアスコットが上がります
 
しかしそれに並びかけるのは1番人気の1.スワーヴリチャード
しかししかしそれ以上に10.モズアスコットの脚が凄い
並ばせずさらに先頭のアエロリットも一気に捉え
ゴール直前に華麗にかわしていきました!
これによりGⅠ馬7頭を抜き去り自らがGⅠ馬となりました
 
10.モズアスコットと2.サトノアレスが上がり最速33.3秒
 
連闘をものともせず見事な勝利となりました。
 
上がり3ハロンのタイムは34.2
去年のレースとの比較-0.2
テン同様にこちらも去年とほぼ同じペースです
 
 
第68回 安田記念GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 10 モズアスコット C.ルメール 9
2 4 アエロリット 戸崎圭太 5
3 1 スワーヴリチャード M.デムーロ 1
4 2 サトノアレス 蛯名正義 7
5 15 サングレーザー 福永祐一 3
6 5 ペルシアンナイト 川田将雅 2
7 16 ウインガニオン 津村明秀 14
8 14 リスグラシュー 武豊 6
9 9 レッドファルクス 田辺裕信 8
10 7 ウエスタンエクスプ S.クリッパートン 11
11 8 キャンベルジュニア 石橋脩 10
12 6 レーヌミノル 和田竜二 15
13 12 ヒーズインラブ 藤岡康太 12
14 3 ダッシングブレイズ 北村宏司 16
15 11 リアルスティール 岩田康誠 4
16 13 ブラックムーン 秋山真一郎 13

 

単勝 10 1,570円 番人気
複勝 10 410円 9番人気
4 290円 4番人気
1 160円 1番人気
枠連 2-5 4,170円 21番人気
馬連 4-10 7,730円 31番人気
ワイド 4-10 2,100円 30番人気
1-10 1,020円 11番人気
1-4 680円 4番人気
馬単 10-4 15,200円 62番人気
3連複 1-4-10 6,560円 19番人気
3連単 10-4-1 63,280円 218番人気

 
 
いやぁコースレコードと同タイムとは
とても連闘の走りとは思えませんね~
そしてルメール騎手も今回で初の安田記念制覇ですね
 
しかしペルシアンナイトはどうしたものか
もっと良い成績となる競走馬な気もしますがいまいちですねぇ
スワーヴリチャードはまぁ早めに抜け出るスペースがあったなら
まだ可能性があったかも知れないという感じではありましたけど。
 
なんかこれだって競争馬がなかなか誕生しませんねぇ
誕生する気配はあってもこうやって負けていく
先週も言いましたが名馬の誕生を見てその名馬を見ていきたいんです笑
 
記録を作るような名馬が!笑
 
まぁ簡単には誕生するものじゃないからこそ
名馬と呼ばれるんでしょうけど
 
上半期も残すところは宝塚記念のみとなりましたね
 
今回も結果でいうと外しましたが
宝塚記念では何としても挽回したいところです
 
今年はあんまり当たってない気がする・・・笑
 
って弱気はいかんっ
気を取り直して頑張りましょう
 
( ̄0 ̄)/ オォー!!

 

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事