結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2018 第157回天皇賞(春)GⅠ結果考察

2018 第157回天皇賞(春)GⅠ
京都競馬場 3200m 芝・右 外
2018年4月29日
 
24 -TWENTY FOUR
※以下24
前回までの24
さて去年紹介した寝不足確実の24ですが
見た事がある方が大半だと思いますが見てない方はみましたか?笑
 
見た方は寝不足になりながらも毎日のように見た事でしょう
さてこちらの24では競馬をよくしらないジャックが
見よう見真似で無茶苦茶な競馬として外しました
 
今回は一体どうなるのやら笑
 
さぁ、茶番にお付き合い下さい笑
 
「今日は人生で一番長い日となるだろう」
 
という事で今回は天皇賞(春)です。
キタサンブラックが引退し三連覇は見れず
そして騎手であった武豊騎手は騎乗停止で三連覇は見れず
そんな波乱先行の今回ですが出走馬を見ていきましょう
 
大統領「ジャック!!」
ジャック「お言葉ですが大統領・・・競馬をさせて下さい。」
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ミッキーロケット 和田竜二 9
2 チェスナットコート 蛯名正義 7
3 シホウ 浜中俊 14
4 カレンミロティック 池添謙一 10
5 ヤマカツライデン 松山弘平 11
6 ガンコ 藤岡佑介 3
7 ピンポン 宮崎北斗 16
8 クリンチャー 三浦皇成 4
9 ソールインパクト 福永祐一 13
10 サトノクロニクル 川田将雅 5
11 シュヴァルグラン H.ボウマン 1
12 レインボーライン 岩田康誠 2
13 トウシンモンステラ 国分恭介 17
14 アルバート C.ルメール 6
15 トーセンバジル M.デムーロ 8
16 スマートレイアー 四位洋文 12
17 トミケンスラーヴァ 秋山真一郎 15

 
 
今年も17頭の出走となりましたね。
今回はそこまで注目すべき競争馬というのがいないので
予想が難しいですね。
 
ジャック「ひざまずけ。  両手を頭の後ろで組めっ」
 
だから力づくはやめい笑
 
ジャック「俺を止めても無駄だ。」
 
止めないが競馬に関係ない事に労力さきすぎだろ笑
 
まぁ軽くスルーしつつ
次に人気馬を振り返ってみましょう。
 
 

単勝1番人気は3.2倍で11.シュヴァルグラン。去年のジャパンカップで初のGⅠ制覇、その後は有馬記念で3着。前走は乗り替わりで大阪杯で大敗という結果に終わっていますが今回はジャパンカップ制覇時と同じH.ボウマン騎手という事もあり人気が急上昇というところでしょうか。去年もキタサンブラックに敗れはしたものの2着と言う成績でしたので期待度は高いと言えそうです。
 
 

続く単勝2番人気が6.5倍で12.レインボーラインでした。前走の阪神大賞典を制して勢いに乗っているレインボーライン。過去21戦4勝と勝利数は少ない。大体勝率数は少なくとも連対数が多いので人気が高いというのは多々ありますが今回は正直よくわかりません。去年の天皇賞(春)も12着と惨敗していますからね。
 
 

そして単勝3番人気ですが6.ガンコです。デビューからかなり迷走してきた感が強い6.ガンコですが去年の暮からようやく開花の兆しを表しましたよね。今年は日経新春杯の3着から始まり松籟ステークス勝利後に先月の日経賞制覇、そして今回天皇賞(春)では3番人気なんですから凄く感慨深いものがありますね。是非藤岡騎手には頑張って頂きたいものですね。 
 
 
4番人気以降は8.クリンチャー・10.サトノクロニクル・14.アルバートという人気順でした。
 
 

今回の最有力候補である11.シュヴァルグラン。それもそのはず昨年キタサンブラックに敗れ2着という惜しい結果に。しかしそのキタサンブラックも引退した事でついに邪魔者がいなくなったとも言えます。さらには一昨年の天皇賞(春)では3着で一つずつ順位を上げている事にも注目したいですね。今回こそ三度目の正直となるのか。前走の大敗こそ気になるもののH.ボウマン騎手が払拭してくれる事にも期待したいですね。
 
 

前走の阪神大賞典を制した事でついに開花したとも注目が集まっているのがレインボーライン。しかしながら前走一つを見て信じていいのかという疑問もやはり残ります。脚はもっていますし決して弱い馬ではないのは皆さんのご存知だとは思いますがやはり今までの成績を拭い去るには少々物足りないというのが本音ですかね。皆さんはどう感じているのでしょうかね~
 
 

とにかく今回の天皇賞人気馬で異質の存在とも言えるのがこの6.ガンコ。まず今ままでの成績に注目すると2歳新馬から始まり未勝利戦を5度、そして迎える3歳未勝利で初勝利をものにした。そして1000万下に留まる事24戦、ようやく長い下積みを経て開花しました。戦歴から見ればあまり類を見ない人気馬ですよね。近4走を見ても好成績なだけに是非とも勝利する姿も見たいものです。

 

重賞でも過去そこそこの成績を残してきているクリンチャー。藤岡騎手から前走は武豊騎手への乗り替わりがあり阪神大賞典では3着という結果になりました。そしてそのクリンチャーの最大の話題もこの点でしょう。武豊騎手の騎乗停止により今回の天皇賞では騎乗できなくなったという点。皆さんきっとクリンチャーを軸にしようという方も多かったんじゃないでしょうかね。乗り替わりは三浦騎手ですがこれが予想にどう影響するのかなかなか大変なところですね。
 
 
去年2着の11.シュヴァルグランが人気ですね
結果も残していますし妥当と言ったところでしょうか。
そもそもこのシュヴァルグランは勝利数よりも馬券絡む確率がズバ抜けて高いですしね。
 
ところでジャック前回負けて今年も負けてしまうよ?
 
ジャック「俺には後戻りなんて存在しない。」
ジャック「心配するな。俺が当てるつもりだったら今ごろ当てている。」
 
絶対嘘やろ笑
 
ジャック「おい、そこの新聞持ったやつ!俺が知りたい事をすべて吐け!」
 
お得意の端末で見ればいいのに。
さてそれではレース展開を見ていきましょうか。
 
ジャック「くそぉぉぉぉ!」
 
どうした笑
早く馬券を買うんだジャック
 
ジャック「もし俺の馬券になにかあったら、お前が最後に見るのはこの俺になるぞ!」
 
おいおい、脅すな笑
PATという便利なものを使え笑
 
ではいきましょう。
 
「ピッピッピッピ・・・」
15:39:57
 
 

各馬一斉にスタート!
 
綺麗なスタートとなりました第157回天皇賞(春)
5ヤマカツライデンが好スタート
予想通り先頭に出て逃げの展開ですね

ジャック「クロエ!やつが逃げる!衛星を使って追ってくれ!
そんな事に衛星使うなー笑
 
殿で後方に位置するのは12.レインボーライン
早くも戦略、駆け引きが展開されていきます。
 
去年と同じように一気に逃げる5.ヤマカツライデン
直線で早くもかなり縦長の展開となります。
 
正直色々と思惑ってのがあるとは思うんですけど
同じ戦法で勝つ気あるのかね笑
って思うのは自分だけだろうか・・笑
 
この直線で殿は16.スマートレイヤーに変わります
 
テンのハロンのタイムは35.6
去年のレースとの比較+-0
展開も同じなだけにペースも一緒
 
コーナーを抜け縦長の馬群は観客の前を通過していきます。
 
先頭は変わらずに5.ヤマカツライデン
すぐ後ろに続くのは17.トミケンスラーヴァと6.ガンコ
ややゆったりとしたペースで第一コーナーへと突入していきます。
 
第一コーナーでの順番は以下の通り
 
 
5-17-6-11-4-9-1-8-2-12-15-10-14-7-3-13-16
2018天皇賞(春)第一コーナーイラスト
 
 
去年とは違いまでそこまで引き離せていない5.ヤマカツライデン
1番人気の11.シュヴァルグランは4番手
2番人気の12.レインボーラインは馬群中団からやや後方に位置しています。
 
続く第二コーナー
第ニコーナーでの順番は以下の通り
 
 
5-17-6-11-4-9-1-8-2-12-15-10-14-7-3-13-16
2018天皇賞(春)第二コーナーイラスト
 
 
第二コーナーを抜けたところで5.ヤマカツライデンがペースアップ
去年と同じように一気に離しにかかります。
 
3番人気の6.ガンコは3番手
 
向こう正面の直線では中団につける馬群がポジション争いを繰り広げます。
そうこうしている間にも第三コーナーへと近づき前後の差は一気に縮まっていきます。
 
そして迎えた第三コーナー
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
5-6-11-9-8-10-15-4-2-14-1-12-17-7-3-13-16
2018天皇賞(春)第三コーナーイラスト
 
 
かなり入り乱れる感じとなった第三コーナー
順位も入れ替わりながら第四コーナーへ差し掛かります
ここで早くも5.ヤマカツライデンは馬群に飲まれます
 
第四コーナーでの順番は以下の通り
 
 
6-11-5-8-15-10-2-9-1-14-12-4-7-3-13-16-17
2018天皇賞(春)第四コーナーイラスト
 
 
17.トミケンスラーヴァは一気に失速し馬群から大きく置き去り状態
先頭には代わって6.ガンコと11.シュヴァルグラン
 
しかし6.ガンコはここまで失速してしてしまいます。
その間先頭に立つ11.シュヴァルグランを内から1.ミッキーロケット
中央からは8.クリンチャーが追いかけます
 
ププッピプー♪
ジャック「俺だ、後で掛け直す!」

事件かも知れないのに良いところだからって切っただろ笑
 
さらには後ろから12.レインボーラインが凄い脚で追い上げます
残り200mを過ぎて11.シュヴァルグランが粘ります
 
ゴール前数十メートルのところで並ばれると
粘りも空しく直前でかわされてゴール
 
勝利したのは
岩田騎手騎乗の12.レインボーライン
 
重賞は3つ目
もちろんGⅠは初勝利となりました。
 
上がり3ハロンのタイムは35.9
去年のレースとの比較+0.4
去年よりやや遅いペースでした
 
 
第157回 天皇賞(春)GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 12 レインボーライン 岩田康誠 2
2 11 シュヴァルグラン H.ボウマン 1
3 8 クリンチャー 三浦皇成 4
4 1 ミッキーロケット 和田竜二 9
5 2 チェスナットコート 蛯名正義 7
6 15 トーセンバジル M.デムーロ 8
7 16 スマートレイアー 四位洋文 12
8 14 アルバート C.ルメール 6
9 3 シホウ 浜中俊 14
10 5 ヤマカツライデン 松山弘平 11
11 13 トウシンモンステラ 国分恭介 17
12 10 サトノクロニクル 川田将雅 5
13 9 ソールインパクト 福永祐一 13
14 6 ガンコ 藤岡佑介 3
15 7 ピンポン 宮崎北斗 16
16 4 カレンミロティック 池添謙一 10
17 17 トミケンスラーヴァ 秋山真一郎 15

 

単勝 12 600円 2番人気
複勝 12 190円 2番人気
14 140円 1番人気
24 240円 4番人気
枠連 6-6 1,020円 5番人気
馬連 11-12 1,030円 1番人気
ワイド 11-12 400円 1番人気
8-12 810円 9番人気
8-11 530円 3番人気
馬単 12-11 2,510円 6番人気
3連複 8-11-12 2,060円 1番人気
3連単 12-11-8 11,650円 8番人気

 
 
ジャック「くそぉぉぉ!!」
 
はい、来ましたね
ジャックまたハズレるの巻です笑
 
まぁでも今回はレインボーラインをバッサリ切ったので
自分も完全に外しましたね~
 
ジャック「クロエ、何も強要したくないが、君の助けが必要だ。」
 
おい、ジャック!
今度はクロエ・オブライエンに借金する気だろ笑
ジャック、お前にギャンブルは向いていない
 
ヽ(`・ω・´)ノ

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事