結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2018 第59回宝塚記念GⅠ結果考察

2018 第59回宝塚記念GⅠ
阪神競馬場 2,200m 芝・右
2018年6月24日
 
進化論
 
皆さんも一度は聞いた事があるでしょう
生物は長い年月を経て今の生物となった
そうかの有名な
チャールズダーウィンの進化論です
 
しかし最近ですが
その進化論に異を唱える説が浮上したとか
そのような記事を目にしました
(気になる方はググってみてね)
 
それを見た時にピーンと何かを感じました
小さい時に進化してきたという話を初めて聞いた時
疑問に思った小さい時の記憶です
 
例えば人類
この世界の肌の色など異なった人種が多数存在します
それら人類が仮に進化してきたとして
全てがまとめて同一の進化をするのだろうかと
  
それとも最初に人類に進化したのは一人もしくは数人で
それが広がっただけなのだろうか
 
どちらにしても日々時間が進み続けているわけで
今この瞬間にも人間になる前の
アウストラロピテクスやホモサピエンスなどの種が
いてもおかしくないのではないかと
 
しかし実際にはそういう存在は発見されていませんよね
たまにUMAと呼ばれる話は浮上しますが
それもどこまでが本当かわかりません
 
というわけで小さい時に感じた疑問が
まさかこのようなタイミングで呼び起こされるとは笑
 
なので以前にお話した馬の祖先の話も
もしかしたらただの似てる種なだけだったという事になるかもですね笑
 
信じるか信じないかは・・・
宝塚記念と同様に投票で決めますか笑
 
という事前置き長くなりましたが
早速出走馬から見ていきましょう
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ステファノス 岩田康誠 11
2 ノーブルマーズ 高倉稜 12
3 サトノダイヤモンド C.ルメール 1
4 ミッキーロケット 和田竜二 7
5 ストロングタイタン 川田将雅 8
6 アルバート 藤岡康太 15
7 パフォーマプロミス 戸崎圭太 4
8 ダンビュライト 武豊 5
9 サトノクラウン 石橋脩 6
10 ヴィブロス 福永祐一 3
11 サイモンラムセス 小牧太 14
12 タツゴウゲキ 秋山真一郎 16
13 ワーザー H.ボウマン 10
14 スマートレイアー 松山弘平 13
15 ゼーヴィント 池添謙一 9
16 キセキ M.デムーロ 2

 
 
今年は去年とは打って変わって16頭ですね
ざっと目を通してみても何だか今回は難しそうですね~
 
堅いと思える競争馬がそんなにいないというね
これはどこに着目するかで大きく予想も変わりそうですね
 
という事で人気馬から振り返ってみましょう。
 
 

単勝1番人気は3.サトノダイヤモンドでした。海外レースに参戦してから若干調子を崩してる感が否めない近走の結果ですが、今日はいつも通りの走りを見せられるでしょうかね。一昨年辺りの強さを見せて欲しいですね。近走とは裏腹にあのキタサンブラックとも肩を並べてただけあって人気はダントツと言ったところなんでしょう。
 
 

2番人気は予想単勝オッズ5.9倍で16.キセキでした。こちらも昨年末に香港ヴァーズに出走して以来、前走の日経賞でも1番人気で9着という惨敗の結果となりました。やはり海外の輸送は負担が大きいのかなと感じさせますよね。前走はC.ルメール騎手に乗り替わりがありましたが今回はまたM.デムーロ騎手が騎乗となります。去年の感覚が戻っていい走りが出来るといいですね。
 
 

予想単勝オッズ3番人気は7.9倍でヴィブロスでした。勝利数こそ4勝しかしていませんが、その内2つは秋華賞とドバイターフのGⅠ2勝をあげています。さらに昨年のエリザベス女王杯では5着でしたがそれほど実力差はありませんでしたし今年のドバイターフでも2着と実力的には申し分なしというところでしょう。今回は一昨年以来福永騎手が騎乗となります。
 
 
4番人気以降は7.パフォーマプロミス・13.ワーザー・8.ダンビュライトという人気順でした。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
 
 

ファン投票で約63000票を獲得し1位となったサトノダイヤモンド。やはり投票で選ばれただけに人気オッズ1位ももちろんという結果でしょう。過去の実績から見ても実力は間違いないものを兼ね備えていると言えますよね。しかも鞍上はC.ルメール騎手。気になるのはやはり近走の結果であり状態面ではありますがC.ルメール騎手がうまくサトノダイヤモンドをリードする事が出来るのか注目ですね。
 
 

昨年の菊花賞を制しているキセキ。後続にも差をつけ実力の差を見せつけましたが、前走だけを見たら不安の残るレースだったとも言えるでしょう。去年サトノクラウンに騎乗し破竹の勢いだったキタサンブラックに勝利したM.デムーロ騎手が連覇をかけての騎乗ですからね。気合いを入れて獲りに来る事でしょう。
 
 

前走がドバイターフと若干不安視する要素でもありますが、ヴィブロスにとってはそんな事はないのかもしれません。状態は良さそうですしフィジカル・メンタル共に強い競争馬なのかも知れませんね。どっしりとしたヴィブロスですが気が早いような感もあるようなので鞍上の福永騎手の腕の見せ所と言ったところでしょうか。
 
 

今回のダークホースとも言われている中の一頭が4.ミッキーロケット。実力はあるのに勝てない競争馬と言っても過言ではないでしょう。成績だけをみれば去年の天皇賞(秋)以外これと言って悪い順位はありません。馬券に絡んだり漏れたりという微妙なラインを常にうろついている印象だ。軸はなくとも馬券に絡める一頭としては検討してもいいかも知れませんね。
 
 
人気は人気投票の通り3.サトノダイヤモンドが1位
まぁこれは当然の結果といえるでしょうね。
 
今回はM.デムーロ騎手が2連覇をかけて臨みますね
 
今日は一気にレースを見てみるとしましょう
 
 

各馬一斉にスタート!
ややもたついたのは6.アルバートと12.タツゴウゲキ
そしてスタート直後左によれて接触したのは15.ゼーヴィント
その影響でやや遅れたのは16.キセキ
 
各馬一斉に内に寄ります
先頭は11.サイモンラムセス
並ばれてやたら意識して走るのは5.ストロングタイタン
思わず真っすぐ走れとツッコミたくなる画でしたね笑
 
直線を抜けて最初のコーナーを迎えます
第一コーナーでの順番は以下の通り
 
 
11-12-5-14-15-8-4-9-10-2-7-1-13-3-16-6
2018宝塚記念第一コーナーイラスト
 
殿は藤岡騎手騎乗の6.アルバート
1番人気の3.サトノダイヤモンドは後方から3番手
 
続いて第二コーナーの順位は以下の通り
 
 
11-12-5-14-4-8-15-9-2-10-3-1-7-13-16-6
2018宝塚記念第二コーナーイラスト
 
 
テンのハロンのタイムは34.4
去年のレースとの比較-0.8
去年より速いペースとなっています。
 
直線に入ると徐々にペースが上がってるように見えます
前方のどんどん上がっていきます
 
馬群は前方に詰まった状態で第三コーナーへ入ります
各馬横に広がりながらポジションを確保します
 
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
11-12-4-5-8-14-2-9-15-3-1-10-13-7-6-16
2018宝塚記念第三コーナーイラスト
 
 
1番人気の3.サトノダイヤモンドもじわじわとあがり馬群中央
2番人気の16.キセキはこの時点で最後方へ
 
続いて第四コーナー
第四コーナーでの順番は以下の通り
 
 
11-4-3-12-5-14-2-8-9-10-1-15-13-7-6-16
2018宝塚記念第四コーナーイラスト
 
 
3.サトノダイヤモンドは良いポジションで最終コーナーを抜けていきます
先頭は変わらず11サイモンラムセス
しかすすぐさま馬群に沈みます。何がしたいのか良くわかりませんね。
 
直線に入りここから3.サトノダイヤモンドの本領が・・・
と思いましたが残念な事に全く伸びず・・
やはりまだ本調子ではないという話は本当だったようです。
 
外からは13.フーザーが上がってきます
それと同時に中央からは1.ステファノスが上がろうとしますが
前に出る進路がありません
 
その間にコーナー明けすぐさま先頭に立った4.ミッキーロケットが
粘り強く先頭をキープします
 
しかし13.フーザーも物凄い脚を見せて4.ミッキーロケットに迫ります
最後は勢い的にも差し切られるかと思いましたが
最後の最後まで粘り4.ミッキーロケットが先にゴール!
 
無冠の実力馬もついにGⅠの栄光を手に入れました
いつしかのシュヴァルグランを思い出させますね笑
 
上がり3ハロンのタイムは36.3
去年のレースとの比較+0.6
去年よりもやや速いペースとなりました。
 
 
第59回 宝塚記念GⅠ 確定順位は以下の通りです
  
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 4 ミッキーロケット 和田竜二 7
2 13 ワーザー H.ボウマン 10
3 2 ノーブルマーズ 高倉稜 12
4 10 ヴィブロス 福永祐一 3
5 8 ダンビュライト 武豊 5
6 3 サトノダイヤモンド C.ルメール 1
7 1 ステファノス 岩田康誠 11
8 16 キセキ M.デムーロ 2
9 7 パフォーマプロミス 戸崎圭太 4
10 14 スマートレイアー 松山弘平 13
11 5 ストロングタイタン 川田将雅 8
12 9 サトノクラウン 石橋脩 6
13 6 アルバート 藤岡康太 15
14 15 ゼーヴィント 池添謙一 9
15 12 タツゴウゲキ 秋山真一郎 16
16 11 サイモンラムセス 小牧太 14

 

単勝 4 1,310円 7番人気
複勝 4 390円 6番人気
13 550円 10番人気
2 790円 11番人気
枠連 2-7 2,110円 7番人気
馬連 4-13 9,200円 44番人気
ワイド 4-13 3,450円 46番人気
2-4 3,540円 47番人気
2-13 7,160円 69番人気
馬単 4-13 19,630円 87番人気
三連複 2-4-13 93,450円 238番人気
3連単 4-13-2 492,560円 1272番人気

 
 
いやはやまたもや荒れましたか
まぁ今年はメンツ的にも去年より荒れそうな感はありましたけど
まさかここまで荒れてしまうとは笑
 
これは進化論否定の話くらいの荒れようですね
 
こんなかすりもしないレースの話はもうやめやめ
切り替えて次のレースに頑張ろう
 
それじゃ進化論の話でもじっくり見るかな笑
 
ヾ(*T▽T*)

 

 
 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事