結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2018 第23回秋華賞GⅠ結果考察

2018 第23回秋華賞GⅠ
京都競馬場 2,000m 芝・右
2018年10月14日
 
秋華賞
 
本日は雑談は特になしです!
何故かって?
それはもう今日は大記録の掛かっている秋華賞
もう楽しみで楽しみで仕方がないからです笑
 
皆さんもご存知の通り今日の秋華賞
アーモンドアイが勝利した日には
牝馬三冠という大記録がうちたてられます
 
そして皆さんはその大記録に立ち会えるのです
これはもうテンションもあがるでしょう!
 
ジェンティルドンナ以来ですよ~
という事で楽しみな牝馬三冠
ライバルとなる出走馬を見ていきましょうか
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 ラテュロス 秋山真一郎 13
2 カンタービレ 武豊 3
(出走取消) スカーレットカラー 岩田康誠
4 ランドネ 戸崎圭太 8
5 サラキア 池添謙一 5
6 パイオニアバイオ 柴田善臣 9
7 ラッキーライラック 北村友一 2
8 トーセンブレス 藤岡佑介 11
9 サトノガーネット 浜中俊 15
10 オールフォーラヴ 幸英明 12
11 アーモンドアイ C.ルメール 1
12 オスカールビー 川須栄彦 14
13 ミッキーチャーム 川田将雅 4
14 ゴージャスランチ 横山典弘 10
15 ハーレムライン 大野拓弥 17
16 プリモシーン 北村宏司 7
17 サヤカチャン 高倉稜 16
18 ダンサール M.デムーロ 6

 
 
フルゲートと思いきや3.スカーレットカラーが出走取消となりましたね
1頭減りましたがまだまだ良い走りをする競争馬は残っています
17頭に打ち勝ち大記録を作れるのか!?
 
いやぁ楽しみです
それでは人気馬を見ていくとしましょう
  
 

1番人気は11.アーモンドアイでした。新馬戦のみ2着という結果ですがその他は4戦4連勝という結果を出してきている11.アーモンドアイ。さらに内訳はGⅢひとつにGⅠがふたつ。そして今回勝利するとGⅠを3連勝と今一番勢いのある牝馬。それだけに今回の人気も単勝1.3倍と大人気。人気実力共に今回の優勝候補No.1でしょう。
 
 

2番人気が7.ラッキーライラックでした。こちらも6戦全てが複勝圏内と実力間違いなしの有力馬です。昨年末には阪神ジュベナイルFも制していますし今年は桜花賞で2着、優駿牝馬で3着ととにかく結果をとこしてきています。実力から見てもこの人気は妥当な線と言えるでしょう。
 
 

3番人気が2.カンタービレでした。成績は悪くはありませんが前々走の優駿牝馬では13着と惨敗しています。ただ前走は5番人気ながらもローズSを勝利していますので走り次第では十分期待が出来るのではないでしょうか。また鞍上も武豊騎手という事もありますし相乗効果の人気となっている事でしょう。
 
 
4番人気以降は5.サラキア・13.ミッキーチャーム・16.プリモシーンという人気順でした。
  
 

人気実力共に文句のつけようがない11.アーモンドアイ。さらには牝馬三冠のかかるレースなだけにファンの注目度も高い。ジェンティルドンナに続く牝馬の記録には間違いなく近い1頭でしょう。調子も悪くはなく末脚に関しても十分なポテンシャルをもっているのでまず高確率で勝利するのではないでしょうか。
 
 

前走、前々走とアーモンドアイに負けているラッキーライラック。今回打倒アーモンドアイを掲げていますが果たして達成する事が出来るのでしょうか。優駿牝馬も桜花賞も僅差とは言えない差を見せつけられただけに簡単ではないと言えるでしょう。さらに一つ気になるのは今回は今まで騎乗してきた石橋騎手ではなく初めての乗り替わりで北村騎手が騎乗するという点ですね。
 
 

前走でローズステークスを勝利しているカンタービレ。前々走の惨敗があったものの前走ではいい走りを見せただけに期待度はあると言っていいと思います。今回も乗り替わりですがすでにこのカンタービレは4人の騎手を乗せていますしそこまで影響は出ないのかも知れません。さらに鞍上は武豊騎手、今までに秋華賞を三度制覇している騎手なだけに十分可能性を感じさせる1頭ですね。
 
 

3歳未勝利を3度経験している13.ミッキーチャーム。成長が早く速くないと言われていましたがそんなミッキーチャームも現在3連勝中。重賞こそ勝利も走ってもいないですが近3走では全て圧勝している為、何か可能性を感じさせるものはあるかも知れません。穴馬としての選択は十分にありと思える1頭。
 
 
やはり誰もがアーモンドアイの強さを認めていて
そしてアーモンドアイの大記録を期待しているのが伝わってくる結果ですね
 
今回はどう足掻いても11.アーモンドアイの軸は揺るがないと言っていいでしょう
あとはルメール騎手がいつも通りの騎乗を見せてくれれば
これはもう堅いでしょうね!
 
実力的に見たら他の競争馬も結構はっきりとしていますし
荒れる展開はないような気もしますね
 
さてそれではレースを見ていくとしますか
  
 

各馬一斉にスタート!
ややバラけたスタートとなりました第23回秋華賞
勢い良くスタートしたのは戸崎騎手騎乗の4.ランドネ
 
さらに前に出ていくのは13.ミッキーチャーム
その後ろには12.オスカールビーが続きます
1版人気の11.アーモンドアイは馬群中団やや後方につけています
 
殿は9.サトノガーネット
 
直線を抜けすぐさま第一コーナーに入ります。
第一コーナーの順位は下記の通り
 
 
13-12-4-15-17-1-7-5-10-14-2-11-6-18-16-8-9
2018秋華賞第一コーナーイラスト
 
 
2番人気の7.ラッキーライラックは7番手
3番人気の2.カンタービレは11番手にいます
 
そして第二コーナーへと入ります。
第二コーナー突入時の順位は下記の通り
  
 
13-12-4-15-17-1-7-14-5-10-11-2-6-18-16-8-9
2018秋華賞第二コーナーイラスト
 
 
テンのハロンのタイムは35.7
去年のレースとの比較+0.1
去年とほぼほぼ同タイムとなっています
 
第二コーナーを抜けた直線ではまだ動きはありません
半分を過ぎた辺りで先頭集団がペースをあげて動きだします
 
それに合わせるように後続馬も続いていきます
そして前後が詰まり出しながら第三コーナーへ
 
第三コーナー突入時の順位は下記の通り
 
 
13-12-4-15-1-17-5-7-10-14-8-11-2-18-9-6-16
2018秋華賞第三コーナーイラスト
 
 
そして最終コーナーここで1番人気の11.アーモンドアイが早くも仕掛けます
大外から一気に加速していき最後の直線に移ります
第四コーナー突入時の順位は下記の通り
 
 
13-4-12-15-1-5-7-8-17-10-14-9-2-11-6-16-18
2018秋華賞第四コーナーイラスト
 
 
先頭は川田騎手騎乗の13.ミッキーチャーム
続くのは4.ランドネ
 
最終コーナーを立ち上がっていくと13.ミッキーチャームは加速
そして200mを切ると外からは11.アーモンドアイが追走してきます
物凄い末脚でぐんぐん前に上がっていきます
 
そして残り100mくらいを過ぎると並び一気に抜き去ります
あまりの脚に全てのファンが他の馬には目もくれなかったでしょう
 
そして最後はそのままゴール
1馬身以上の差をつける末脚を見せ勝利しました!
 
そしてこれで11.アーモンドアイは牝馬三冠を達成
ジェンティルドンナ以来の大記録をうちたてました!
 
上がり3ハロンのタイムは35.2
去年のレースとの比較-1.8
アーモンドアイは33.6と凄い上がりタイムとなりました
 
 
第23回 秋華賞GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 11 アーモンドアイ C.ルメール 1
2 13 ミッキーチャーム 川田将雅 5
3 2 カンタービレ 武豊 3
4 5 サラキア 池添謙一 4
5 1 ラテュロス 秋山真一郎 13
6 4 ランドネ 戸崎圭太 8
7 16 プリモシーン 北村宏司 6
8 14 ゴージャスランチ 横山典弘 10
9 7 ラッキーライラック 北村友一 2
10 9 サトノガーネット 浜中俊 15
11 8 トーセンブレス 藤岡佑介 11
12 6 パイオニアバイオ 柴田善臣 9
13 18 ダンサール M.デムーロ 7
14 10 オールフォーラヴ 幸英明 12
15 15 ハーレムライン 大野拓弥 17
16 12 オスカールビー 川須栄彦 14
17 17 サヤカチャン 高倉稜 16
(出走取消) 3 スカーレットカラー 岩田康誠

 

単勝 11 130円 1番人気
複勝 11 110円 1番人気
13 280円 5番人気
2 220円 4番人気
枠連 6-7 710円 5番人気
馬連 11-13 880円 4番人気
ワイド 11-13 420円 4番人気
2-11 340円 3番人気
2-13 1,500円 14番人気
馬単 11-13 1,000円 4番人気
3連複 2-11-13 2,360円 6番人気
3連単 11-13-2 5,600円 13番人気
返還 返還馬番 3番/返還同枠 2枠

 
 
来た!
来ました!
牝馬三冠という大記録!
 
そして皆さんそれに立ち会えましたね~笑
いやぁ今回は馬券なんて半分どうでもよかったですけど
大記録&馬券も取れて凄く良い日となりました
 
そしてこれからのアーモンドアイの活躍の楽しいも増えましたねー
どこまで様々な記録を作れるのか期待です
 
ラッキーライラックも一時は期待の競争馬でしたが
何だかボロボロですね
決して弱い馬ではないのですけど
 
あとは遅咲きミッキーチャーム笑
まさか来るとは思っていなかったですけど
保険で仕込んでおいてよかったです
 
ミッキーチャームも今後化ける可能性はありますよね
 
さぁさぁ皆さんはどうでしたかね
次の大記録を期待してまた競馬をしていきましょう
  
( ・ㅂ・)و

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事