結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2018 第78回皐月賞GⅠ結果考察


中山競馬場 2000m 芝・右
2018年4月15日
 
やって参りました
 
クラシック第一戦皐月賞です!
 
先週は桜花賞と牝馬のレースが終わりましたが
今週は牡馬のレースとなりました
 
ここから芽吹く若き蕾があるか楽しみですね
大きな記録を作るような競争馬の出現を待ちわびてますよ
 
読者の皆さんもそうでしょう?
え?馬券で稼ぐ事?
全く、そんな物欲センサー全開だから勝てないんですよ笑
 
まずは競馬を楽しみ競争馬を楽しまなくては
そしたら自ずと勝てるようになります!
なんて事はありませんが笑
負けても多少気にならなくはなります!
 
どうでもいい話はこのくらいにしておいて
肝心の出走馬から見ていこうじゃありませんか
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 タイムフライヤー 内田博幸 6
2 ワグネリアン 福永祐一 1
3 ジャンダルム 武豊 4
4 スリーヘリオス 柴田善臣 16
5 キタノコマンドール M.デムーロ 3
6 アイトーン 国分恭介 12
7 エポカドーロ 戸崎圭太 7
8 ケイティクレバー 浜中俊 11
9 オウケンムーン 北村宏司 5
10 ジェネラーレウーノ 田辺裕信 8
11 マイネルファンロン 柴田大知 13
12 グレイル 岩田康誠 10
13 ダブルシャープ 和田竜二 14
14 サンリヴァル 藤岡佑介 9
15 ステルヴィオ C.ルメール 2
16 ジュンヴァルロ 大野拓弥 15

 
 
16頭の若き力が揃いぶみ
去年の皐月賞が微妙だったのもあり今回は期待していましたが
今回も顔となるような競争馬がいませんね
ダノンプレミアムが出走出来ていればな~(ボソ
 
とは言え若き力
この中には今回のレースで凄い実力を開花させるものもいるかも知れませんからね。
見守りながら楽しんでいくとしましょう。
 
というわけでまずは人気馬から確認していきましょうか。
 
 

1番人気は単勝オッズ3.5倍でディープ産駒のワグネリアン。現在4戦3勝で前走の弥生賞では惜しくも2着。1着のダノンプレミアムには1馬身以上の差をつけられたものの上がりタイムでは最速をマークしていました。実力については申し分なしですし人気が出るのは当然といったところでしょうか。
 
 

続く単勝オッズ3.7倍で2番人気だったのがステルヴィオでした。5戦3勝で2着が2度という成績。前々走の朝日杯FSでは乗り替わりもあり2着、C.ルメール騎手だったら結果はどうだったのかと言うのは気になるところではありますがどちらにしても実力はある競走馬ではあるでしょう。前走のスプリングステークスでも実力を発揮し見事勝利していますので今回も期待は出来そうですね。
 
 

そして単勝オッズ6.3倍で3番人気だったのが北野武さんが命名した事でも有名なキタノコマンドールでしたね。2戦2勝という成績で末脚もあるのか?というところではありますがまだ未知数であるというのが率直な感想ですね。今回3戦目にして鞍上には3人目のM.デムーロ騎手となります。新しい一面を発揮する事が出来るのか注目したいところですね。
 
 
4番人気以降は3.ジャンダルム・9.オウケンムーン・7.エポカドーロと続きました。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
  
 

輸送についてはやや不安有り?という印象もなくはないワグネリアン。1枠2番と枠順に関しては申し分なしの土俵で最大限に実力を発揮できるかがレースの鍵を握るのかも知れませんね。ここで確実にGⅠを一つ制する事で今後の注目もかなり変わる事になるでしょう。
 
 

8枠15番でのスタートとなる2番人気のステルヴィオ。微妙な天候が吉となるのか凶となるのか今現在では何とも言えないですが、鞍上にはC.ルメール騎手ですし安定感は申し分ないでしょう。サウジアラビアRCと朝日杯FSではダノンプレミアムに敗れましたが今回そのライバルは不在。勝利への材料は揃っているともいえるでしょう。ディープ産駒を押しのけてロードカナロア産駒が勝利をもぎ取るのか注目です。ただ2000m以上は今回が初となります。
 
 

とくかく色々と未知数なのがキタノコマンドール。今回GⅠチャレンジは3戦目ですし阪神での2戦しかしていないのでもちろん長距離となる輸送も初めての事。何がどのように影響するのかが全く読めません。期待と不安が入り混じる感じではありますが鞍上にはM.デムーロ騎手。不安要素をカバーする騎乗を見せてくれるかも知れません。期待を取るか、不安を重視するかで意見が分かれそうではありますね。
 
 

今回唯一のオルフェーブル産駒となるエポカロード。クラシック三冠を成し遂げたオルフェーブルに続きクラシック一つ目の皐月賞に挑みます。4戦2勝で一応全レース複勝圏内という成績。前走でのスプリングステークスではステルヴィオにハナ差で敗れましたがポテンシャルは上々。まだそれ程目立つところもありませんが皐月賞を機にオルフェーブルと同じレールを走る事が出来るのか注目ですね。
 
 
やはりまずは成績重視というところが垣間見えるでしょうかね。
もちろん過去レース内容も踏まえての事だとは思いますが。
 
それにしてもやはり今回一番の注目は
ダノンプレミアムの回避でしょうね。
 
朝日杯を制し全勝で弥生賞も制覇
条件から言っても今回の皐月賞では大本命馬と言えた注目馬でしたからね
 
怪我の具合は悪くはなくダービーに向けて調整中との事ですが
クラシック三冠の期待もあった競争馬なだけに残念
見たかったですよねーストレートで勝ち進む姿を・・
オルフェーブル以来現れていませんからね。
 
そして今回意外にも人気が伸びなかったのが
1.タイムフライヤー
全レース連対、5戦3勝している実力馬で
昨年にはホープフルSを制覇
 
その後放牧からの復帰戦となった若葉Sでは
1番人気ながらも8番人気のアイトーンに大差をつけられ大敗
上がりタイムこそ最速を叩き出しましたがいまいちな結果
やはりこの辺が今回も響いているのかも知れませんね
 
とは言えダノンプレミアムが不在の今回唯一のGⅠ勝利馬
前走が微妙であっても斬り捨てるには少し早計な気もしますね
 
それではレース展開をみていくとしましょうか
 
 

各馬一斉にスタート!
 
やや出遅れたのは3.ジャンダルムと12.グレイル
逆に好スタートを切ったのは10.ジェネラーレウーノ
外からは14.サンリヴァルが前に出ます
殿は9.オウケンムーン
 
短い直線から早くも第一コーナーへと向かいます。
第一コーナーでの順位は以下の通り
 
 
6-10-16-7-8-14-11-4-1-13-3-2-5-9-15-12
2018皐月賞第一コーナーイラスト
 
 
先頭集団は6.アイトーン・10.ジェネラーレウーノ・16.ジュンヴァルロ
1番人気の福永騎手騎乗2.ワグネリアンは後方から5番手で突入します。
2番人気のC.ルメール騎手騎乗15.ステルヴィオは殿から2番手
 
続けて第二コーナー
第ニコーナーでの順位は以下の通り
 
 
6-10-16-7-8-14-11-4-1-13-9-3-2-12-15-5
2018皐月賞第二コーナーイラスト
 
 
第二コーナーを馬群は逃げ先行と後続集団で完全に二つに分かれます
 
テンのハロンのタイムは35.5
去年のレースとの比較+0.4
去年よりやや遅いペース
 
直線では先頭集団の3頭が大きく引き離す形
後続集団の頭では7.エポカドーロが自分のペースを守り追走しています。
その後ろには14.サンリヴァルと8.ケイティクレバー
 
直線後半では差も徐々に詰まっていいます。
そして迎える第三コーナーでの順位は以下の通り
 
 
6-10-16-7-8-14-11-1-13-4-9-3-2-12-15-5
皐月賞第三コーナーイラスト
 
 
さらに差が詰まる中続く第四コーナー
第四コーナーでの順位は以下の通り
 
 
6-10-16-7-8-14-9-1-13-11-3-2-12-15-5-4
2018皐月賞第四コーナーイラスト
 
 
直線に入ると三番手につけていた16.ジュンヴァルロは馬群に沈みます
先頭を引っ張っていた6.アイトーンは食い下がりますがそれが精いっぱいと言う感じ
そんな中2番手にいた10.ジェネラーレウーノは多少脚を見せ前に出ます
 
しかしそこに先頭集団を落ち着いた位置から虎視眈々と狙っていた一頭
戸崎騎手騎乗7.エポカドーロが中央から駆け上がります
残り200mを過ぎるとスルッと抜き去りそのまま後続を引き離しフィニッシュ
14.サンリヴァルも伸びを見せ追いましたが届かず
 
上がり3ハロンのタイムは37.3
去年のレースとの比較+2.9
中盤での逃げで後半はこういうタイムとなりました
 
 
第78回 皐月賞GⅠ 確定順位は以下の通りです
  
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 7 エポカドーロ 戸崎圭太 7
2 14 サンリヴァル 藤岡佑介 9
3 10 ジェネラーレウーノ 田辺裕信 8
4 15 ステルヴィオ C.ルメール 2
5 5 キタノコマンドール M.デムーロ 3
6 12 グレイル 岩田康誠 10
7 2 ワグネリアン 福永祐一 1
8 6 アイトーン 国分恭介 12
9 3 ジャンダルム 武豊 4
10 1 タイムフライヤー 内田博幸 6
11 8 ケイティクレバー 浜中俊 11
12 9 オウケンムーン 北村宏司 5
13 11 マイネルファンロン 柴田大知 13
14 13 ダブルシャープ 和田竜二 14
15 16 ジュンヴァルロ 大野拓弥 15
16 4 スリーヘリオス 柴田善臣 16

 

単勝 7 1,450円 7番人気
複勝 7 430円 7番人気
14 580円 9番人気
10 530円 8番人気
枠連 4-7 9,520円 28番人気
馬連 7-14 12,880円 38番人気
ワイド 7-14 3,250円 37番人気
7-10 3,010円 33番人気
10-14 4,290円 43番人気
馬単 7-14 23,570円 75番人気
3連複 7-10-14 53,410円 134番人気
3連単 7-14-10 372,080円 821番人気

 
 
なんとなんと
 
去年に引き続き今年も荒れ展開
6番人気までが馬券に絡まないという結果
エポカロードを買う人はまだわかるが他2頭を絡ませるのは
なかなかハードルが高いですね
 
実際ダノンプレミアムが出走していたらどうなっていましたかねぇ
圧勝で勝利していたとなると残念で仕方がないですよね~
それだけ期待度の高い競争馬なだけに・・・
 
とりあえずダノンプレミアムについては
復帰して参戦となるであろうダービーで待つとしますか
その時には他の競争馬達も成長していて
物凄いレベルの高いレースを展開するかも知れませんね
 
とりあえず今日はそんな事を楽しみながら
負けた事は忘れましょう
 
ヽ(`Д´#)ノ ムキー

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事