結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2018 第78回桜花賞GⅠ結果考察

2018 第78回桜花賞GⅠ
阪神競馬場 1600m 芝・右 外
2018年4月8日
 
エリートヤンキー三郎という漫画をご存知でしょうか?
 
ヤンキーとは名ばかりのギャグ漫画です笑
県内屈指の不良校の話なのですが
県内屈指のギャグ校の話と言っても過言ではないですね
 
一番最初に読んだのは何となく立ち寄った本屋さん
何か変わった面白いものはないかと色々見ていた時に遭遇笑
特にどんなものかも見ずに表紙とタイトルのみで買いました
 
まず驚愕したのは全然まともなヤンキー漫画じゃないって事
まぁー完全にギャグ漫画で期待を裏切られたのに
引き込まれてしまいました。
 
そしてその日のうちにあるだけの続編分を購入笑
それくらいくだらないのにハマる漫画です
確か実写化もされてたと思いますので気になった方は是非見てみて下さい
 
そして気になると言えば
いや
気になるどころでは済まないのが今日の桜花賞ですね
 
早速出走馬を見ていきましょうよ
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ラッキーライラック 石橋脩 1
2 アマルフィコースト(出走取消) 浜中俊
3 リバティハイツ 北村友一 11
4 アンコールプリュ 藤岡康太 9
5 レッドサクヤ 松山弘平 12
6 スカーレットカラー 岩田康誠 15
7 トーセンブレス 柴田善臣 8
8 ハーレムライン 大野拓弥 13
9 リリーノーブル 川田将雅 3
10 アンヴァル 藤岡佑介 14
11 コーディエライト 和田竜二 17
12 デルニエオール 池添謙一 10
13 アーモンドアイ C.ルメール 2
14 レッドレグナント M.デムーロ 6
15 プリモシーン 戸崎圭太 7
16 フィニフティ 福永祐一 5
17 マウレア 武豊 4
18 ツヅミモン 秋山真一郎 16

 
 
18頭のフルゲートですね
今年はこれからが期待できそうな牝馬は何頭もいますよね
今後どの競争馬が本物の女王として君臨していくのか
物凄く楽しみですね
 
エリートヤンキー三郎で言うならば
 
おとなしいがキレたら最強の主人公三郎か
それとも悪知恵なら最強の河井星矢
はたまた筋肉バカの石井武か(いやただの変態か
 
楽しみですね~笑
 
 

単勝オッズ1.8倍で1番人気となったのは1.ラッキーライラック。オルフェーブル産駒の期待の星が桜花賞に臨みます。現在4戦全勝。昨年末には阪神JFも制していますからね、人気馬となる事間違いなしですね。全勝なだけに今後も期待して応援したくなりますよね。早くもGⅠ二冠となるのか楽しみです。
 
 

続いて単勝オッズ4.2倍で3.9番人気だったのがアーモンドアイでした。3戦2勝で新馬戦のみ2着という成績。こちらもデビューから人気の高い1頭ですね。前走のシンザン記念では乗り替わりがあったものの見事勝利しています。11頭中唯一の上がり34秒台でもあり実力の方も申し分はなし。今回はふたたびC.ルメール騎手での出走という事で目を離せない1頭でしょう。
 
 

そして3番人気が単勝オッズ7.4倍のリリーノーブルでした。4戦2勝で前々走の阪神JFでは惜しくも2着という結果。前走のチューリップ賞は3着でどちらも今回1番人気のラッキーライラックに敗れています。しかし圧倒的な実力差があるわけでもないのでこちらも期待は出来る実力と言えるでしょう。鞍上の川田騎手がどのような騎乗を見せるのかも注目ですね。
 
 
4番人気以降は17.マウレア・16.フィニフティ・15.プリモシーンと続きました。
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
 
 
 

全戦全勝で臨んだ今回の桜花賞となるラッキーライラック、何と言っても前走で見せた末脚と落ち着いた走り。実力は成績を見ても明らかな有力馬と言えるでしょう。戦歴としては去年の1番人気ソウルスターリングとほぼ同じ。去年の桜花賞ではソウルスターリングは3着という結果になりましたが、今回ラッキーライラックが違いを見せつけられるのかとても楽しみですね。果たして女王として君臨し続ける事が出来るのか。
 
 

こちらも末脚には定評のあるアーモンドアイ。やはり前走のインパクトは強かったと言えると思います。そしてもう一つの注目は鞍上のC.ルメール騎手でしょう。桜花賞の近走を振り返れば近2開催で1番人気ながらも勝利を逃しています。しかし今回違うのは1番人気ではないというところ。前回、前々回を払拭する結果を出す事が出来るのか否か、トップ争いをしてくれるに違いないでしょう。
 
 

前走は約2馬身、前々走は約1馬身の差をラッキーライラックにつけらているリリーノーブル。実力的にはやや劣るのかも知れないですがそれでも絶対に勝てないという程の差はないと思います。5枠9番の中央からのスタートなりますが三度同じ相手に負けてしまうのか、それとも負かす事が出来るのか近年の桜花賞でいえば何が起こるかはわかりませんからね。リリーノーブル推しのファンは強気に行ってもいいかも知れませんね。
 
 

4戦中勝利しているのは新馬戦のみ。とはいえ昨年末の阪神JFでは4着、前走のフラワーカップでは2着と可能性がないわけではない。ただ若干光るものが他の注目馬に比べたら少ないと言った印象かも知れないですね。鞍上は今回で三度目の柴田騎手となっています。
 
 
やはりGⅠ馬であり全勝している1.ラッキーライラックが一番注目というところですね
まぁここは初心者から玄人まで間違いなく有力と見る事でしょう
 
そしてルメール騎手の騎乗するアーモンドアイ
ルメール騎手なだけに勝ちそうな気もしますけど
やはり皆さんは去年・一昨年の記憶を拭えないですよね笑
それでもやってくれそうな期待感と不安感の交錯・・・
 
もはやルメール騎手は
一郎・次郎並みのチート感(安定感)がありますよね
 
さすがに河井みたいな騎手はいないと信じたい笑
とまぁ冗談はさておき
 
早速レース展開の方を見ていくとしましょうか
 
 

各馬一斉にスタート!
 
15.プリモシーンがやや出遅れ
その他は横一線でのスタートとなりました
 
序盤の直線で激しいポジション争い
1.ラッキーライラックが先頭にたつとすぐさま外から追い抜かれます
 
先頭には和田騎手騎乗の11.コーディエライト
続くのは18.ツヅミモンと10.アンヴェルが続きます。
各馬付いていこうと馬群はまとまっています。
 
ここで第三コーナーへと入ります。
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
11-18-1-10-5-3-8-9-14-4-6-17-7-16-15-13-12
2018桜花賞第三コーナーイラスト
 
 
テンのハロンのタイムは34.5
去年のレースとの比較-0.2
去年よりも若干速いペースとなっています。
 
1番人気の1.ラッキーライラックは3番手
2番人気の13.アーモンドアイは殿から2番手
3番人気の8.リリーノーブルは馬群中団といった展開
 
馬群はさらに塊となりそのまま最終第四コーナーへ
第四コーナーでの順番は以下の通り
 
 
11-18-1-10-5-3-8-9-4-6-14-17-15-7-16-13-12
2018桜花賞第四コーナーイラスト
 
 
直線に入ると先頭で引っ張っていた11.コーディエライトは一気に馬群に沈みます
2番手につけていた18.ツヅミモンが先頭に変わりますが
ここでついに1番人気1.ラッキーライラックがかわし先頭に立ちます
 
他の競争馬はあまり目立った動きがない中
ひと際目をひく一頭が!
 
最後方より大外からあがる橙色の帽子
そうです、C.ルメール騎手騎乗の13.アーモンドアイです
大外から物凄い加速の末脚を見せます
 
残り100mくらいでは先頭の1.ラッキーライラックを難なくかわし先頭へ
さらに加速し引き離しそのままゴール
上がりタイムは33秒前半という驚異の脚をみせた13.アーモンドアイ
そして2年連続苦い思いをしたC.ルメール騎手のコンビが制しました
 
上がり3ハロンのタイムは34.4
去年のレースとの比較-1.8
去年よりも2秒も速いタイムとなりました
 
 
第78回 桜花賞GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 13 アーモンドアイ C.ルメール 2
2 1 ラッキーライラック 石橋脩 1
3 9 リリーノーブル 川田将雅 3
4 7 トーセンブレス 柴田善臣 8
5 17 マウレア 武豊 4
6 3 リバティハイツ 北村友一 10
7 5 レッドサクヤ 松山弘平 12
8 6 スカーレットカラー 岩田康誠 15
9 18 ツヅミモン 秋山真一郎 16
10 15 プリモシーン 戸崎圭太 6
11 4 アンコールプリュ 藤岡康太 9
12 16 フィニフティ 福永祐一 5
13 12 デルニエオール 池添謙一 13
14 8 ハーレムライン 大野拓弥 11
15 14 レッドレグナント M.デムーロ 7
16 11 コーディエライト 和田竜二 17
17 10 アンヴァル 藤岡佑介 14
2 アマルフィコースト(出走取消) 浜中俊

 

単勝 13 390円 2番人気
複勝 13 140円 2番人気
1 110円 1番人気
9 140円 3番人気
枠連 1-7 380円 1番人気
馬連 1-13 480円 1番人気
ワイド 1-13 230円 1番人気
9-13 430円 4番人気
1-9 230円 2番人気
馬単 13-1 990円 3番人気
3連複 1-9-13 830円 1番人気
3連単 13-1-9 3,780円 4番人気
返還 返還馬番 2番/返還同枠 1枠

 
 
いやーやりましたねルメール騎手
三度目の正直を見せつけましたね
勝てる自信はあると言っていただけに凄いです。
 
逆にラッキーライラックは残念ですねぇ
全勝馬でこれから大きな記録を作ってくれないかなと期待もしていただけに
今回の負けは違う意味で残念ですね
 
それにしてもアーモンドアイの末脚には驚かされますね。
元々定評はあったもののあそこまでとは
しかも注目すべきは一切鞭を入れてないという点
さらには上がりタイム2番手の7.トーセンブレスとでも1秒差
これからも楽しみとなる一頭ですね
 
本物の女王となるのはアーモンドアイなのかな
 
あ、そうだ
皆さん河井星矢みたいな人間がいたら気をつけて下さいね笑
(*゚▽゚)ノ

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事