結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2018 第38回ジャパンカップGⅠ結果考察

2018 第38回ジャパンカップGⅠ
東京競馬場 2400m 芝・左
2018年11月18日
 
ジャパンカップ
 
さぁやってまいりました!
日本の最高峰と言っても過言ではないジャパンカップ
 
まだGⅠ戦線は続きますがGⅠの中でも年末有馬の前の大一番ですね
今年のGⅠ戦線は惜しいもの尽くしでまともに当たったのが少ない・・・
あとひと月ほどしかないと言うのに笑
 
この辺りで完全に回収したいところです。
 
皆さんはどんな感じの収支で来ていますかね
ダメダメだという人はそろそろエンジンをかけないとまずいですよ笑
 
という事で早速出走馬の方を見ていきましょうか!
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 アーモンドアイ C.ルメール 1
2 ハッピーグリン 服部茂史 14
3 サトノダイヤモンド J.モレイラ 3
4 サトノクラウン W.ビュイック 10
5 ミッキースワロー 横山典弘 8
6 サンダリングブルー F.ベリー 7
7 サウンズオブアース 田辺裕信 13.
8 キセキ 川田将雅 4
9 シュヴァルグラン C.デムーロ 5
10 ガンコ 蛯名正義 11
11 スワーヴリチャード M.デムーロ 2
12 カプリ R.ムーア 6
13 ノーブルマーズ 高倉稜 12
14 ウインテンダネス 内田博幸 9

 
 
去年は17頭でしたが今年は14頭です。
GⅠの出走数が少ないレースが今年は多かったような気がするのですが
そんな事ないんですかね、印象に残ってるだけなのか・・・
それにしても凄い!
 
なかなか良い顔ぶれとなっていますね
これはどの競争馬が勝ってもおかしくはないですが
いや、勝つのはアーモンドアイ一択か笑
 
 

単勝1番人気はなんと1.5倍というオッズで1.アーモンドアイです。とは言えそれもそのはず、アーモンドアイは現在5連勝中で過去の成績は新馬の2着以外すべて勝利です。そして驚くべきはその内訳!2勝目がGⅢでそこから怒涛のGⅠを3連勝という快挙ですからね。このオッズも納得のオッズというところでしょうね。
 
 

そして2番人気は6.9倍で11.スワーヴリチャード。先月となる前走の天皇賞秋では1番人気という結果でしたがあまり好走出来なかったスワーヴリチャード。今回は前走の汚名返上といけるのか見物ではありますが成績は悪くないですしやはり実力のある馬ですからね。人気が下がるという事はないのでしょう、
 
 

3番人気となったのは3.サトノダイヤモンド。ここ最近パッとした感じではなかったサトノダイヤモンドですが前走の京都大賞典では完全復活。目だった成績はなかった時でもずっと人気だけはありましたからね。実力だけではなく純粋な人気としても人を魅了しているのでしょう。
 
 
4番人気以降は8.キセキ・9.シュヴァルグラン・12.カプリという人気順でした。
 
 

今回最注目はやはりアーモンドアイでしょう。現在GⅠ3連勝中で牝馬三冠という偉業を成し遂げていますし圧倒的な強さを示してきています。そして今回1枠1番というNo1と言わんばかり。過去にジェンティルドンナがジャパンカップを制していますがジェンティルドンナと同じような存在に、いやそれ以上の存在への期待感もありますね。強さで言えば文句なしの軸候補でしょう。
 
 

実力的には申し分なしのスワーヴリチャードですが前走の天皇賞秋ではまさかの10着。1番人気のレイデオロに大差をつけられての敗北となってしまいました。この結果をどうとらえるかが難しいところではありますが今回のジャパンカップの顔ぶれの中で勝ち切れるのかどうかは少し疑問符がある気がします。しかしいい走りをすれば可能性は大いにあるでしょう。
 
 

完全に最近は成績不調という感じだったサトノダイヤモンドですが前走の京都大賞典では得意のコースとは言え7戦ぶりに勝利した。ここで完全復活という感じであればもちろん捨てるには至らないのだが少し物足りない気もする。これがまた単勝オッズもそれなりになら保険で買いもありですが3番人気という順位で買いかと言われるとオッズの面でも悩むところではある。
 
 

先日の天皇賞秋で3着に食い込んだキセキ、6番人気でちょっと厳しいかとも思いましたがまさかの好走を見せてくれました。 同じ東京のコースという事を考えたら可能性はなくはないですが今回も天皇賞同様に難しいポジションにいるとも言える。鞍上の川田騎手に代わってから2戦馬券には絡んでいる事から3度目もあるのか注目ですね。
 
 
今回の見どころはなんと言ってもアーモンドアイでしょう。
あのジェンティルドンナが通ったジャパンカップという道を
アーモンドアイも通る事が出来るのか!?

そしてさらにはGⅠ4連勝という偉業も達成できるのか!?
既に牝馬の女王として君臨しているがどこまで記録を伸ばせるか
競馬ファンにとっては馬券を獲る事も重要だが
こういう記録、名馬の誕生も楽しみのひとつですからね

いやぁわくわくですね
それでは早速どのようなレースとなったのか見ていきましょうか。
 
 

各馬一斉にスタート!
比較的綺麗なスタートとなりました
スタート直後の直線では早くも縦に長くなります
いち早く先頭に抜けて出たのは8.キセキ
 
その後ろには13.ノーブルマーズに1.アーモンドアイ
殿は6.サンダリングブルーとなりました
 
そして迎える第一コーナー
第一コーナーでの順位はこちら
 
 
8-13-1-10-11-14-2-9-3-7-4-12-5-6
2018ジャパンカップ第一コーナーイラスト
 
 
1番人気の1.アーモンドアイは3番手
2番人気の11.スワーヴリチャードは5番手
3番人気の3.サトノダイヤモンドは馬群中団やや後方につけています
 
続く第二コーナーはややゆったり通過していきます
第二コーナーでの順位はこちら
 
 
8-1-13-10-11-14-2-9-3-7-4-12-5-6
2018ジャパンカップ第二コーナーイラスト
 
 
ここで1番人気の1.アーモンドアイが一つ前に
2番手となって展開していきます
 
テンのハロンのタイムは35.9
去年のレースとの比較-0.4
去年よりもやや速いペースとなっています。
 
直線に入ると先頭にいる8.キセキは大きくは逃げませんが
少しペースをあげていきます。
そして第三コーナーを迎えます。
 
第三コーナーでの順位はこちら
 
 
8-1-13-11-10-14-9-2-3-7-4-12-5-6
2018ジャパンカップ第三コーナーイラスト
 
 
若干馬群はここでやや伸びますが
第四コーナーが近づくにつれて縮まります
この少し詰めるというのが体力的にどう影響するか
そして迎える最終第四コーナー
 
第四コーナーでの順位はこちら
 
 
8-1-13-11-10-14-9-3-7-2-4-12-5-6
2018ジャパンカップ第四コーナーイラスト
 
 
そしていよいよ最終局面の直線です
先頭にいた8.キセキはここでまだ余力があるのか加速します
残り400mで後続との差もそれほどありませんし
どの競争馬がまくってもおかしくありません。
 
そしてそんな中残り200mで動いたのはやはりこの馬
そう!アーモンドアイです
8.キセキに並んだかと思いきやそのままかわして一気に前に
 
後続と言えるのは最後のかわした8.キセキのみ
その他は完全に置き去りにして勝利
そしてこの瞬間にGⅠ4連勝と偉業達成!
 
去年はキタサンブラックは敗れるという波乱がありましたが
今年はジェンティルドンナ以来の牝馬の勝ち馬という
嬉しい意味での波乱の展開!
 
上がり3ハロンのタイムは34.4
去年のレースとの比較-0.7
上がりタイムは去年より1秒近く速いタイムとなりました
 
そしてタイムは2:20.6と
極めつけのレコードタイムという結果でした
  
 
第38回 ジャパンカップGⅠ 確定順位は以下の通りです 
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 1 アーモンドアイ C.ルメール 1
2 8 キセキ 川田将雅 4
3 11 スワーヴリチャード M.デムーロ 2
4 9 シュヴァルグラン C.デムーロ 5
5 5 ミッキースワロー 横山典弘 8
6 3 サトノダイヤモンド J.モレイラ 3
7 2 ハッピーグリン 服部茂史 14
8 14 ウインテンダネス 内田博幸 10
9 4 サトノクラウン W.ビュイック 9
10 6 サンダリングブルー F.ベリー 7
11 12 カプリ R.ムーア 6
12 10 ガンコ 蛯名正義 11
13 13 ノーブルマーズ 高倉稜 12
14 7 サウンズオブアース 田辺裕信 13

 

単勝 1 140円 番人気
複勝 1 110円 1番人気
8 160円 4番人気
11 150円 2番人気
枠連 1-5 600円 3番人気
馬連 1-8 590円 3番人気
ワイド 1-8 230円 1番人気
1-11 240円 2番人気
8-11 470円 5番人気
馬単 1-8 700円 3番人気
3連複 1-8-11 960円 3番人気
3連単 1-8-11 2,690円 6番人気

 
 
凄い!とにかく凄い!
アーモンドアイ!
そしておめでとう~
 
極上級の名馬の誕生ですね
そしてまだ記録を伸ばし続けるかも知れないという
この期待感
 
今後のアーモンドアイのレースが楽しみで仕方ないです
馬券は保険の馬連を獲っただけという結果でしたが
それ以上にテンションが上がる大記録でした
 
今後はアーモンドアイの記録がどこまで続くのか
応援していきたいと思います
 
それではまだまだ終わらないGⅠ戦線
頑張って行きましょう!

d(-ω・。)ネッ!

 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事