結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2018 第19回チャンピオンズカップGⅠ結果考察


中京競馬場 1800m ダ・左
2018年12月2日
 
チャンピオンズカップ
 
皆さん、師走です。
今年もついに12月に入ってしました。
 
あっと言う間ですね~
つい先日まで暑い暑いと言ってたような感じなのに笑
そして残すGⅠ戦線もあとわずかとなってきましたね
 
個人的にはホープフルはいらないんだけども…
有馬で締めくくりたいという気持ちが大きい笑
 
まぁ同じ気持ちの方も結構いるのではないでしょうか。
といったところで今回のチャンピオンズカップの出走馬を見ていくとしましょうか。
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 アンジュデジール 横山典弘 9
2 ルヴァンスレーヴ M.デムーロ 1
3 パヴェル M.グティエレス 7
4 アポロケンタッキー 小牧太 13
5 ノンコノユメ 内田博幸 6
6 アスカノロマン 太宰啓介 15
7 サンライズノヴァ 戸崎圭太 5
8 ケイティブレイブ 福永祐一 2
9 サンライズソア J.モレイラ 3
10 センチュリオン 吉田隼人 14
11 オメガパフューム C.デムーロ 4
12 ウェスタールンド 藤岡佑介 8
13 ミツバ 松山弘平 12
14 ヒラボクラターシュ 四位洋文 11
15 インカンテーション 三浦皇成 10

 
 
15頭でのレースとなります。
なかなかの面子となっているのはないでしょうか。
はやり注目はルヴァンスレーヴでしょうね。
 
続いて人気馬の方も見ていきましょう。
上位人気馬は何となく想像もつきますけどね。
 
 

単勝1番人気となったのは2.ルヴァンスレーヴでした。現在7戦6勝で地方ではありますがGⅠを3勝しています。唯一勝利出来なかったレースは中央競馬の伏龍ステークスでこのレースは内田騎手に乗り替わりでのレースで結果は2着でした。他と見比べてもやはりこの成績を見れば人気となるのは納得と言ったところでしょう。
 
 

単勝2番人気は8.ケイティブレイブです。31戦というキャリアを持つケイティブレイブですがその戦績も馬券圏内が多数です。安定した成績を出してきているだけにやはりこちらも人気となるのが納得というところでしょう。前走のJBCクラシックでの勝利もありますので人気に拍車がかかったというところでしょうか。
 
 

単勝3番人気は9.サンライズソアでした。現在勝利数は5つ、2着が3つ、3着が5つ勝利数が目立つほど多いというわけではありませんがまずまずの成績を出してきていますので成績的にも3番人気は妥当というところではないでしょうか。
 
 

 
 

中央競馬での前走というと6月にあったユニコーンステークスとなりますがこのレースで2着に3馬身以上の差をつけての勝利となっていてその強さを見せてつけています。どのメディアでのやはり絶賛で既に敵なしという見解も多いようです。これだけの成績を出してきているだけによほどの事が無い限りはは堅いという印象でしょうか。
 
 

実力的には申し分のないケイティブレイブではありますがやはり今回の1番人気のルヴァンスレーヴをどう攻略するのかというのが課題となるでしょう。前走での走りは悪くはなくむしろ好走しました。この勢いをもって今回も好走出来るかどうかが勝負の分かれ目と言っても過言ではないでしょう。
 
 

今回騎乗するのはJ.モレイラ騎手。勝ち切れてはない成績とは言えるが全く可能性がないわけではない。このサンライズソアをモレイラ騎手がどのように操り競争していくのか、ここが見物となるでしょう。実力を発揮できれば馬券圏内、勝利も見えてくるかも知れませんね。
 
 

前走の武蔵野ステークス、そして前々走のシリウスステークスでは今回出走するライバルに負けている。シリウスステークスでは2着ではありましたが武蔵野ステークスでは7着という結果でした。今年は前年に比べて成績こそ良いと言えますが可能性でいうと非常に難しいという印象を受けます。
 
 
人気については予想通りというところでしょうかね。
圧倒的人気でルヴァンスレーヴが単勝1.9倍ですね。
まぁここについては優勝候補ですしどの競争馬も打倒というところでしょうから
まず揺るがない結果ですね。
 
鞍上にいるのがM.デムーロ騎手ですし
重賞のダートとなれば相乗効果で勝利間違いなし
という印象すら個人的には受けますね
 
なので軸はほぼ間違いなくルヴァンスレーヴです
問題は次ですね。
ここが今回一番難しいですよね、というのも次が拮抗しすぎている
 
強気にここがくるだろうと言えない
恐らく皆さんもそうではないでしょうか
しかし決めなくてはイケない!笑
 
そして無理やりねじ込みつつ予想をしたところで
実際のレースを見ていくとしましょうか。
 
 

各馬一斉にスタートしました!
比較的綺麗なスタートです。
颯爽と飛び出して行ったのは1.アンジュデジール
 
中央からは10.センチュリオンが上がります
そして1番人気2.ルヴァンスレーヴも先頭集団につけます
 
短い直線を過ぎるとなだれ込むように第一コーナーに突入していきます。
第一コーナーでの順番は以下の通り
 
 
1-2-14-15-3-9-13-6-8-11-10-4-7-5-12
2018チャンピオンズカップ第一コーナーイラスト
 
 
横山騎手騎乗の1.アンジュデジールがペースを上げ逃げます
その後ろに馬群は続きますが既に馬群は長くなります
 
そして続く第二コーナー
 
 
1-2-14-15-3-9-13-6-8-11-10-4-7-5-12
2018チャンピオンズカップ第二コーナーイラスト
 
 
順位自体には大きな変動はないのですが
馬群は直線に入りさらに伸びていきます
 
殿は藤岡騎手騎乗の12.ウェスタールンド
この時点ではかなり離されたところに位置しています
 
テンのハロンのタイムは37.1
去年のレースとの比較+0.9
ペースは去年より結果遅いペースですね。
 
直線をさらに進み第三コーナーへ近づくと
続々と各馬が動きだします
 
そして迎える第三コーナー
 
  
1-14-2-15-9-6-3-8-13-10-11-4-7-5-12
2018チャンピオンズカップ第三コーナーイラスト
 
 
ここら辺で一気に馬群は詰まっていきます
唯一12.ウェスタールンドのみが離されている状態
 
じわじわと外にも広がった形になってきたところで
続く第四コーナーです
第四コーナーでの順位は下記の通り
 
 
1-14-2-15-9-6-10-3-8-13-11-4-12-7-5
2018チャンピオンズカップ第四コーナーイラスト
 
 
第四コーナーを抜けるといよいよ最後の直線です
直線に出て先頭は1.アンジュデジール
その真後ろには1番人気の2.ルヴァンスレーヴがつけています
 
そしてその横には9.サンライズソアが並ぼうとしています
他はなかなか伸びる事が出来ずに先頭集団に離されていきます
しかしその中先頭集団につめよるのは12.ウェスタールンド
 
殿にした12.ウェスタールンドですが
先頭集団真後ろまで上がってきていました
 
そして直線も半ば辺りすぎたところで
あの馬が本領を発揮します!
そうです、2.ルヴァンスレーヴです
 
一気に脚を使って後続を離していきます
気付けば鞭を入れずに2着に2馬身の差をつけてゴール!
やはり実力が他とは1枚も2枚も違うようですね
 
これでますますダート王の称号は揺るぎないものになったでしょう。
 
 
第19回 チャンピオンズカップGⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 2 ルヴァンスレーヴ M.デムーロ 1
2 12 ウェスタールンド 藤岡佑介 8
3 9 サンライズソア J.モレイラ 3
4 1 アンジュデジール 横山典弘 9
5 11 オメガパフューム C.デムーロ 4
6 7 サンライズノヴァ 戸崎圭太 5
7 5 ノンコノユメ 内田博幸 6
8 13 ミツバ 松山弘平 12
9 14 ヒラボクラターシュ 四位洋文 11
10 6 アスカノロマン 太宰啓介 15
11 8 ケイティブレイブ 福永祐一 2
12 10 センチュリオン 吉田隼人 14
13 15 インカンテーション 三浦皇成 10
14 4 アポロケンタッキー 小牧太 13
15 3 パヴェル M.グティエレス 7

 

単勝 2 190円 1番人気
複勝 2 110円 1番人気
12 440円 7番人気
9 200円 3番人気
枠連 2-7 2,250円 9番人気
馬連 2-12 3,000円 9番人気
ワイド 2-12 930円 10番人気
2-9 320円 2番人気
9-12 2,140円 24番人気
馬単 2-12 3,890円 13番人気
3連複 2-9-12 6,090円 17番人気
3連単 2-12-9 27,310円 84番人気

 
 
強いですねルヴァンスレーヴ!
アーモンドアイの女王に続き
今回はダート王ですね
 
華のある競争馬の誕生は本当に頼もしいですね
昔のオグリキャップもそうですが
やはり名馬が生まれ競馬界が活性化しますからね
 
普段競馬をしない人でも強い競争馬ってのは知ってるものです
どんどん出てきてほしいものですね
 
そろそろ全勝馬の誕生もクビを長くして待っています笑
え?馬券の方はって?
そんなんルヴァンスレーヴ以外かすってもないわー笑
 
(´曲`)

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事