結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2018 第70回朝日杯フューチュリティステークスGⅠ結果考察

2018 第70回朝日杯フューチュリティステークスGⅠ
阪神競馬場 1,600m 芝・右 外
2018年12月16日
 
朝日杯フューチュリティステークス
 
はい、今週もやってきました!
カウントダウン
今週を入れてあと3回です
 
という事で今週の朝日杯、2歳馬戦ですね
いつも言っていますが2歳馬戦凄く苦手です笑
しかし今回はGⅠですからね気合いを入れて予想します!
 
そしてその予想をするにはしっかりとした情報が必要ですからね
それでは毎度おなじみの出走馬から見ていきましょう。
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 クリノガウディー 藤岡佑介 9
2 グランアレグリア C.ルメール 1
3 アスターペガサス 福永祐一 8
4 ドゴール 津村明秀 6
5 マイネルサーパス 丹内祐次 5
6 アドマイヤマーズ M.デムーロ 2
7 ソルトイブキ 四位洋文 13
8 ディープダイバー 川田将雅 11
9 イッツクール 松田大作 12
10 ヒラソール 岩田康誠 14
11 ケイデンスコール C.デムーロ 4
12 コパノマーティン 坂井瑠星 15
13 ニホンピロヘンソン 浜中俊 10
14 ファンタジスト 武豊 3
15 エメラルファイト W.ビュイック 7

 
 
去年は16頭でしたが今年は15頭
そしていつもの通り年々出走馬が減るっていうね・・
どうしたんでしょうねぇ
 
競馬の出走に関するルールとかって
今までにも出走数が減らないようにとかも配慮されて施行されてきたのに
それらでも調整できない程減りつつあるんですかね?
今年がたまたま??
 
まぁどちらにしても競馬を盛り上げていきます!
それでは人気馬も見ていきましょう。
 
 

単勝1番人気となったのは2.グランアレグリアです。現在2戦2勝で前走はGⅢのサウジアラビアRCを勝利しています。8頭立てという少なさではありましたが1番人気で最後は3馬身以上の差をつけての勝利という事で注目度も高く人気に繋がった感じでしょう。
 
 

単勝2番人気は6.アドマイヤマーズでした。3戦3勝で迎える今回の朝日杯ですが前走はGⅡであるデイリー杯を制しています。個人的に走りとしてはまだ大きくひかれる部分はまだないかなという印象を受けますが全勝で鞍上はM.デムーロ騎手という事で人気としてはまぁ納得というところですね。
 
 

3番人気は14.ファンタジストです。こちらも3戦全勝で前走・前々走でGⅡGⅢを勝利してきています。そしてどのレースも1番人気ではなく本番に強いといった印象をうけますね。3戦全て最後は際どい感じの勝利ではありますが武豊騎手とのコンビで1歩ずつ歩を進めるかのようにGⅠをもぎ取るという期待感はありますね。
 
 
4番人気以降は11.ケイデンスコール・5.マイネルサーパス・4.ドゴールという人気順でした。
 
 

今回15頭中14頭が牡馬という中、ただ一頭の牝馬でしかも1番人気という2.グランアレグリア。近年牝馬による勝利はない朝日杯フューチュリティステークスですが厳しい戦いが予想されるも可能性は0ではないといえるだけの実力は持ち合わせています。まだ3戦目ではありますがC.ルメール騎手の先導で勝利をもぎ取る事が出来るのか注目したいところです。
 
 

前評判で言えば今回どこも高評価としてるのがこの6.アドマイヤマーズ。これは他メディアで見かけたのだが中京デビュー馬ではミホノブルボン以来となるらしい。これを知ってちょっと一波乱ありそうだと思ったのは自分だけでしょうかね笑 状態は万全で共に3連勝してきたM.デムーロ騎手とのペアで壁をぶちやぶれるのか注目です。
 
 

過去のレースを見てみるとレース内容にそこまで目立った華こそないものの武豊騎手との連携で実力と戦略をうまく駆使して勝利してきた、そんないぶし銀な印象受けています。今回個人的に1番期待感を寄せているのは14.ファンタジストでしょうかね。応援したくなる馬ですね。
 
 

前走の東京スポーツ杯では7着という結果だった1.クリノガウディー。実際は人気12番という事を考えれば期待以上の走りをした事にはなるのですが推すには少し条件が弱い。しかも上がりタイムはそれほどというわけでもない。状態は良いようだが物足りなさが強いだろうか。
 
 
人気だけを見ればあぁいつも通りかって感じですよね
ルメール・デムーロ・武騎手と競馬界の三国志かっ!笑
 
しかしそれだけ実力も結果も残してきてる騎手という事ですね
人気馬に乗っていない時がかなり惑わされるというね
 
かと言って騎手を買いすぎると堅い買い目になる上に
総スカン食らうという本当競馬って難しいですよね~
 
ではでは早速レースがどうなったのか
見ていくとしましょうか。
 
 

各馬一斉にスタート!
特に大きく出遅れた競争馬もおらずスタートしました
外枠勢は若干ゆったり後方につけるのが多いでしょうか
内は一気に前へ前へと出ていきます
 
そんな中先頭へ立ったのは9.イッツクール
その後ろには2.グランアレグリアがつけます
 
かなり短くまとまった馬群は第三コーナーへと向かいます
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
9-2-6-1-8-3-14-10-4-12-13-5-11-7-15
2018朝日杯フューチュリティステークス第三コーナーイラスト
 
 
テンのハロンのタイムは35.3
去年のレースとの比較+0.1
去年とほぼ同ペースとなっています。
 
1番人気の2.グランアレグリアは2番手に
2番人気の6.アドマイヤマーズはその後ろにつけています
 
馬群が詰まっていく中先頭集団はペースをあげます
第四コーナーでの順番は以下の通り
 
 
9-2-6-1-8-3-14-10-13-4-11-12-5-15-7
2018朝日杯フューチュリティステークス第四コーナーイラスト
 
 
馬群はやや長いまま第四コーナーをぬけていきます
すると早くも先頭には2.グランアレグリアと6.アドマイヤマーズが抜けます
そのまま2頭の対決になるかと思いきや2.グランアレグリアは置いていかれ
中央からは1.クリノガウディーが上がっていきます
 
ゴール手間で1.クリノガウディーが2.グランアレグリアをかわすと
6.アドマイヤマーズは寄せ付けずにそのまま悠々とゴール!
初のGⅠ勝利と共にこれで4戦全勝としました
 
 
第70回 朝日杯フューチュリティステークスGⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 6 アドマイヤマーズ M.デムーロ 2
2 1 クリノガウディー 藤岡佑介 9
3 2 グランアレグリア C.ルメール 1
4 14 ファンタジスト 武豊 3
5 8 ディープダイバー 川田将雅 11
6 15 エメラルファイト W.ビュイック 7
7 3 アスターペガサス 福永祐一 8
8 10 ヒラソール 岩田康誠 14
9 9 イッツクール 松田大作 12
10 5 マイネルサーパス 丹内祐次 5
11 12 コパノマーティン 坂井瑠星 15
12 4 ドゴール 津村明秀 6
13 11 ケイデンスコール C.デムーロ 4
14 7 ソルトイブキ 四位洋文 13
15 13 ニホンピロヘンソン 浜中俊 10

 

単勝 6 460円 2番人気
複勝 6 130円 2番人気
1 490円 9番人気
2 110円 1番人気
枠連 1-4 10,060円 19番人気
馬連 1-6 9,710円 21番人気
ワイド 1-6 1,560円 19番人気
2-6 180円 1番人気
1-2 1,080円 12番人気
馬単 6-1 14,240円 29番人気
3連複 1-2-6 3,340円 11番人気
3連単 6-1-2 45,180円 114番人気

 
 
まずは一言!
クリノガウディーなんてノーマークじゃー笑
当たるかいっ!
 
まぁ外れてしまったものは仕方がない
結構ガチガチなんじゃないかと思ったがそうでもなかったですね
まさか9番人気が2着にくるとはさ
 
でもアドマイヤマーズはこれで傷なしの4連勝
これはもう期待大ですね
来年はもう目を離せません
 
そして来年はもっと体も出来てきて
さらなる開花を期待しましょう!
 
(^_^)
 

 
 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事