結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2017 第67回安田記念GⅠ結果考察

2017 第67回安田記念GⅠ
東京競馬場 1,600m 芝・左
2017年6月4日
 
十二国記
 
小野不由美先生の作品です。
かなり有名な作品ですし知ってる方も多いかもですね
 
「知らないことなら、これから知ればいい。全然問題じゃない」
 
そうです、知らない人はこれから知ればいいのです笑
 
まだシリーズとしては完結はしていないのですが
かなり面白い内容です。
 
ただ単純に内容が面白いというだけではなく
要所要所で色々と考えさせられる内容に感じましたね。
 
こちらはアニメ化もされているので
もし気になった方は小説でもアニメでも是非見てみて下さい。
 
貴方を変えるキッカケがあるかもしれませんね。
 
そして今日の結果でも貴方を変えるかもしれませんよ!
 
そうです、今日は安田記念です。
今日の馬券を見事獲ったら場合によっては人生を変えるかもですね。
 
まず的中を出せない読者の皆さんには可能性が薄いかもしれませんが
そんなに悲観せず!笑
まずは出走馬を見ていきましょう
 
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 トーキングドラム 石橋脩 17
2 ディサイファ 四位洋文 15
3 サンライズメジャー 池添謙一 16
4 アンビシャス 横山典弘 5
5 コンテントメント J.モレイラ 12
6 レッドファルクス M.デムーロ 3
7 グレーターロンドン 福永祐一 6
8 エアスピネル 武豊 2
9 ロンギングダンサー 横山和生 18
10 クラレント 岩田康誠 14
11 ブラックスピネル 松山弘平 10
12 ビューティーオンリ Z.パートン 9
13 ロジチャリス 内田博幸 13
14 サトノアラジン 川田将雅 7
15 イスラボニータ C.ルメール 1
16 ロゴタイプ 田辺裕信 8
17 ヤングマンパワー 松岡正海 11
18 ステファノス 戸崎圭太 4

 
 
去年は12頭立てだったのですが
今年は18頭のフルゲートとなりました第67回安田記念
 
単純に言っても1.5倍に増えてるわけですからね。
この中から絞るだけでも大変です・・・
少しでも絞れるように色々とみていくとしましょうか!
 
まずは人気馬から振り返ってみましょう。

  

単勝1番人気は単勝オッズ1桁台が5頭いる中で頭一つ抜けたイスラボニータでしたね。輸送ありのレースとなりますがこの辺りもそんなに問題とはなっていないようです。2年程GⅠではいい走りを見せているものの勝利はしていない。今回も一番波に乗っているルメール騎手ですしGⅠ連勝の期待感もあって人気が急騰しているのでしょう
 
 

そして2番人気がエアスピネルでした。実はまだ3勝しかしていないエアスピネル。決して弱い競走馬ではないですしもっと勝っているような印象ですが勝ててはいない。但し全体的に順位は好順位なので馬券には絡みやすい事もあり人気となっている面もあるでしょう。
 
 

前走の京王杯スプリングカップでは見事勝利。前々走の高松宮記念では3着と仕上がりとしては右肩上がりかもしれない。デムーロ騎手になってからは現在5戦3勝という勝率もあり左周りでの勝率も9割近いので人気がつくのも頷ける。
 
 
4番人気以降はアンビシャス・ステファノス・グレーターロンドンという人気順でした。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
 
 

出来としては申し分のない状態の模様です。今回の安田記念を勝利すればGⅠ勝利が3年ぶり2回目となる。今回は7枠15番でどのような展開を見せるのかがカギとなりそうだ。さらにルメール騎手の4週連続GⅠ勝利というところがどのように影響するかも気になるところ。落ち着いたレースが出来れば期待に応えてくれる可能性は高いと言えそうである。
 
 

4枠8番でスタートするエアスピネル。実力こしあれ勝利に今一歩手の届かないのがこのエアスピネルだ。この安田記念を機に開花する事が出来るのか注目したいところではある。武豊騎手がどのような展開を見せるのか、なるべく速いペースでもっていきたいという気持ちはあるはずだ。
 
 

こちらも仕上がりは上々といった雰囲気のレッドファルクス。3枠6番と「赤」というゲンも担いでのスタートとなる。3走前の香港スプリントでは大敗しているが長距離輸送と右回りであった事も考えれば今回の安田記念の判断材料としては外していいと言えそうだ。良い脚はもっているので好走する可能性は非常に高い。
 
 

GⅠこそ制していないもののサトノアラジンと言えば末脚には定評があります。過去のレース結果を見ても上がりタイムではかなり良い時計を叩き出しています。騎手は1年の付き合いとなる川田騎手です。どのようなコンビネーションを見せるのかこちらも期待の1頭です。
 

1番人気は15.イスラボニータですね~
色々な陽子・・・もとい、要素があってだとは思いますが
2番人気は8.エアスピネルですしちょっと自分の思ってるのとは違いましたね
 
んー自分と一緒だと後押しされる感じになりますけど
違うと迷いが強くなりますよね~
 
「あなた、目があるんでしょう?耳があるでしょう?」
「そこにあるものを目を開いて耳をそばだててちゃんと受け止めていれば、分かることだってたくさんあると思わない?」
 
キャラはきついが人をしっかり理解している恭王
 
しかし迷うものは迷うのです笑
 
「どっちを選んでいいか分からないときは、自分がやるべきほうを選んでおくんだ」
「同じ後悔をするなら、軽いほうがいいだろ」
 
良い言葉なのだが、よ・・よくわからん笑
 
買うべき方を選んでおくんだって解釈でOK?笑(それがわからないから悩んでるんだが)
 
まぁとりあえず絞りきったし
 
あとは実際のレースがどうなったのかだけだね
それじゃレース展開をみていくとしましょうか。
  
 

横並びの綺麗なスタートを見せました。
 
ハナを切ったのは田辺騎手騎乗の16.ロゴタイプ
続くのは池添騎手騎乗の3.サンライズメジャー
 
殿は4.アンビシャス
滑り出しを見る限りでも若干ペースは速そうに感じます
 
16.ロゴタイプが引っ張る事は予想出来た展開ですね。
ここまでは去年と一緒と言えます
 
スタートの直線で一気に縦長な展開となりました。
 
第三コーナーを前に各馬前方へ詰め寄ります
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
16-3-2-5-11-17-15-1-10-18-7-12-13-6-14-8-4-9

 
 
1番人気の15.イスラボニータは馬群中央付近
2番人気の8.エアスピネルは後方三番手
 
テンのハロンのタイムは33.9
去年のレースとの比較-1.2
完全に速いペースで来ていますね
 
第四コーナーを前にさらに前方に固まります
第四コーナーでの順番は以下の通り
 
 
16-3-2-5-11-17-1-10-15-18-7-13-6-12-14-8-4-9

 
 
第四コーナーを抜け最後の直線へと入っていきます
先頭は変わらずに16.ロゴタイプ
 
比較的各馬内に位置を取っている形
16.ロゴタイプが一頭抜けると
後続は10頭くらいが横に並ぶ展開となります。
 
残り200mを過ぎて16.ロゴタイプが3馬身くらいの差で依然先頭
このままいくと16.ロゴタイプが余裕の2連覇という結果です
 
2番手には10.クラレントに7.グレーターロンドン、14.サトノアラジン
4週連続GⅠ勝利のかかる1番人気の15.イスラボニータは未だ馬群の中です。
 
とここで外から凄い脚で追い上げるのは6.レッドファルクス
け・・・景麒!!?
いいえ、違います笑 ただの芦毛です笑
 
逃げ切ると思われた16.ロゴタイプにじわじわと攻寄ります
 
ゴール手前数十メートル
16.ロゴタイプが失速したのか他の競走馬の脚が凄かったか
直前で14.サトノアラジンがかわし1着でゴール!
 
2着争いは内の16.ロゴタイプと外の6.レッドファルクスがほぼ同時
 
上がり3ハロンのタイムは34.4
去年のレースとの比較+0.5
上がりのタイムではやや去年より遅い程度ですね
 
という事で
第67回 安田記念は最後の最後で差し切った
14.サトノアラジンが勝利をおさめました。
 
2着は16.ロゴタイプが粘ったようです。
 
 
第67回 安田記念GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 14 サトノアラジン 川田将雅 7
2 16 ロゴタイプ 田辺裕信 8
3 6 レッドファルクス M.デムーロ 3
4 7 グレーターロンドン 福永祐一 6
5 8 エアスピネル 武豊 2
6 12 ビューティーオンリ Z.パートン 9
7 18 ステファノス 戸崎圭太 4
8 15 イスラボニータ C.ルメール 1
9 10 クラレント 岩田康誠 14
10 5 コンテントメント J.モレイラ 12
11 9 ロンギングダンサー 横山和生 18
12 3 サンライズメジャー 池添謙一 16
13 2 ディサイファ 四位洋文 15
14 13 ロジチャリス 内田博幸 13
15 4 アンビシャス 横山典弘 4
16 17 ヤングマンパワー 松岡正海 11
17 1 トーキングドラム 石橋脩 17
18 11 ブラックスピネル 松山弘平 10

 

単勝 14 1,240円 7番人気
複勝 14 380円 6番人気
16 440円 7番人気
6 340円 4番人気
枠連 7-8 5,900円 2番人気
馬連 14-16 10,480円 40番人気
ワイド 14-16 2,870円 33番人気
6-14 2,730円 30番人気
6-16 2,720円 29番人気
馬単 14-16 20,410円 75番人気
3連複 6-14-16 43,500円 128番人気
3連単 14-16-6 283,000円 797番人気

 

やはりサトノアラジンの末脚は凄いですね!
上がりタイムもだいたい32~34秒と後半での期待値の高さを物語っていますよね
今回の安田記念では7番人気でしたし狙いの1頭でしたよね。
 
あとは8番人気のロゴタイプ
ここも去年の記事でも書いていますが強い馬なんです。
しかも去年も人気は伸びませんでしたが覇者です。
他の競争馬も強豪揃いではありましたが切るに至る競走馬ではないですね~
 
レッドファルクスに限っては3番人気3着ですから人気に応えた結果
 
という事はサトノアラジンの脚にさえ着目していれば獲れたという事になります。

まぁでも今回他にもおさえていたのがいて
そちらは大ゴケでしたけどね!
 
11.ブラックスピネル・・・
もうちょっと好走すると思いましたけどまさかのどべちん笑
 
あとは一応1番人気の15.イスラボニータも絡ませました
こっちは人気馬なので仕方なしっ
 
 
いつもの如く外したであろう読者の皆さんへ
十二国記の名言だ
 
生きるということは嬉しいこと半分
 
辛いこと半分なのですよ
 
人が幸せであるのは、その人が恵まれているからではなく
 
ただその人が幸せであろうとしたからなのです
 
苦痛を忘れる努力、幸せになろうとする努力
 
それだけが人を真に幸せにするのですよ
 
 
一つの状況でこれを意識しているしていないでは確実に違いは出るだろうね。
 
そして
 
「心に鞘はいらない」

ふっ・・・
放り込みたかっただけだ ( ・´ー・`) ドヤッ

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事