結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2017 第156回天皇賞(秋)GⅠ結果考察

2017 第156回天皇賞(秋)GⅠ
東京競馬場 2000m 芝・左
2017年10月29日
 
熱き戦いから一週間!
 
いや痺れましたよね
菊花賞がそんなに痺れたかって?
確かに55万馬券ですからね痺れたけども・・・
獲れてないじゃろがいっ (╬☉Д⊙ฺ)
 
そうじゃなくて先週の菊花賞と同じ日の
ボクシングWBAミドル級王座決定戦の再戦でしょうよ
 
あの5月20日の「疑惑の判定」からようやく迎えた決戦の日ですよ
前回の試合なんかは試合内容も明かに勝っていたのに
ホームタウン・デシジョンという言葉すら吹き飛ばすジャッジでしたからね
 
村田諒太選手本人が一番悔しい思いをしたと思いますが
見ていたボクシングファンも悔しい思いをした事でしょう
 
しかし!
その思いを背負って迎えた再戦!
試合も優勢に運び見事にTKO勝利という結末
いやぁ、ホントに痺れましたね。
そして最後まではやらなかったチャンピオンにはがっかりでしたけど
スカっとしましたね。
 
そして今日は天皇賞(秋)です。
あいにくの雨ですがスカっとする展開があるのでしょうかね
見ていくとしましょうか。
  
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 サクラアンプルール 蛯名正義 12
2 サトノクラウン M.デムーロ 2
3 ネオリアリズム A.シュタルケ 7
4 リアルスティール V.シュミノー 3
5 ヤマカツエース 池添謙一 8
6 ディサイファ 柴山雄一 17
7 キタサンブラック 武豊 1
8 レインボーライン 岩田康誠 14
9 ソウルスターリング C.ルメール 4
10 ミッキーロケット 和田竜二 13
11 ロードヴァンドール 太宰啓介 18
12 ステファノス 戸崎圭太 10
13 グレーターロンドン 田辺裕信 6
14 サトノアラジン 川田将雅 5
15 マカヒキ 内田博幸 9
16 カデナ 福永祐一 16
17 ワンアンドオンリー 横山典弘 15
18 シャケトラ C.デムーロ 11

 
 
18頭のフルゲートです。
そして今回の天皇賞は昨年よりも凄い顔ぶれ
どの馬も人気馬として名を馳せてきた競争馬ばかりです。
どこを狙うかかなり難しい選択になりそうですね~
 
 

単勝1番人気はキタサンブラックで2.6倍です。順調に来ていたキタサンブラックですが前走の宝塚記念ではまさかの9着という結果に。とは言え今までGⅠを5勝してきている実力はもう誰もが認めるもの。武豊騎手との相乗効果で人気は当然と言ったところでしょうかね。初めての天皇賞(秋)でどのような結果を残すのか楽しみですね。
 
 

単勝2番人気が5.0倍でサトノクラウンでした。大阪杯での雪辱を前走の宝塚記念で果たしたサトノクラウン。これキタサンブラックとはこの天皇賞(秋)で決着をつけると言ったところでしょうかね。鞍上はM・デムーロ騎手ですしね。こちらも申し分のないペアですし人気に応えてくれそうですよね。
 
 

単勝3番人気がリアルスティールです。ぶっちゃけリアルスティールは弱い競争馬ではないと思いますが実際勝利数は前走の毎日王冠を入れても4勝。ただ出走してるレースには高確率でドゥラメンテなどの猛者がいたのも事実ではある。馬券に絡めるかは悩ましい存在ではありますね。
 
 
4番人気以降はソウルスターリング・サトノアラジン・グレーターロンドンという人気順でした。
   
 

天候こそ気にはなりますが距離的には2000mですしキタサンブラックとしては申し分のない距離。さらにGⅠ5勝は伊達ではないですしね。前走では想定外の着順ではありましたけど実力は皆さんが見てきた通りの逸材ですからね。今年引退との事ですが残り3戦好走してくれる可能性は高いでしょう。
 
 

実力は申し分なし。休み明けがどう影響するかわかりませんが馬場の悪いレースも過去には勝利してきていますので勝利の可能性は高いかもしれません。さらには騎手もM.デムーロ騎手。個人的に馬場が悪いデムーロ騎手は強いイメージです。
 
 

仕上がりは万全と言われてるいるリアルスティール。騎手がM.デムーロ騎手であればもしかしたらという感じもありますが乗り替わりという事もあり、どう転ぶかは未知であるという感じ。持ってる素質は十分なのでそれを扱えるかどうかですかね。
 
 

脚には元々定評のあるのがレインボーライン。実際過去のレースでも僅差の負けを喫している。距離的にも春とは違い合った距離でもあるので可能性としては悪くはない。
 
 
一番人気は7番のキタサンブラックですね。
ただ今回は前走の時は違いダントツの1番人気というわけではありません。
まぁ雨の苦手なマカヒキは消せるというのは大きいかな。
 
これだけの名馬の揃う中ですしね。
ちゃんと一戦一戦気合を入れて予想をしないとね。
勝てるもんも勝てないですよ。
 
え?今回外したら次当てればいいって?
 
「次、生まれ変わったらこうしたい、とか言う人がおるけど、次はないよ。」
浪速のジョーこと辰吉丈一郎選手の名言だ
 
そう人生に次なんてないんですよ
同様にレースも同じレースは二度とないんだから全力でしょうよ!
 
 
それではレース展開を見ていきましょう
 
 

各馬一斉にスタート!
 
比較的綺麗なスタートなりましたが
一番人気の7.キタサンブラックはやや左に態勢がズレてのスタート。
しかし武豊騎手はゆったりと騎乗し後方につけます。
 
颯爽と飛び出したのは11.ロードヴァンドール
内からは1.サクラアンプルールが外に膨らみつつ前に立ちます。
 
短い直線を抜けるとすぐさま一つ目の第二コーナーへ入ります。
第二コーナーの通過順位は以下の通り
 
 
11-1-3-4-10-18-2-5-9-8-7-12-16-17-13-15-6-14
2017天皇賞第二コーナー
 
 
先頭は11.ロードヴァンドールです。
1版人気7.キタサンブラックは馬群中団付近
2版人気2.サトノクラウンは中団よりやや前辺り
 
テンのハロンのタイムは38.6
去年のレースとの比較+1.7
雨の影響もありペースはスローな展開となってますね。
 
直線に入ると先頭から殿まで短い馬群で進んでいきます。
田辺騎手騎乗の13.グレーターロンドンが仕掛けて前に出ていきます。
その他に8.レインボーラインもここで前にでます。
 
そのまま第三コーナーを迎えます。
第三コーナーの通過順位は以下の通り
 
 
11-13-2-1-7-3-4-18-5-9-10-8-12-6-16-17-15-14
2017天皇賞第三コーナー
 
 
ここで内にいた7.キタサンブラックの武豊騎手が動きます
じりじりと前に出て良いポジションにつけます
 
続く第四コーナー
第四コーナーの通過順位は以下の通り
 
 
13-7-2-1-8-4-11-3-18-6-12-5-9-10-15-16-14-17
2017天皇賞第四コーナー
 
 
第四コーナーを抜け直線に入ると
良いポジションにいた7.キタサンブラックは先頭に立ちます。
中央付近からは2.サトノクラウンが来ます
 
ここで7.キタサンブラックの武豊騎手は馬場の悪い内を避け徐々に外へ
逆に中央付近を走行していた2.サトノクラウンのM.デムーロ騎手は内へ
ここで1番人気と2番人気が交差します。
 
ゴール手前2.サトノクラウン食らいついてさらに伸びますが
あと一歩というところで及ばず!
 
勝利は7.キタサンブラック
続くサトノクラウンはクビ差という結果となりました。
 
テンのハロンのタイムは38.7
去年のレースとの比較+1.1
テンのハロンタイムとほぼ同じタイムとなりました。
 
この勝利で7.キタサンブラックはGⅠ6勝目です。
さらには史上5頭目となる天皇賞春秋制覇となりました。
 
 
第156回 天皇賞(秋)GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 7 キタサンブラック 武豊 1
2 2 サトノクラウン M.デムーロ 2
3 8 レインボーライン 岩田康誠 13
4 4 リアルスティール V.シュミノー 3
5 15 マカヒキ 内田博幸 9
6 9 ソウルスターリング C.ルメール 4
7 6 ディサイファ 柴山雄一 15
8 1 サクラアンプルール 蛯名正義 12
9 13 グレーターロンドン 田辺裕信 6
10 12 ステファノス 戸崎圭太 10
11 5 ヤマカツエース 池添謙一 7
12 10 ミッキーロケット 和田竜二 14
13 3 ネオリアリズム A.シュタルケ 8
14 11 ロードヴァンドール 太宰啓介 18
15 18 シャケトラ C.デムーロ 11
16 16 カデナ 福永祐一 17
17 17 ワンアンドオンリー 横山典弘 16
18 14 サトノアラジン 川田将雅 5

 

単勝 7 310円 1番人気
複勝 7 160円 1番人気
2 170円 2番人気
8 800円 12番人気
枠連 1-4 800円 1番人気
馬連 2-7 900円 1番人気
ワイド 2-7 410円 1番人気
7-8 2,950円 38番人気
2-8 2,060円 25番人気
馬単 7-2 1,660円 1番人気
3連複 2-7-8 15,290円 53番人気
3連単 7-2-8 55,320円 170番人気

 
 
ん~最後の直線はサトノクラウンの前に出て
その後は内に寄っているような気もしましたけど
テクニックと言えばそれまで何でしょうかね。
 
まぁそれにしてもキタサンブラック強いですね~
これでGⅠ6勝目ですよ
あと2戦をどのような形で終えて引退となるのか
そのら辺も今後楽しみの一つとなりそうですね~
 
そして忘れてはいけないのが
今後の村田諒太選手にも注目です。
ゴロフキンとの試合は実現するんでしょうかね~
 
それはそうと読者の皆さんは随分と負けていると思いますが
競馬引退はしなくて大丈夫ですか?笑
 
まぁしませんよね!
競馬好きなんですから!
 
さぁGⅠ戦線残りも頑張っていきますよ
 
気合━o(*`・∀・´)○━だぁ
 
最後にもう一つ
辰吉丈一郎選手の名言を置いていこう
 
「前にも進めない、後ろに下がることもできないという、状況は誰にでも起こる。」
「そんなときはまず、できることから手をつければいい。」
「なにもできないということは、まずありえない。」
 
そう、どんな小さい事からでもいい
考える事からでもいいから進むのだ。

 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事