結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2017 第47回高松宮記念GⅠ結果考察

2017 第47回高松宮記念GⅠ
中京競馬場 1200m 芝・左
2017年3月26日
 
「うぷぷぷぷ~」

超高校級と称される優れた能力を保有する高校生だけが
入学を認められる
 
そう!
「希望ヶ峰学園」ダンガンロンパだ
 
モノクマと呼ばれる白と黒のぬいぐるみを中心に
学園内で起こる事件を解決していく推理アドベンチャー
 
皆さんもプレイもしくはアニメをご覧になりましたか?
 
ネタバレになるので詳細については自身で確認して頂きたいが
内容はとても面白いです。
 
アニメでは他ではあまりないアメコミ調な感じがあったりと
新鮮さも兼ね備えています。
 
今回はそんなダンガンロンパ風に言うならば
超高校級の競馬好きが第47回高松宮記念をお送りします笑
 
 
それではまずは出走馬から見ていこうか。
  
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ティーハーフ 国分優作 16
2 フィエロ 内田博幸 7
3 レッツゴードンキ 岩田康誠 2
4 ラインスピリット 森一馬 14
5 レッドアリオン 菱田裕二 18
6 セイウンコウセイ 幸英明 5
7 レッドファルクス M.デムーロ 1
8 バクシンテイオー A.シュタルケ 17
9 シュウジ 川田将雅 4
10 クリスマス 藤岡佑介 13
11 スノードラゴン 大野拓弥 11
12 メラグラーナ 戸崎圭太 3
13 ソルヴェイグ 田辺裕信 6
14 トーキングドラム 藤岡康太 10
15 ヒルノデイバロー 四位洋文 9
16 トウショウピスト 吉田豊 5
17 ナックビーナス 石川裕紀人 12
18 ワンスインナムーン 石橋脩 8

 
 
 
18頭のフルゲートですね
牡4・牝4から牡9までいますが
全体的には年齢層が高い気がしなくもないですね笑
 
少なくとも超高校級といえる若い競走馬はいないようだね
まぁ高松宮記念自体が4歳上の条件だから仕方ないけども。
 
 
それでは人気馬となってのも確認していきますか。
 
 

単勝3.6倍で1番人気だったのがレッドフォルクスでした。遠征だった前走の香港スプリントでは3番人気となりながら12着と大敗を喫してしまいましたが作戦のスプリンターズステークスの王者。休み明けの今年初のぶっつけ本番となりますが鞍上M.デムーロ騎手とのコンビで1番人気を獲得しました。
 
 

単勝5.1倍で2番人気だったのが昨年の夏頃から安定した走りをみせているレッツゴードンキが2番人気でした。前走の京都牝馬ステークスも1番差以上をつけて完勝しています。注目を集めていてもおかしくはありませんでしたね。
 
 

そして単勝5.3倍と2番人気とあまり差がなく3番人気だったのがメラグラーナでした。前5走で負けたのは3走前の京阪杯のみで力をつけてきてる競走馬。前走のオーシャンステークスで初の重賞優勝でした。勢いがあってこちらも注目ですね。
 
 
4番人気以降はシュウジ・セイウンコウセイ・ソルヴェイグという人気順でした。

次に各競走馬の前情報を振り返ってみようかね。
 
 
 

前走の香港スプリントでは大崩れしてしまったが国内のスプリントでは未だ無敗の強さで去年のスプリンターズステークスで能力の高さをまざまざと見せつけました。この枠順がどうかというところですが中京コースは得意中の得意なコースで勝ち負けになると言われていましたね。
 
 

桜花賞以来パッとしない成績が続いてたが前走の京都牝馬ステークスで復活したと言われてましたね。後はしっかり実力を出し切れれば好勝負が期待できます。距離も不安要素ではないですね。後は後ろからしっかり届かせるだけ。
 
 

G1レースは今回が初挑戦となるが1200mに変えてからは絶好調な成績を叩き出してるメラグラーナ。ノリにノッてる牝馬だけに今回のメンバーの顔ぶれをみてもチャンスは十分にあると言われていましたね。鞍上の戸崎圭太騎手の手腕に期待したいところです。
 
 

前走のシルクロードステークスが重賞初で2着と好走しました。元々スタートセンスのある馬でまだまだ伸びしろを残してる4歳馬。近走の走りをみてると上位争いに喰いこんでもまったく違和感がない能力はあると言われていました。鞍上が幸英明騎手に乗り替わってどうなるか。
 
 
やはり7.レッドファルクスや3.レッツゴードンキが人気となりましたか
 
堅めにいくならこの2頭は外せないって感じがしなくもないが
この2頭がずば抜けてるってわけでもないだけに
かなり選ぶのは難しい
 
ここはいっちょ葉隠くんの占いで!
 
葉隠「俺の占いは3割当たる!」
 
そ、そうだった…3割でしかないんだった笑
 
仕方ない、自力で予想をして
さっさとレースの展開をみていこうじゃないか
 
 
「学級裁判」ならぬ「競馬裁判」の始まり~
 

各馬一斉にスタート!
出遅れは一切ありません
逆に好スタートを切ったのは9.シュウジ
 
数頭が先頭集団のポジションを確保しましたが
先頭に立ったのは4.ラインスピリット
 
これはこのまま行ってしまうかもしれない!
 
ズキューーーン!
「それは違うよ」
 
何!?
 
膨らむように最初の直線を抜けると
第三コーナーへと向かいます。
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
4-9-16-6-18-13-17-7-10-14-1-11-3-12-2-8-15-5

 
 
先頭はかろうじて4.ラインスピリットが維持していますが
先頭集団は横並びでまだまだどうなるかはわかりません
 
1番人気の7.レッドファルクスは8番手
しかし団子状態なので先頭との差はさほどありません
 
これは良いポジションで一気にいけるかもしれない!
 
ズキューーーン!
「それは違うよ」
 
ま、また!?
 
 
テンのハロンのタイムは33.8
去年のレースとの比較+1.1
やや去年よりも遅いといったところでしょうか
 
 
続く第四コーナー
第四コーナーでの順番は以下の通り
  
 
4-9-16-6-18-7-13-17-1-10-14-3-11-12-2-8-15-5

 
 
このコーナーで大きく動きを見せたのは
デムーロ騎手騎乗の7.レッドファルクス
2番人気の3.レッツゴードンキも直線に備えあがります
 
これはやはり2頭のワンツーなのか!
 
ズキューーーン!
「それは違うよ」
 
・・・
 
芝をめくりあげながら各馬直線へと入っていきます。
 
一番内から3.レッツゴードンキが駆け上がり
中央付近からはなんと6.セイウンコウセイが飛び出します
 
1番人気の7.レッドファルクスが競るかと思いきや
6.セイウンコウセイにはついていけずに独走を許し
 
そのままフィニッシュ!
 
2着争いは3.レッツゴードンキと7.レッドファルクスですが
わずかに3.レッツゴードンキが早くゴール
  
 
第47回 高松宮記念GⅠ 確定順位は以下の通りです
  
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 6 セイウンコウセイ 幸英明 5
2 3 レッツゴードンキ 岩田康誠 2
3 7 レッドファルクス M.デムーロ 1
4 1 ティーハーフ 国分優作 16
5 2 フィエロ 内田博幸 7
6 14 トーキングドラム 藤岡康太 10
7 11 スノードラゴン 大野拓弥 11
8 17 ナックビーナス 石川裕紀人 12
9 13 ソルヴェイグ 田辺裕信 6
10 12 メラグラーナ 戸崎圭太 3
11 15 ヒルノデイバロー 四位洋文 9
12 8 バクシンテイオー A.シュタルケ 17
13 4 ラインスピリット 森一馬 14
14 10 クリスマス 藤岡佑介 13
15 9 シュウジ 川田将雅 4
16 18 ワンスインナムーン 石橋脩 8
17 5 レッドアリオン 菱田裕二 18
18 16 トウショウピスト 吉田豊 15

 

単勝 6 870円 5番人気
複勝 6 230円 5番人気
3 180円 2番人気
7 160円 1番人気
枠連 2-3 2,490円 13番人気
馬連 3-6 2,150円 10番人気
ワイド 3-6 770円 8番人気
6-7 700円 6番人気
3-7 480円 1番人気
馬単 6-3 4,750円 24番人気
3連複 3-6-7 3,230円 6番人気
3連単 6-3-7 23,880円 75番人気

 
 
 
6.セイウンコウセイはちょっとないと思ってました
まだ開花しきれていないかな~なんて
 
ズキューーーン!
「それは違うよ」
 
・・・
 
うぉーーーーーーい!
さっきからずっと「ダンガン」ばっかりで
「ロンパ」はどうした「ロンパ」は!笑
 
単勝一桁台の人気だったとか色々あるでしょうが!
  
まったく外れた上に中途半端なツッコミのみで
暴動じゃ(#ノー_ー)ノ彡┻━┻
 
キラーンっ
 
モノクマ「秩序を乱したら罰を受ける、社会のルールでしょ?」
 
いや、あんたのは罰というか死んじゃうから笑
 
ここではこちらがルールだからね
誰よりもルールにうるさいってブログ内で有名なんだから
 
今日はずした超高校級の不幸者は
おしおき(公開処刑)だ~
κ( ` ▽´)κケケケ

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事