結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2017 第22回秋華賞GⅠ結果考察

2017 第22回秋華賞GⅠ
京都競馬場 2,000m 芝・右
2017年10月15日
 
「シャバい、シャバい」
 
ファンの方はこれだけでもうピンときたでしょう!
80年代一世を風靡した伝説の不良漫画
そうです。ビーバップハイスクール城東のテルのセリフです。
 
不良漫画はここから始まったと言っても過言ではないですよね。
当時ビーバップハイスクールのキャラに影響され
セリフを真似るヤンキーやヤンキーになる人も急増したという。
 
漫画自体は結構ギャグなんかも満載で面白かったですね~
映画は結構真剣な場面も多くて見入っちゃいましたよね。
 
そんな当時青春真っ只中の層にも多いのが
そう、競馬ファンです!
今日は秋華賞についてやっていきたいと思います。
 
秋華賞と言えば牝馬の戦い
血の気の多い野郎たちには無縁の牝馬(女性)
 
北高の前川真吾だけは別でしょうかね(笑)
しかし映画で前川真吾を演じる小沢仁志さんはこの時から貫禄ありましたね~
すごくマッチしたキャスティングだったと思いますね
 
という事で早速出走馬から見ていきましょうか。
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 アエロリット 横山典弘 1
2 ラビットラン 和田竜二 6
3 ブラックオニキス 大野拓弥 15
4 モズカッチャン M.デムーロ 5
5 ブラックスビーチ 川田将雅 14
6 メイショウオワラ 松若風馬 12
7 リスグラシュー 武豊 4
8 カワキタエンカ 北村友一 8
9 ハローユニコーン 田辺裕信 16
10 タガノヴェローナ 幸英明 17
11 ミリッサ 福永祐一 7
12 レーヌミノル 池添謙一 10
13 リカビトス 浜中俊 9
14 ディアドラ C.ルメール 3
15 ヴゼットジョリー 菱田裕二 18
16 ファンディーナ 岩田康誠 2
17 ポールヴァンドル 三浦皇成 11
18 カリビアンゴールド 田中勝春 13

 
 
今年もきっちり18頭のフルゲートですね。
エリザベス女王杯へ向けてのステップとして
熱き女同士の戦いが繰り広げられるわけですね。
 
愛徳のマドンナ泉今日子か、はたまた気の強い三原山順子か
それともクラスの大半に坊主にさせた薬島博子か
そんなイメージをしたところでお次に行きましょう。
  
 

1番人気はアエトリットでした。今回で重賞6戦目となるアエトリット。過去重賞5戦での連対率は80%。全7戦で見ると85%とかなりの好成績を出してきているだけに今回の人気も十分頷ける結果と言えます。春の桜花賞こそ落としましたがその後のNHKマイルでは見事に勝利をおさめましたからね。今回十分期待できる逸材と言える事でしょう。
 
 

3番人気はファンディーナ。1月に新馬戦を勝利で飾りつばき賞・フラワーCと連勝。この勢いでいくかと思われましたが続く皐月賞では7着、空いて先月のローズSでも6着と思わしくない結果となりました。それほどタイムを持っているというわけでもありませんが騎乗する岩田騎手がどのような作戦でいくのか見ものです。
 
 

2番人気がディアドラでした。前日までは4番人気でしたが当日に急上昇。今回は岩田騎手からルメール騎手に乗り替わり。今年絶好調のルメール騎手という事で人気も一気に上がった可能性も否めませんが、ディアドラ自体の実力も忘れてはいけません。前走の紫苑ステークスでは33秒後半の上がりも見せていますし期待は出来る存在です。
 
 
4番人気以降はリスグラシュー・モズカッチャン・ラビットランという人気順でした。
  
 

前走、前々走と実力を見せつけ勝利してきたアエロリット。前走のクイーンSでは初めての1800mで結果を出す事が出来ましたが、今回も初めての2000m。問題なくクリアしてくるのか否かが分かれ目とも言えそうです。逃げきれるだけの持久力があるかどうかですね。アエロリットの秘めた力に期待度は高まります。
 
 

実力はないわけではないですが不安要素も若干ある模様。体調面と体重面、どちらも万全であるとは言い切れなさそうな仕上がりだ。勝利してきたレースでは強さこそ見せた内容ではあったが今回の秋華賞でその時のような仕上がりが出来ているのかどうかが肝になりそう。昨日の府中牝馬を勝利した岩田騎手が2日連続重賞を制覇するのかも見どころと言えそうです。
 
 

実力的には前走を見ればわかる通り申し分はない、乗り替わりがどう影響するかはわかりませんがルメール騎手ですのでそこまでの不安要素とはならないと思われます。若干不安要素があるとすれば枠でしょうか。7枠14番という事でやや外からのスタートで位置取り次第という感じにはなりそうである。
 
 

近走で勝利はないですが年末の阪神JFから3戦はソウルスターリングの優勝。前走のローズSではラビットランの優勝。今回の秋華賞ではラビットランは出走しますが、ソウルスターリングの出走はありません。何度か勝てなかった相手がいないわけなので当然勝利へとは近づくわけなので期待度は高まるのでしょう。小柄ながらも力強さをみせるリスグラシューは追い切りでは好タイムを出し好調な様子なので勝利へは近いかも知れない。
 
 
今回は単勝一桁台が6頭という事もあり人気馬が少し割れていますね
こういう時は配当も微妙だし狙いは広がるしであんまりなんですよね
 
まぁ堅くいきすぎても面白くもないので
穴馬を混ぜつつ狙ってサクっと当てちゃいますけどね。
 
ヒロシ「吐いたツバ飲まんとけよ!」
 
そうだぞ、ノブオ!調子に乗るな
ノブオ「む、むごい・・・」
 
この上位人気馬に食い込んでくる穴馬がいるかと聞かれると
うーんって感じではあるんですけどね。
 
まぁ言ってても仕方がないので実際のレースといきましょうか
  
 

各馬一斉にスタート!
やや出遅れたのは7.リスグラシューと9.ハローユニコーン
まだかまだかとゲート内で落ち着きのなかった14.ディアドラは順調な滑り出し
 
予想通りの展開ですかさず先頭にたつのは8.カワキタエンカ
続くのは内から横山騎手騎乗の1.アエロリット
外からは16.ファンディーナが続きます。
 
殿は田辺騎手騎乗の9.ハローユニコーン
 
短い直線を抜けると第一コーナーに入ります。
第一コーナー突入時の順位は下記の通り
 
 
8-1-16-5-4-12-2-6-10-11-18-7-17-3-14-13-15-9

 
 
1番人気の1.アエリロットは2番手先行のポジション
2番人気の16.ファンディーナは続く3番手
 
そのまま第二コーナーへと入ります。
第一コーナー突入時の順位は下記の通り
  
 
8-1-16-5-4-12-6-2-10-11-7-18-3-17-14-13-15-9

 
 
テンのハロンのタイムは35.6
去年のレースとの比較-0.2
天候の影響もあるかと思いましたが去年よりやや速いペースです。
 
残り1000m、半分を切った辺りで後方にいた
ルメール騎手が動きだし14.ディアドラは前に出ます。
 
縦長に広がった展開も第三コーナーに近づくにつれ
徐々にその差は詰まっていきます。
 
第三コーナー突入時の順位は下記の通り
 
 
8-1-16-5-4-2-6-12-10-7-17-11-14-18-3-9-13-15

 
 
間隔が詰まり各騎手がポジション取りをしながら最終第四コーナーへと向かいます。
続く第四コーナー
第四コーナー突入時の順位は下記の通り
 
 
8-1-16-4-5-2-12-7-14-6-17-11-3-10-15-9-18-13

 
 
1番人気の横山騎手騎乗1.アエロリットは依然二番手
2番人気の岩田騎手騎乗16.ファンディーナも三番手のままです
 
最終コーナーを抜け各馬最後の直線へと向かいます。
コーナーを抜けてすぐさま先頭に立ったのは4.モズカッチャン
二番手にいた1.アエロリットは鞭を入れるが伸びません。
中央からは7.リスグラシュー
さらにそれを追うように14.ディアドラが上がってきます。
 
あっという間に7.リスグラシューをとらえると
そのまま先頭4.モズカッチャンもかわしてそのままゴール!
 
前走の紫苑ステークスで見せた脚が再び
今回も見事な脚を見せて秋華賞を制しました。
 
2着争いは4.モズカッチャンと7.リスグラシューでしたが
最後はハナ差で7.リスグラシューが2着となりました。
 
上がり3ハロンのタイムは37.0
去年のレースとの比較+2.6
上がりタイムでもわかるように全体的にタイムは遅めです。
 
 
第22回 秋華賞GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 14 ディアドラ C.ルメール 3
2 7 リスグラシュー 武豊 4
3 4 モズカッチャン M.デムーロ 5
4 2 ラビットラン 和田竜二 6
5 8 カワキタエンカ 北村友一 8
6 3 ブラックオニキス 大野拓弥 15
7 1 アエロリット 横山典弘 1
8 11 ミリッサ 福永祐一 7
9 17 ポールヴァンドル 三浦皇成 11
10 13 リカビトス 浜中俊 9
11 15 ヴゼットジョリー 菱田裕二 18
12 5 ブラックスビーチ 川田将雅 14
13 16 ファンディーナ 岩田康誠 2
14 12 レーヌミノル 池添謙一 10
15 9 ハローユニコーン 田辺裕信 16
16 6 メイショウオワラ 松若風馬 12
17 10 タガノヴェローナ 幸英明 17
18 18 カリビアンゴールド 田中勝春 13

 

単勝 14 630円 2番人気
複勝 14 220円 3番人気
7 190円 2番人気
4 270円 5番人気
枠連 4-7 1,100円 4番人気
馬連 7-14 1,510円 3番人気
ワイド 7-14 570円 2番人気
4-14 790円 7番人気
4-7 750円 5番人気
馬単 14-7 2,900円 6番人気
3連複 4-7-14 3,180円 5番人気
3連単 14-7-4 14,760円 15番人気

 
 
終わってみれば3番~5番人気のガッチガチでしたね。
やはり配当は微妙ですね。
それにしてもルメール騎手は絶好調ですねー
 
それに比べて読者の皆さんは言うと・・・
 
何ぃ~当てたやつもいるだって!?
 
「城東の万馬券狩りだぁぁ!」
 
え?当たるわけないって?
ここの読者は競馬が好きなだけの下手くそばかり?
 
カッチーンッ!!
 
「読者は~  競馬が好きなだけぇのぉ~ 下手くそぉのぉ~」
「集まりだってぇ~ ! ほざいたなぁ~!! あ”あ”ぁぁぁん!?」
By テル風
 
あ、読者か
ならいっか♪(^▽^)

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事