結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2017 第61回大阪杯GⅠ結果考察

2017 第61回大阪杯GⅠ
阪神競馬場 2000m 芝・右
2017年4月2日
 
はいーやってましりました~
 
本日は大阪杯をやっていきます。
 
珍しくいきなり本題だなって?
まぁね~
今回の大阪杯は今回からGⅠレースですからね。
やっぱりGⅠに昇格した一発目は力が入るものでしょ~
 
皆さんだってそうでしょう?
まぁ力が入っても当たるものではないですからね
特に皆さんの場合は笑
 
それでは早速第61回大阪杯
GⅠ昇格後初開催の出走馬をみていこうじゃないか
  
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ミッキーロケット 和田竜二 6
2 アングライフェン 岩田康誠 14
3 スズカデヴィアス 藤岡佑介 12
4 ステファノス 川田将雅 7
5 キタサンブラック 武豊 1
6 サクラアンプルール 横山典弘 9
7 サトノクラウン M.デムーロ 3
8 ロードヴァンドール 太宰啓介 10
9 ディサイファ 四位洋文 13
10 モンドインテロ 内田博幸 11
11 マルターズアポジー 武士沢友治 8
12 アンビシャス 福永祐一 5
13 ヤマカツエース 池添謙一 4
14 マカヒキ C.ルメール 2

 
 
 
いや~これはなかなかの顔ぶれですよ
昨年覇者のアンビシャスもいて14頭立てとなっています。 
 
去年はというと11頭立てでしたからね。
アンビシャスも去年より厳しい戦いとなる事でしょうね。
楽しみですね~
 
 
それでは次に人気馬を見ていきましょうか。
 
 

単勝オッズ2.4倍で1番人気だったのがキタサンブラックでしたね、安定した成績を残してるきてる競走馬だけに休養明けのぶっつけ本番といえども天才騎手武豊とのコンビで堂々の1番人気を獲得となりました。
 
 

2番人気だったのが単勝オッズ3.8倍でマカヒキでした。作戦の東京優秀(日本ダービー)の覇者でその後海外へ遠征し今年の初戦前走京都記念で3着でした。鞍上をC.ルメールに変更しての参戦でしたね。
 
 

そして3番人気が単勝オッズ4.6倍だったサトノクラウンでした。こちらは前々走遠征先の香港ヴァーズと前走京都記念で勝利を収めての参戦で気になってる人は多かったのではないでしょうか。京都記念に関しては連覇でした。
 
 
4番人気以降はヤマカツエース・アンビシャス・ミッキーロケットと続きました。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみましょう。
 
 

昨年の大阪杯以来、距離2000mは走っておらず距離的に若干不安を残すところではあるが去年の大阪杯でも2着となっており今回も大崩れする事はないだろうと言われていましたね。日本を代表する競走馬だけにやはり能力的には一歩も二歩も抜きんでている。大崩れするイメージはまったく思い浮かばないですね。
 
 

東京優駿(日本ダービー)でサトノダイヤモンドを倒した実力は本物だが凱旋門での大敗と京都記念の負けで人気を落としてるなら買いかなと思いましたが結局2番人気とはたいしたものです。一叩きして上澄みも期待できるので上手く直線でキレのある走りをみせれば上位を狙えると言われていました。
 
 

世界の競合相手に勝利して能力の高さを実証した。休養明けの前走京都記念でも1馬身差以上つけて勝利するなど間違いなく勢いがある競走馬で充実していると言われていました。一叩きした事で更なる飛躍を期待できそうです。
 
 

GⅠレースでは悉く大敗に甘んじてきたが昨年末の前々走有馬記念では4着と好走しました。前走の金鯱賞を危なげなく制して今勢いがあると言われていました。コース的にやや不安は残りますが好勝負は間違いない。
 
 
14.マカヒキをおさえて5.キタサンブラックが1番人気
やはり最近のキタサンブラックの成績をみれば誰もが強い競走馬と認めている事でしょう
 
本音を言うと今回の大阪杯は何気に予想が簡単なのでは?
なんて安易な考えも持っています。
 
メンツを見ても大荒れはないように思えますし
堅めに攻めればいけるんじゃないかな~と笑
 
7.サトノクラウンはギリ切っても後ろ髪を引かれる程でもないですし
12.アンビシャスは去年を制しているだけにおさえたとして
他は比較的選択しやすい気がしなくもない。
 
とまぁ感覚だけの根拠のない予想ではあるんですけどね笑
 
とりあえずどういうレースになったのかは
実際に追っていくのが早いでしょう
 
それでは早速レース展開を見ていくとしましょうか。

 

各馬一斉にスタート!
 
綺麗なスタートですが若干ゆったりした感じにも見受けられます
早速先頭で逃げの体制をとるのは11.マルターズアボジー
続く8.ロードヴァンドール
 
殿は岩田騎手の2.アングライフェン
 
短い直線から最初のコーナーへと進入していきます。
 
第一コーナーでの順番は以下の通り
 
 
11-8-6-5-4-7-9-3-10-13-1-14-12-2

 
 
5.キタサンブラックが先頭で馬群を引っ張るかに思われましたけど
11.マルターズアポジーが大きく逃げていきます
 
続く第二コーナー
第ニコーナーでの順番は以下の通り
 
 
11-8-5-6-4-7-3-10-9-13-1-14-12-2

 
 
5.キタサンブラックに騎乗する武豊騎手ですが
つられず自分のペースを保ちます
この直線では余裕すら感じさせる騎乗をしています
  
テンのハロンのタイムは35.5
去年のレースとの比較-1.3
11.マルターズアボジーの大逃げがきいていますね
 
2番人気のマカヒキはというとまだ後方にいます。

第三コーナーを前に一気に馬群の長さが縮みます
第三コーナーでの順番は以下の通り

 
11-8-5-4-6-3-7-9-10-13-2-1-14-12

 
 
ここで殿にいた岩田騎手騎乗の2.アングライフェンが動きます
その他にも四位騎手騎乗の9.ディサイファも前に出ます

続く第四コーナー
第四コーナーでの順番は以下の通り
 
 
11-8-5-4-3-7-6-13-9-2-10-14-1-12

 
 
5.キタサンブラックがいい位置で仕掛け始めます
直線に入ると11.マルターズアボジーが先頭ですがさすがに伸びがありません
 
逆に自分のペースを守ってきた5.キタサンブラックの武豊騎手は余力を残してスパート
後ろには4.ステファノス
 
14.マカヒキはというと伸びていますが若干仕掛けるタイミングが遅かったか
抜け出すポジションも微妙で前に出きれず
 
 
レースはこのまま5.キタサンブラックが余裕の勝利
2番手には川田騎手騎乗の4.ステファノス
3番手には池添騎手騎乗の13.ヤマカツエースという結果になりました
 
 
上がり3ハロンのタイムは35.3
去年のレースとの比較+1.7
去年のペースかなりゆったりとしたペースとなりました
 
 
第61回 大阪杯GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 5 キタサンブラック 武豊 1
2 4 ステファノス 川田将雅 7
3 13 ヤマカツエース 池添謙一 4
4 14 マカヒキ C.ルメール 2
5 12 アンビシャス 福永祐一 5
6 7 サトノクラウン M.デムーロ 3
7 1 ミッキーロケット 和田竜二 6
8 10 モンドインテロ 内田博幸 11
9 2 アングライフェン 岩田康誠 14
10 9 ディサイファ 四位洋文 13
11 3 スズカデヴィアス 藤岡佑介 12
12 11 マルターズアポジー 武士沢友治 8
13 6 サクラアンプルール 横山典弘 9
14 8 ロードヴァンドール 太宰啓介 10

 

単勝 5 240円 1番人気
複勝 5 110円 1番人気
4 280円 5番人気
13 280円 4番人気
枠連 3-4 2,130円 9番人気
馬連 4-5 2,320円 7番人気
ワイド 4-5 540円 7番人気
5-13 480円 3番人気
4-13 1,800円 21番人気
馬単 5-4 3,390円 12番人気
3連複 4-5-13 4,830円 18番人気
3連単 5-4-13 23,910円 79番人気

 
 
 
いや~、結果をみたら如何に予想が安易だったか笑
 
7.サトノクラウンは読み通り
まぁここまではよかった
 
しかし12.アンビシャスと14.マカヒキ
この2頭がまさか馬券に絡んでこないとはね…
 
さらにノーマークだった7.ステファノス
全然簡単なんかじゃなかったですね笑
 
GⅠ昇格後1戦目はなんとしても的中させたかったなぁ
 
皆さんは、、、いや聞かない
いつもの聞くまでもないんじゃなくて聞かない!笑
なぜなら3連単79番人気と全然買ってる可能性があるから(#^ω^)
 
大阪杯は忘れて次だ次だー
 
しかしキタサンブラックまじで強いな
ヾ(・ω・`;)ノ

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事