結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2017 第34回マイルチャンピオンシップGⅠ結果考察

2017 第34回マイルチャンピオンシップGⅠ
京都競馬場 1600m 芝・右 外
2017年11月19日 
 
寒いっ!
 
なんだかようやく冬到来という感じの気温になってきましたね
 
明日からはさらに気温が下がるようですよ。
日本海側では早くも雪が降るかもしれないとの事で
普段負け続きでお財布が寒い読者の方はせめて体だけでも暖かくしてください笑
 
しかし
どこもかしこも寒いだけではありません!
そう、今日はマイルチャンピオンシップGⅠです。
大盛り上がりで熱気に包まれていますね。
 
さてそんなマイル王を決めるレース
せっかくですから財布の中身も温めようじゃないですか笑
 
という事で早速出走馬といきましょうか。
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 ブラックムーン A.アッゼニ 17
2 アメリカズカップ 松山弘平 12
3 ヤングマンパワー 石橋脩 13
4 サングレーザー 福永祐一 6
5 サトノアラジン 川田将雅 5
6 ダノンメジャー 北村友一 16
7 レッドファルクス C.デムーロ 3
8 マルターズアポジー 武士沢友治 7
9 レーヌミノル 和田竜二 10
10 クルーガー A.シュタルケ 8
11 エアスピネル R.ムーア 2
12 イスラボニータ C.ルメール 1
13 グランシルク 田辺裕信 9
14 ガリバルディ 岩田康誠 15
15 ムーンクレスト 藤岡佑介 18
16 ウインガニオン 津村明秀 11
17 ジョーストリクトリ 武豊 14
18 ペルシアンナイト M.デムーロ 4

 
 
22登録馬の中から選ばれた18頭のフルゲートです。
今回は結構乗り替わりも多くてどんなレースになるのか
違う意味でも楽しみな事が多いですね。
 
そんな第34回マイルチャンピオンシップで人気となっているのは
一体どの競争馬なのか、こちらも見ていきましょう。
 
 

単勝1番人気は4.6倍で12.イスラボニータです。近走では勝利数こそあまりありませんが過去23戦中17戦で複勝圏内という実力については申し分ありません。前走の富士ステークスでは2馬身差でエアスピネルに敗れて2着でしたが天候も雨で今回とは違う条件となりますのでどうなるかはわかりませんね。三年ぶりのGⅠ獲得となるか好調なルメール騎手とのペアで期待度も高まっているのでしょう。
 
 

そして2番人気がエアスピネルでした。今年の札幌記念ではずっと武豊騎手できていたエアスピネルでしたが初めての乗り替わり。前走でまた武豊騎手でしたが今回もムーア騎手という事でずっとやってきた武豊騎手とのペアではありませんね。前走も勝利している実力馬ではありますがこの辺りは気になるところですね。
 
 

3番人気はレッドファルクスですね。M.デムーロ騎手に乗り替わりしてから7戦4勝と好成績のレッドファルクス。先月のスプリンターズステークスでは2連覇を成し遂げGⅠ2勝目を飾りました。そういう結果も踏まえての人気だとは思いますが今回はデムーロ騎手はデムーロ騎手でもC.デムーロ騎手と乗り替わりなのでどうなるんでしょうかねぇ。
 
 
4番人気以降はペルシアンナイト・サトノアラジン・サングレーザーという人気順でした。
 
 

過去の戦績をみても好成績をあげてきていますので期待されるのには頷けます。一方では6歳という事で厳しいのでは?という声もあるようですが、今回のマイルチャンピオンシップの過去優勝馬を見ると6歳以上もちらほらと見受けられるので年齢に関しては気にする事はなさそうですね。まぁ惜しくも勝利を逃してきている事実はありますので今回勝ち切れるのかという点については多少の懸念はありますね。
 
 

今回優勝候補としての呼び声の高いのがエアスピネル。状態としては前走よりもいいという事ですが今回はずっと一緒にやってきた武豊騎手ではありません。理由としては武豊騎手の怪我による面を重視してとの事ですが競争馬の癖などをよく理解しているだろうと思われる騎手ではなく初騎乗となるムーア騎手を起用するというのは若干引っ掛かる部分はありますね。ムーア騎手であればうまく乗りこなす可能性は高いかもしれませんけどね。
 
 

レッドファルクスはスプリンターズステークス2連覇を先日成し遂げたばかりの実力馬ですが他の馬と決定的に違うのはダートも芝もこなすという事。適応力の高さからどのレースでも適当してくれそうな期待感はありますね。さらには末脚にも定評も上がりタイムは33秒台は当たり前、CBC賞では32秒台も叩き出していますから注目馬といえると思います。
 
 

今回のダークホースともいえるペルシアンナイト。今年2月のアーリントンカップを制してから勝利こそありませんが成績はまずまず。今回穴馬としているところも多いようですね。しかも手綱を握るのはM.デムーロ騎手。レッドファルクスではなくこちらへの騎乗ですね。大外枠からどういう走りを見せるのか注目と言ったところですね。
 
 
人気ではイスラボニータが単勝倍率が高いようですが
評価としてはエアスピネルの方がやや優勢かという感じでしょうかね。
 
レッドファルクスもGⅠ2連覇している実力があるだけに切り辛いところですね。
 
いや~悩みますね・・・
まぁ毎度の事ですけど笑
 
サトノアラジンもやってくれるのか期待したいところですが
いまいち安定感がないので踏み切れない。
 
今回は初のGⅠ勝利もしてほしいエアスピネルと
レッドファルクスを中心に攻めてみましょうかね~
 
という事で早速実際のレースの方へといきますか。
 
 
さぁ寒さを吹き飛ばしていきましょう
 
 

各馬一斉にスタート!綺麗なスタートとなりました、第34回のマイルチャンピオンシップ!
 
スタート直後スローペースで殿につけたのは1.ブラックムーン
同じように後方につけるのは5.サトノアラジン
先頭争いでは8.マルターズアポジーが前に出ました。
 
序盤のこの直線で馬群は前方・方向の二手に分かれます。
やがて600m付近で連なった縦長の展開へとなります。
この辺りから各馬坂を登っていきます。
 
各馬が徐々に詰まっていく中、第三コーナーを迎えます。
第三コーナーの通過順位は以下の通り
  
 
8-6-3-15-9-16-2-11-17-4-12-7-10-14-18-13-5-1

 
 
1番人気12.イスラボニータは4番手
2番人気11.エアスピネルは馬群中団よりやや後方
 
テンのハロンのタイムは34.6
去年のレースとの比較+0.2
去年とほぼほぼ同様のペース
 
川田騎手騎乗の5.サトノアラジンが外から上がっていきます。
殿は依然1.ブラックムーン
 
そして最終第四コーナーを迎えます。
第四コーナーの通過順位は以下の通り
 
 
8-6-15-3-9-2-11-16-7-4-17-12-14-18-10-5-13-1

 
 
直線に入ると先頭の8.マルターズアポジーは内にいきます。
残り200mとなり中央から飛び出したのは11.エアスピネル
その後ろには7.レッドファルクスが抜け出るスペースを伺っていますがスペースがありません。
 
そうこうしている間にこのまま11.エアスピネルが念願のGⅠ勝利!
と思われたその時・・・
7.レッドファルクスの横から猛然と上がってくる一頭の馬が!
18.ペルシアンナイトです。
 
とは言えさすがに届かないだろうと思われましたが
一気に横に並び同時にゴール。
終わってみればまさかまさかのハナで差し切り
18.ペルシアンナイトが新マイル王に輝きました。
 
上がり3ハロンのタイムは35.2
去年のレースとの比較-0.4
去年との比較ではわずかに速いペース
 
  
第34回 マイルチャンピオンシップGⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 18 ペルシアンナイト M.デムーロ 4
2 11 エアスピネル R.ムーア 2
3 4 サングレーザー 福永祐一 7
4 9 レーヌミノル 和田竜二 10
5 12 イスラボニータ C.ルメール 1
6 1 ブラックムーン A.アッゼニ 17
7 10 クルーガー A.シュタルケ 8
8 7 レッドファルクス C.デムーロ 3
9 13 グランシルク 田辺裕信 9
10 15 ムーンクレスト 藤岡佑介 18
11 14 ガリバルディ 岩田康誠 15
12 5 サトノアラジン 川田将雅 5
13 6 ダノンメジャー 北村友一 16
14 3 ヤングマンパワー 石橋脩 12
15 8 マルターズアポジー 武士沢友治 6
16 2 アメリカズカップ 松山弘平 13
17 16 ウインガニオン 津村明秀 11
18 17 ジョーストリクトリ 武豊 14

 

単勝 18 880円 4番人気
複勝 18 290円 4番人気
11 180円 2番人気
4 430円 7番人気
枠連 6-8 820円 3番人気
馬連 11-8 2,480円 8番人気
ワイド 11-18 1,000円 8番人気
4-18 2,100円 23番人気
4-11 1,240円 14番人気
馬単 18-11 5,520円 22番人気
3連複 4-11-18 9,300円 24番人気
3連単 18-11-4 55,890円 165番人気

 
 
あっちゃー
まさかの18.ペルシアンナイトさんですか
M.デムーロ騎手勝負強さありすぎでしょ笑
 
そしてノーマークの4.サングレーザー
こちらはどこだったか忘れましたが穴馬として注目してるところもあったなぁ
今回は完全に外し要員でしたけど・・・
 
それにしてももう一つ気になる点が!
今回珍しく乗り替わりによりエアスピネルに騎乗出来なかった武豊騎手
 
なんとなんと珍しいドンケツゴール
もしやまだ泥酔状態なんじゃ・・・笑
なんて冗談はおいといてと、でも珍しいですよね。
 
今日は完敗だな~
皆さんも一緒だと思いますけども
 
身もお財布も寒い状態となりましたが
:;(∩´﹏`∩);:
 
 
せめて心は温かくいきましょう
( ・ㅂ・)و グッو

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事