結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2017 第37回ジャパンカップGⅠ結果考察

2017 第37回ジャパンカップGⅠ
東京競馬場 2400m 芝・左
2017年11月26日
 
スーパーマリオブラザーズ
 
言わずと知れた任天堂の生み出した最高キャラ!
もう老若男女誰もが知っていますし全世界で認知されていますよね
 
いやぁ凄いなぁと思うわけですよ
ただの国内ゲームソフトのキャラだったのが
今では世界から愛されるキャラになってるわけですからね。
 
ゲーム自体も面白かったからというのも
重要な要素だとは思いますけどね。
 
そんなマリオと同様に世界に羽ばたく競争馬の誕生を期待したい!
そう、そして今日はジャパンカップです
 
現役最強と呼び声高い競争馬を中心に
熱きレースを期待したいと思っています。
 
それではまずは登場人物・・ではなく出走馬から見ていきましょう
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 シュヴァルグラン H.ボウマン 6
2 レイデオロ C.ルメール 2
3 ギニョール F.ミナリク 9
4 キタサンブラック 武豊 1
5 サウンズオブアース 田辺裕信 12
6 イキートス D.ポルク 13
7 ディサイファ 柴山雄一 17
8 ソウルスターリング C.デムーロ 4
9 レインボーライン 岩田康誠 8
10 ブームタイム C.パリッシュ 16
11 マカヒキ 内田博幸 5
12 サトノクラウン M.デムーロ 3
13 シャケトラ 福永祐一 7
14 アイダホ R.ムーア 10
15 ワンアンドオンリー 横山典弘 14
16 ヤマカツエース 池添謙一 11
17 ラストインパクト 戸崎圭太 15

 
 
今年も17頭とそうそうたるメンツとなりましたジャパンカップ
そしてなんと去年も注目しましたが
今年はなんと去年よりも外国人騎手が多い!
その数なんと8名です笑
 
なかなかないですよね~
マリオにルイージとかワリオとか色々出てきた時を思い出しました笑
さてそれでは人気もみていきましょう。
 
 

単勝1番人気は2.3倍でキタサンブラックでした。今年の宝塚記念では9着という順位に終わってしまいましたが、前走の天皇賞では見事に人気に応え勝利し春秋の天皇賞制覇と勢いに乗るキタサンブラック。今回のジャパンカップと有馬記念で引退との話もありファンとしても有終の美を飾ってほしいという気持ちが強い事でしょう。
 
 

そして2番人気がレイデオロでした。若きルーキーが6戦5勝という成績でジャパンカップの舞台に立ちました。初のGⅠレースとなった皐月賞では、惜しくも5着という結果に終わってしまいましたがその皐月賞と同じような顔ぶれとなった東京優駿では見事に勝利し実力を見せつけました。新しいスターの誕生に競馬ファンも期待感がある事でしょう。
 
 

3番人気となったのはサトノクラウン。戦績は15戦7勝で内GⅠ2勝。前走の天皇賞秋では負けはしたもののキタサンブラックにクビ差と実力としては申し分のない結果をみせてくれました。鞍上のM.デムーロ騎手がうまくサトノクラウンの実力を発揮してくれているのかも知れませんね。
 
 
4番人気以降はソウルスターリング・マカヒキ・シュヴァルグランという人気順でした。
 
 

天皇賞を春秋制覇して完全にますます今年の競馬の顔になったと言えるキタサンブラック。今回も好枠の2枠4番と舞台は整っています。前走は春秋制覇のかかったレースでしたが今回は連覇のかかったレースに現役最強馬と言われるキタサンブラックが挑みます。東京競馬場との相性も良く切る要素が見当たらないキタサンブラックはよほどの事が無い限りは複勝圏内には入ってくるのではないでしょうか。
 
 

新時代の幕開けに期待が高まるレイデオロ。巷ではサトノダイヤモンドよりも上だと囁かれているようだ。驚異的な末脚というものはないが持続力でカバーできるだけの力は兼ね備えている。強い競争馬がいないとされたこの世代、もしここでキタサンブラックを破るような事になれば引退の時期に被せて世代交代という引導を渡す事になりますね。
 
 

サトノクラウンとしては前走の天皇賞はやや距離が短かった。そこを馬場の悪さで埋めたという見解はやはりどこも多い。今回のジャパンカップは2400m、サトノクラウンは過去の成績を見ても2200m以上での勝率、連対率は高く適正距離とも言えるでしょう。ただし個人的にはサトノクラウンは突出したものを感じないんですよね。M.デムーロ騎手なので最大限に力を発揮してくれそうではありますけどね。
 
 

前走からの乗り替わりからさらに今回も乗り替わりとなる1.シュヴァルグラン。騎乗するのはボウマン騎手とベテランではありますが、やはり乗り替わりとなるとうまくいくのか不安にもなりますね。距離が少し長かったイメージがありました。皐月賞を制してるだけに能力は間違いなく同世代では上位ですね。この距離なら十分に上位争い参加できる可能性はありそうですが強豪古馬相手にどこまで通用するのかというところです。
 
 
やはりキタサンブラック人気が凄いですねー
まぁ現役最強とも言われてるわけですから当然と言えば当然でしょうけどね
 
ちなみにスーパーマリオのキャラのランキングも探してみました
そしたらなんと!
 
大体こういうのって主人公というかメインキャラが一番になるものなのですが
マリオの順位は2位でした笑
 
3位はヨッシー
 
で、気になる1位はと言うと・・・
なんと、ルイージ!
 
いやマリオを大して差がないですやん
マリオ緑にしただけですやん
こんな事を言ったらきっとファンに怒れるだろうが・・
 
まぁあくまで人気ですからね
さて本題のジャパンカップですが
 
人気通りのキタサンブラックとなるか
はたまた若き力が飛躍するのか
まだ華を咲かせてない力が開花するのか
 
見どころの多いレースとなりそうですね~
それではいよいよレースの方へと行ってみましょうか。
 
てれってってってって♪
 
 

各馬一斉にスタート!
比較的綺麗なスタートとなったのではないでしょうか。
若干ゆったりしたペースに感じます。
そして去年のように武豊騎手騎乗の4.キタサンブラックが急ぐ事もなく前に出ます。
 
後ろには7.ディサイファ、15.ワンアンドオンリー、17.ラストインパクトが続きます。
最後方には6.イキートス、9.レインボーライン
 
マリオと違ってこのコースにはアイテムもなければドカンもありません
 
スタートから暫くすると第一コーナーを迎えます。
第一コーナーでの順位はこちら
 
 
4-3-7-15-1-13-17-8-10-16-2-11-12-5-14-6-9

 
 
一番人気の1キタサンブラックは先頭で昨年同様の展開。
二番人気の2..レイデオロ馬群中団あたり
三番人気の12.サトノクラウン中団よりやや後方に位置しています。
 
第二コーナー辺りでややペースが上がっているようにも見えます。
第二コーナーでの順位はこちら
 
 
4-7-3-1-15-10-8-13-2-17-16-11-12-5-14-6-9

 
 
みんな使いたいとは思うけどバナナ置いたりとか
甲羅投げたりももちろんできません。
 
テンのハロンのタイムは36.3
去年のレースとの比較-0.9
去年よりも1秒近く速いペースとなっています。
 
直線に入ると1000mを過ぎた辺りで16.ヤマカツエースが上がっていきます。
さらに第三コーナーに近づくにつれ後方も差を詰め始めます。
そして第三コーナーを迎えます。
 
第三コーナーでの順位はこちら
 
 
4-7-3-1-15-10-8-13-16-2-11-17-12-5-14-6-9

 
 
先頭は依然、武豊騎手の騎乗する4.キタサンブラック
2.レイデオロと12.サトノクラウンはまだ馬群中央付近
先頭付近では1.シュヴァルグランと15.ワンアンドオンリーが良い位置につけます。
そして迎える最終第四コーナー
 
第四コーナーでの順位はこちら
 
 
4-3-7-1-15-13-10-8-2-12-16-11-17-14-5-6-9

 
 
ここまで4.キタサンブラックが去年同様に引っ張って最後の直線に入ります。
馬群中央ではかなり後方も詰まってきています。
このまま去年と同じように余裕の勝利となってしまうのか!?
 
残り400のところでは4.キタサンブラックに並ぶ者はなく一馬身程のリードを保ったまま
その後方では密集している為簡単には前に出られない数頭。
内からは16.ヤマカツエースが上がるかと思いましたが伸びがありません。
 
まるで本当に去年のレースを見ているかのような中
波乱を起こしたのは4.キタサンブラックの後ろにいた1.シュヴァルグラン!
残し200mでここまで伸びがなかったのに急に上がります
さらにその外からは若きエース2.レイデオロ
 
残り100mで馬群から完全に抜け出た3頭
そしてここでついに1.シュヴァルグランが4.キタサンブラックをかわします!
さらに2.レイデオロまでもが4.キタサンブラックをとらえると
ゴール手前で差し切り!
 
なんと現役最強馬、ジャパンカップにて敗れるっ
勝利したのは1.シュヴァルグランでした
初のGⅠ勝利となりました。
 
そして2着の2.レイデオロ
もう弱い世代とは言わせないとばかりの走りを見せてくれましたね。
 
上がり3ハロンのタイムは35.1
去年のレースとの比較+0.4
上がりでは去年よりやや遅いタイム
 
最後ゴール前にクッパが待ち受けてたらまた違ったもかも知れないですね
ともあれシュヴァルグランおめでとう!
 
 
第37回 ジャパンカップGⅠ 確定順位は以下の通りです 
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 1 シュヴァルグラン H.ボウマン 5
2 2 レイデオロ C.ルメール 2
3 4 キタサンブラック 武豊 1
4 11 マカヒキ 内田博幸 6
5 14 アイダホ R.ムーア 10
6 9 レインボーライン 岩田康誠 8
7 8 ソウルスターリング C.デムーロ 4
8 16 ヤマカツエース 池添謙一 12
9 3 ギニョール F.ミナリク 9
10 12 サトノクラウン M.デムーロ 3
11 13 シャケトラ 福永祐一 7
12 5 サウンズオブアース 田辺裕信 11
13 10 ブームタイム C.パリッシュ 16
14 17 ラストインパクト 戸崎圭太 14
15 6 イキートス D.ポルク 13
16 15 ワンアンドオンリー 横山典弘 15
17 7 ディサイファ 柴山雄一 17

 

単勝 1 1,330円 5番人気
複勝 1 190円 4番人気
2 140円 2番人気
4 120円 1番人気
枠連 1-1 1,780円 6番人気
馬連 1-2 1,770円 7番人気
ワイド 1-2 460円 5番人気
1-4 350円 3番人気
2-4 230円 1番人気
馬単 1-2 5,250円 19番人気
3連複 1-2-4 1,300円 2番人気
3連単 1-2-4 13,340円 36番人気

 
 
すみません、去年と全く同じ事を言わせて下さい
1..シュバルグランがここで来るか~笑
 
なんかね、もう複雑です
今までって結構シュヴァルグランは買ってたんですよね
馬券だけでなく競争馬としても。
 
ただ今まで重要なところで勝てない&外した時に来る
そして極めつけは前走。
もう勝てないのかな、と思った矢先のGⅠ勝利笑
初勝利で嬉しい反面複雑です笑
 
マリオで言うならフラワー欲しいところでキノコ出たみたいなね
 
あとはレイデオロ
これから飛躍していってほしいですね
 
そうマリオの様に世界に名を馳せる競争馬に!
 
d(-ω・。)ネッ!

 
 

 
 
 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事