結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2016 第11回ヴィクトリアマイルGⅠ結果考察

2016 第11回ヴィクトリアマイルGⅠ
東京競馬場 1600m 芝・左
2016年5月15日
 
ファイナルファンタジー=通称FF(エフエフ)
 
ファイナルファンタジーだからFFなのではなく
FFとするためにファイナルファンタジーに決めたとも言われているRPGの名作だ
シリーズもたくさんありますがⅢが出た時は結構衝撃を受けましたね
 
とまぁFFの話をしましたが本日はヴィクトリアマイルの結果考察です。
ヴィクトリアマイルと言えば古馬牝馬の上半期マイルチャンプを決める戦い。
 
言ってみればFF4のリディアだったりFF5のファリスだったり
はたまたFF10のユウナだったりがチャンプを決める戦いをするようなもの
 
今年は見どころとしては昨年の覇者ストレイトガールの連覇が叶ったかどうかじゃないでしょうか。
結果が気になるところですが、まずは出走馬の方からみていきましょうかね。
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ウインプリメーラ 川田将雅 10
2 スマートレイアー 武豊 3
3 シャルール 横山典弘 9
4 ウリウリ 三浦皇成 13
5 レッドリヴェール 石川裕紀人 18
6 マジックタイム H.ボウマン 6
7 ルージュバック C.ルメール 4
8 メイショウマンボ 武幸四郎 17
9 カフェブリリアント 福永祐一 14
10 ミッキークイーン 浜中俊 1
11 レッツゴードンキ 岩田康誠 8
12 クイーンズリング M.デムーロ 5
13 ストレイトガール 戸崎圭太 7
14 ウキヨノカゼ 四位洋文 15
15 ショウナンパンドラ 池添謙一 2
16 シュンドルボン 吉田豊 12
17 トーセンビクトリー 内田博幸 16
18 ショウナンアデラ 蛯名正義 11

 
 
 
連覇の掛かったストレイトガールは7枠13番になりましたか。昨年は3枠5番での優勝でしたね。
これが吉と出るのか凶とでるのか…。今回唯一の7歳牝馬。
 
昨年は5番人気でしたが6歳での優勝はヴィクトリアマイルでは初でした。しかし、7歳になった今年も優勝する事になったらGⅠレースでは史上初となるそうですよ!
 
その他にもGⅠ勝利馬が7頭も揃った今回のヴィクトリアマイルは見どころ満載ですよね。
 
では早速、人気馬から振り返ってみましょう。
  
 

単勝1番人気はミッキークイーンでした。昨年の優駿牝馬(オークス)、秋華賞と制し、ジャパンカップに挑みましたが8着と敗れました、休み明け初戦の阪神牝馬ステークスでは1番人気2着でしたが2戦目の今回も1番人気を獲得しました。
 
 

単勝2番人気がショウナンパンドラでした。去年のヴィクトリアマイルでは7番人気で8着と敗れましたがその後ジャパンカップでは勝利を掴みました。今年初戦の前走大阪杯では3着となりました。2度目の挑戦となる今回は見事2番人気を獲得しました。
 
 

続いて3番人気ですが武豊騎手が騎乗するスマートレイアーでしたね。GⅠ制覇こそありませんが重賞3勝していて前々走東京新聞杯、前走阪神牝馬ステークスを連勝しての参戦でしたので皆さんも注目してたのではないでしょうか。ヴィクトリアマイルは3度目の挑戦です。
 
 
4番人気以降はルージュバック・クイーンズリング・マジックタイムという人気順でした。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
 
 

去年の優駿牝馬(オークス)、秋華賞を制した競走馬でここまで9戦して8連対というのはさすがの安定感がありますね。前走の阪神牝馬ステークスではスマートレイアーに先着を許すも斤量56kgでの上りタイム33.3で2着と上々の結果でした。能力の高さは疑いようがなく、一叩きして状態は最高と言われていましたね。
 
 

昨年のヴィクトリアマイルでは7番人気で8着と敗れてしまったがその時のジャパンカップを見事制して着実に力を付けてきている競走馬です。実績からみても能力の高さは申し分なく、距離適正にやや不安はありますが前走大阪杯で一叩きして期待がもてますね。
 
 

ヴィクトリアマイル初挑戦の2014年では1番人気となるも8着に敗れ、去年は6番人気10着を結果を出せてないですね。そして今年は重賞2連勝して勢いに乗っている中、脚質も変わって十分チャンスがあると言われていましたね。鞍上が武豊騎手に乗り替わっているのもプラス材料でしょうか。
 
 

3度目となるヴィクトリアマイルは7番人気ですが1度目は6番人気3着、昨年は5番人気1着と好成績を残していますね。それに加え、昨年はスプリンターズステークスも制しておりGⅠ2冠馬です。年齢的に苦しい部分もありますが休み明け2戦目は結果を残す競走馬だと言われていました。昨年の優勝馬だけに軽視は危険かもしれないですね。
 
 
ストレイトガールは7番人気でしたか。もう少し人気が集中するかと思ったんですけどね
やはり人も馬も若い方が良いという事なのか!?
牝7歳とは言え忘れてはいけませんよ
ストレイトガールはガール、すなわち歳を重ねようと女の子なのです。
 
さてそれではレース展開を見ていくとしましょう
 
 

ゲート開放と同時に各馬一斉にスタート。やや出遅れ気味だったのがH.ボウマン騎手騎乗の6.マジックタイムと四位洋文騎手騎乗の14.ウキヨノカゼですね。
 
先頭争いでハナきっていくの5.レッドリヴェール、そして4番人気2.スマートレイアーがそれに続くかたちで第三コーナーへと突入していきます。
 
連覇の掛かっている13.ストレイトガールはこの時点では中団よりやや後方といったところでしょうか。
この時点での順番は以下の通り
 
 
5-2-3-9-1-17-6-7-4-11-13-12-10-15-8-16-18-14

 
 
ここで果敢に前に出てきたのが9.カフェブリリアント、2番手3番手は変わらず5.レッドリヴェール、2.スマートレイアーと続きます。
注目の1番人気10.ミッキークイーンは中団辺りで13.ストレイトガールのやや後方で13番手といったところですね。
 
テンのハロンのタイムは33.8
去年のレースとの比較-0.5
ペース的には昨年より若干速いペースで展開していますね。
 
第四コーナーに向けて後続馬がじわりじわりと前に詰めていきます。
第四コーナーの通過順位は以下の通り
 
 
9-5-2-1-6-3-17-4-7-13-11-10-12-15-8-16-18-14

 
 
13.ストレイトガール、10.ミッキークイーンが順位をあげていっていますね。
15.ショウナンパンドラは未だ後方これは大丈夫なのだろうか…
 
第四コーナーを抜けて東京の長い長い最後の直線へ。
ここで10.ミッキークイーンが前に出ようとするが塞がってていけず
13ストレイトガールの前方のスペースがパッカリ空いてグングン前に出てきます。
 
その後ろでは10.ミッキークイーンの鞍上浜中俊騎手が必死に鞭打つが伸びない。
そして、15.ショウナンパンドラは大外から鞭を叩いて追い上げてくる。
先行していた2.スマートレイアーもまだ前で粘っていますね。
 
ああっと200M手前で早くも13.ストレイトガールが単独トップの独走状態。
これはもう決まりか!?勢いが止まらない!止まらない!
 
ここで更に鞍上の戸崎圭太騎手が鞭を打って一気に後続を離しにかかりました。
差がグングンと広がっていく~。
10.ミッキークイーンの浜中俊騎手も懸命に鞭を打って追い縋るがなかなか距離は縮まりません。
 
そして、15.ショウナンパンドラも必死に追い上げてくるがまったく届かない。
なんとなんと!7番人気の7歳13.ストレイトガールが圧倒的な強さをみせてヴィクトリアマイルを制しました!
 
上がり3ハロンのタイムは34.3
去年のレースとの比較-0.7
昨年よりも速いペースでレースレコードを叩き出しましたね。
 
そして、2着には2馬身半差で10.ミッキークイーン
3着にはハナ差で15.ショウナンパンドラと続きました。
今年のヴィクトリアマイルは見事ストレイトガールの2連覇という結果になりましたね~
 
記録に名を遺した第11回ヴィクトリアマイルGⅠの確定順位は以下の通りになります。
  
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 13 ストレイトガール 戸崎圭太 7
2 10 ミッキークイーン 浜中俊 1
3 15 ショウナンパンドラ 池添謙一 2
4 2 スマートレイアー 武豊 3
5 7 ルージュバック C.ルメール 4
6 6 マジックタイム H.ボウマン 6
7 14 ウキヨノカゼ 四位洋文 15
8 12 クイーンズリング M.デムーロ 5
9 16 シュンドルボン 吉田豊 12
10 11 レッツゴードンキ 岩田康誠 8
11 1 ウインプリメーラ 川田将雅 10
12 8 メイショウマンボ 武幸四郎 17
13 4 ウリウリ 三浦皇成 13
14 5 レッドリヴェール 石川裕紀人 18
15 9 カフェブリリアント 福永祐一 14
16 18 ショウナンアデラ 蛯名正義 11
17 17 トーセンビクトリー 内田博幸 16
18 3 シャルール 横山典弘 9

 

単勝 13 1,770円 7番人気
複勝 13 410円 7番人気
10 140円 1番人気
15 170円 2番人気
枠連 5-7 650円 1番人気
馬連 10-13 3,510円 13番人気
ワイド 10-13 1,310円 13番人気
13-15 1,790円 20番人気
10-15 350円 1番人気
馬単 13-10 9,790円 38番人気
3連複 10-13-15 6,090円 11番人気
3連単 13-10-15 48,310円 125番人気

 
 
 
昨年のヴィクトリアマイルではGⅠレースで史上最高の払戻しとなったし、
まだ第11回目だというのに、このGⅠはいろんなドラマを見せてるくれるレースですよね。
第8回、第9回ではヴィルシーナが連覇をしましたが第10回、第11回ではストレイトガールが連覇を成し遂げました。
 
しかも、偉業はそれだけではありません。GⅠレースで7歳牝馬が勝利した事は今までになく、こちらは史上初の快挙となるそうです。
それに今回は1分31秒5というレースレコードのおまけ付き。本当に強かったですねー。記憶にも記録にも残る感じですかね(笑)
 
FFシリーズと同じくらいのペースで年を重ねていますし
FFも1作1作記録的なセールスをしていたりと似てる部分もありますね。
 
ちょっとやりたくなってきたな~
こりゃ負けた人を相手にしている場合じゃない
 
(。・ω・)ノさらば

 
 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事