結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2016 第154回天皇賞(秋)GⅠ結果考察

2016 第154回天皇賞(秋)GⅠ
東京競馬場 2000m 芝・左
2016年10月30日
 
さてやってまいりました!第154回天皇賞(秋)
 
天皇賞秋といえば
皇室から楯がもらえるということで大変栄誉のある賞です。
 
当時は賞金よりもこのお金では買えない栄誉のために
騎手達は奮闘したそうです。
 
まぁそうですよね、単純に勝利していない騎手であれば
賞金目当てのレースというのが重きにあるかもしれませんけど
賞金もある程度稼いでるような騎手からしてみたら
あとはこういう栄誉とかの方が重要でしょうからね。
 
金と名誉・名声を手に入れるこの大舞台!
一体どんな競争馬が出揃たったのか
是非見ていきましょう
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 エイシンヒカリ 武豊 2
2 クラレント 内田博幸 14
3 アンビシャス 横山典弘 4
4 サトノクラウン 福永祐一 8
5 ロゴタイプ 田辺裕信 9
6 アドマイヤデウス 岩田康誠 11
7 サトノノブレス A.シュタルケ 10
8 モーリス R.ムーア 1
9 ルージュバック 戸崎圭太 3
10 カムフィー 蛯名正義 15
11 ヒストリカル 田中勝春 12
12 リアルスティール M.デムーロ 7
13 ヤマカツエース 池添謙一 13
14 ステファノス 川田将雅 6
15 ラブリーデイ C.ルメール 5

 
 
今年は15頭の出走となりましたね
今回は稀にみるもの凄い顔ぶれですね
 
1番から15番までどれが勝ってもおかしくない!
 
こういうレースは高配当も狙いやすいから良いんですが難しい~
さてこの栄誉あるレースを制するのはどのペアでしょうかね
  
 

単勝1番人気はやはりモーリスでしたね。去年の若潮賞(1000万下)から9戦して7勝、2着2回と連対率は100%です。その内、国内GⅠを3勝、国外GⅠを1勝しています。前々走、前走は2着と甘じていますが1番人気を獲得しています。
 
 

単勝2番人気がエイシンヒカリでした。去年の天皇賞(秋)では2番人気となるも9着と敗れていますが、その後は国外GⅠを3戦2勝と好成績を残しての参戦となりました。鞍上は変わらず武豊騎手ですね。2番人気を獲得しました。
 
 

単勝3番人気がルージュバックです。去年は果敢にGⅠレースに挑戦するもなかなか結果が残せず有馬記念では10着と終わりました。そして、今年はヴィクトリアマイルで5着になりましたね。続く、前々走のエプソムカップ、休み明けの前走毎日王冠では上り最速タイムで勝利をもぎ獲りましたので実力的に注目を集めました。
 
 
4番人気以降はアンビシャス・ラブリーデイ・ステファノスという人気順でした。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
  
 

7連勝で迎えた前々走の安田記念では折り合いがつかず勝利こそ逃してしまったが、それでも2着になったのは国内外のGⅠ4勝しているこの馬の能力の高さ故でしょうね。前走の距離2000m札幌記念でも2着となってしまったが決して内容は悪くはなかったです。マイル戦で強い競馬を見せるだけあって距離2000mは不安要素と言われていましたね。今回は国内外のGⅠレースで勝利に導いたR.ムーア騎手を鞍上に迎えられたのはプラス材料です。
 
 

絶好の枠を引いたからか些か過剰人気になっているように感じましたね。確かに国外G1で2連勝しているだけあって実力は本物なんでしょうが去年の天皇賞ではあっさり9着に敗れてるのが気になります。今回のメンバーだと楽な競馬は期待できないでしょうし逃げ切りは難しいのではないだろうか。
 
 

前々走前走と重賞を2連勝していて間違いなく実力をつけてきている一頭ですね。特に前走の毎日王冠では強豪牡馬相手に完勝の出来でした。今回は相手が更に強力になっていますが好勝負を期待してもいいんじゃないでしょうかね。
 
 

国外で初G1制覇をして挑んだ安田記念ではまさかの11着と敗れてしまい評価を落としてしまいましたが地力は確かな馬なのは間違いないですね。毎日王冠を回避しての参戦で鞍上がM.デムーロ騎手に乗り替わっているのも不気味ですね。不安材料はいろいろとありますが、なんにしろドバイターフで見せたようにしっかり能力を出しきれれば上位に喰い込んでもおかしくはないのではないでしょうか。
 
 
1番人気は8番のモーリスですね
まぁ1番人気とは言っても今回の天皇賞は
なんと単勝一桁倍が6頭いるんですからね
 
なので1番人気ではあるものの僅差の中の1番なのです
今回は本当に面白いレースですね
 
今回はそれなりに勝負に出てもいいレースな予感がしますね」
もちろん勝負に出るなら3連単でガツっと勝負
 
一発狙いも辞さない勢いで勝負していきたいと思っています。
やはりこういうのはね、勢いですよ勢い
 
また同じようなレースで勝負しようと思っても
ここまで割れるレースはないですからね、チャンスが来たらそのチャンスを
狙っていくしかないでしょう。
 
たとえ負けてもチャンスの時に狙わないのは勿体ないです
なので一気に勝負でちゃいましょう
という事でどこから勝負すればいいか迷うかもしれませんが
こういうレースこそ狙い目のレースなのです
 
 
それではレース展開を見ていきましょう
  
 

各馬一斉にスタート!
 
横山騎手騎乗の3.アンビシャスとムーア騎手騎乗の8.モーリスが
若干スタート後バランスを崩したか
スタート後の短い直線をぬけるとコーナーへと入ります

第二コーナーの通過順位は以下の通り
 
 
1-15-5-13-2-4-8-12-7-6-9-10-14-3-11

 
 
逃げるのは2番人気の武豊騎手騎乗1.エイシンヒカリ
短いコーナーを抜けてると外からルメール騎手騎乗の15.ラブリーデイがあがります
比較的馬群は詰まった感じの展開となっています。
 
テンのハロンのタイムは36.9
去年のレースとの比較+0.5
ペース的には昨年より若干速いペースで展開していますね。
 
直線の坂道をかけあがっていくと
第三コーナーへと突入していきます。
第三コーナーの通過順位は以下の通り
 
 
1-15-5-13-2-4-8-7-6-10-12-3-9-14-11

 
 
順位にはさほど変化は見られません。
 
続く第四コーナー
第四コーナーの通過順位は以下の通り
 
 
1-15-5-13-2-4-8-7-6-10-12-3-9-14-11

 
 
直線に入ると特に抜きに出る競争馬はおらず各馬横に並んで進んでいきますが
残り200mのところから8.モーリスが勢いよく飛び出していきます
 
それを追走するのは12.リアルスティールと14.ステファノスですが
8.モーリスの勢いある脚には及ばず!
 
そのまま8.モーリスが1着でゴール
勝ちタイムは1:59.3でした
 
 
第154回 天皇賞(秋)GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 8 モーリス R.ムーア 1
2 12 リアルスティール M.デムーロ 7
3 14 ステファノス 川田将雅 6
4 3 アンビシャス 横山典弘 4
5 5 ロゴタイプ 田辺裕信 9
6 6 アドマイヤデウス 岩田康誠 11
7 9 ルージュバック 戸崎圭太 3
8 11 ヒストリカル 田中勝春 12
9 15 ラブリーデイ C.ルメール 5
10 7 サトノノブレス A.シュタルケ 10
11 2 クラレント 内田博幸 14
12 1 エイシンヒカリ 武豊 2
13 10 カムフィー 蛯名正義 15
14 4 サトノクラウン 福永祐一 8
15 13 ヤマカツエース 池添謙一 13

 

単勝 8 360円 1番人気
複勝 8 150円 1番人気
12 350円 7番人気
14 240円 5番人気
枠連 5-7 1,510円 6番人気
馬連 8-12 2,420円 10番人気
ワイド 8-12 900円 11番人気
8-14 630円 5番人気
12-14 1,760円 24番人気
馬単 8-12 3,700円 14番人気
三連複 8-12-14 7,430円 31番人気
3連単 8-12-14 32,400円 119番人気

 
 
3連単は119番人気、狙える範囲の結果だったでしたけど
どうでしたか~?
今回は見事に的中獲ってしましたよ!
 
まぁ本命予想はラブリーデイが絡んでくる予想だったんですが
保険のステファノスが引っ掛かりましたね笑
 
入れてよかったステファノス笑
 
結果的にもこちらの方が高配当でしたしね~
 
今回栄誉あるレースはムーア騎手が勝ち取りましたね
皆さんは栄誉ある賞なんて人生で取ったことはありますか?
 
まぁないでしょうね~( ̄ー ̄)ニヤリッ
 
ん?偉そうに自分はどうなんだって?
 
(*´ー`) フッ
ありませんけど何か?(๑´ڡ`๑)

 
まぁお互い頑張ろう笑

 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事