結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2016 第21回NHKマイルカップGⅠ結果考察

2016 第21回NHKマイルカップGⅠ
東京競馬場 1600m 芝・左
2016年5月8日
 
「俺は狂気のマッドサイエンティスト…」
 
と言えばシュタインズ・ゲート
その中にも登場するジョン・タイターというタイムトラベラー
彼は2036年からやってきたと言う事で2000年当時にかなり話題となった。
 
読者の皆さんはこの時何を思い何を考えましたか?
信じた方、疑った方と賛否両論だと思いますが
何だかんだあと20年です
 
個人的には結構疑問に思う事が多いです。
 
・まず当時では36年、現在ではあと20年しかないのにそこまで進歩するのだろうか
・タイムトラベルが可能だとしてリスクを考慮した際、家族のいるものが選ばれるのだろうか
・まともに任務を終えて消えていく、帰っていくのだろうか
 
とまぁ色々ときりがない程出てくるわけだけど…
だってここの読者なら間違いなく任務云々よりも競馬で稼ごうとか
宝くじで稼ごうとかそういう事しか考えないはずだからね笑
 
例えば今日の第21回NHKマイルカップとかね
という事で出走馬でも見ていきますか。

 
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 シュウジ 岩田康誠 8
2 エクラミレネール 大野拓弥 16
3 アーバンキッド H.ボウマン 6
4 メジャーエンブレム C.ルメール 1
5 ロードクエスト 池添謙一 2
6 ティソーナ M.デムーロ 4
7 トウショウドラフタ 田辺裕信 5
8 イモータル 戸崎圭太 3
9 シャドウアプローチ T.ベリー 13
10 ダンツプリウス 丸山元気 7
11 ペルソナリテ 柴田大知 18
12 ハクサンルドルフ 内田博幸 11
13 シゲルノコギリザメ 松岡正海 14
14 ブレイブスマッシュ 横山典弘 9
15 ストーミーシー 江田照男 10
16 カネノイロ 蛯名正義 17
17 ブランボヌール 三浦皇成 15
18 レインボーライン 福永祐一 12

 
 
 
18頭のフルゲートで今回のNHKマイルカップは行われますね。
なかなかの顔ぶれとなっていますね
 
そしてジョンタイターはこの競馬、このレースの結果を知っているのかな。
この春のマイル王決定戦の結果をです。
 
結果を知らない人が一生懸命予想してるのをみてほくそ笑んでいるかも知れません
しかししっかり予想しないと的中に近づける事は出来ないですからね
情報は大切なのでもっと情報を集めていこう
 
まずは人気馬から振り返ってみましょう。

 
 

1番人気はメジャーエンブレムでしたね。前走の桜花賞では圧倒的1番人気になると4着となってしまいましたがそれでも単勝オッズ2.3倍と支持されました。阪神ジュベナイルフィリーズを圧勝してる競走馬だけあって皆さんも注目してたのではないでしょうか。
 
 

こちら2番人気がロードクエストでした。前走の皐月賞では8着となってしまいましたが2勝している距離1600mの今回のNHKマイルカップで見事に2番人気を獲得しました。
 
 

そして3番人気ですがイモータルでしたね。重賞未勝利ですが前走の共同通信杯では5番人気で2着と善戦しました。今回は前走の武幸四郎騎手からデビュー戦から2戦鞍上だった戸崎圭太騎手に乗り替わっています。
 
 
4番人気以降はティソーナ・トウショウドラフタ・アーバンキッドという人気順でした。

 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
 
 

前走の桜花賞では強すぎる故の激しいマークにあい4着に終わってしまったが今回のメンバーでもやはりこの馬の能力は確実に格上でしょうね。牡馬と比較してもひけをとらない。ハナを切って能力を出しきれればクイーンカップのように圧倒的勝利を収めてもおかしくはない。
 
 

デビュー戦の新馬戦、新潟2歳ステークスと1600mで連勝してるだけあって皐月賞で8着と敗れたものの追い込みの末脚は確かなので今回のマイル戦では巻き返し期待したいですね。果たして日本ダービーのステップアップとなるかどうか楽しみです。
 
 

戸崎圭太騎手への乗り替わりは確かにプラス材料ではありますが3番人気はちょっと人気が被り過ぎではないでしょうかね。前走共同通信杯では2着でその時に優勝したディーマジェスティが皐月賞で1着になったからこの馬も再評価されたようですけどね。朝日フューチュリティで良いところがなかっただけにちょっと不安でした。
 
 

近走4戦は全てマイル戦で阪神コースでは2勝と好成績を残していますね。どうしても見劣りしてしまいがちですが重賞レースも1勝している競走馬で今回は鞍上が内田博幸騎手から福永祐一騎手に乗り替わっていてどこまでやれるかというところではないでしょうか。
 
 
人気と前情報はこんな感じですね
先ほどジョンタイターはこのレースの結果をしっているといいましたが
ジョンタイターがこのレースの馬券を当てられるとは限りません。
なぜならそれは「パラレルワールド」
 
ジョンタイターが元々いた世界とされる2036年では
この第21回NHKマイルカップの結果は出ていてどうなったか知っている事でしょう。
 
しかしここはジョンタイターが元々いた世界とは異なる世界
つまり異なる第21回NHKマイルカップという事です。
ジョンタイターに言わせればここは違う世界線という事です。
 
何故かというとジョンタイターが来ていなければ未来ではAという結果かも知れないですが
ジョンタイターが来た事によりBという結果に変わるかも知れないという事です。
 
ジョンタイターでも知らない第21回のレース展開。
どのようなレースであったのか気になりますね。
 
それではレースの展開を見ていきましょうか。
 
 

各馬一斉にスタート!なんと出遅れたのが4頭!
田辺騎手騎乗の7.トウショウドラフタと池添騎手騎乗の5.ロードクエストがやや遅れ
デムーロ騎手騎乗の6.ティソーナと柴田騎手騎乗の11.ペルソナリテが大きく遅れました。
 
逆に好スタートからハナをきったのはルメール騎手騎乗の4.メジャーエンブレム
一番人気が早くも先頭に立ちました。
 
スタートから長い直線となっているNHKマイルカップの東京競馬場
スタートで出遅れた11.ペルソナリテが一頭だけ馬群から離れています。
 
その馬群との差は5馬身差といったところでしょうか。
それでも第三コーナーを迎える前に若干ですが集団に追いつきます。
 
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
4-13-1-3-17-2-8-10-9-18-6-15-14-7-16-12-5-11

 
 
コーナーでは全頭おとなしく特に順位の変動はありません。
そのまま
そのまま第四コーナーへと突入していきます。
 
第四コーナーでの順番は以下の通り
 
 
4-13-1-3-17-2-8-10-6-,9-18-15-7-14-16-12-5-11

 
 
終始先頭に立っている1番人気4.メジャーエンブレム
直線に入り維持できるのか!?
しかし後続から伸びる気配はまったくなく
コーナーを抜けた状態のままのように動きがありません。
前に出る競走馬はおらず逆に13.シゲルノコギリザメがどんどん下がっていきます。
 
残り200mを切りますが以前動きはありません。
 
4.メジャーエンブレムが危なげなくこのままレース終了と思ったところに
ようやくきたのが5.ロードクエストに18.レインボーライン
しかし距離的にも届くわけもなく4.メジャーエンブレムが勝利。
 
終始独壇場と言った展開でしたね。
 
上がり3ハロンのタイムは35.1
去年のレースとの比較+0.9
上がりタイムは去年よりも約1秒遅い結果となりました
 
 
第21回 NHKマイルカップGⅠ 確定順位は以下の通りです
  
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 4 メジャーエンブレム C.ルメール 1
2 5 ロードクエスト 池添謙一 2
3 18 レインボーライン 福永祐一 12
4 10 ダンツプリウス 丸山元気 7
5 7 トウショウドラフタ 田辺裕信 5
6 12 ハクサンルドルフ 内田博幸 11
7 17 ブランボヌール 三浦皇成 15
8 14 ブレイブスマッシュ 横山典弘 9
9 15 ストーミーシー 江田照男 10
10 9 シャドウアプローチ T.ベリー 13
11 8 イモータル 戸崎圭太 3
12 1 シュウジ 岩田康誠 8
13 2 エクラミレネール 大野拓弥 16
14 16 カネノイロ 蛯名正義 17
15 11 ペルソナリテ 柴田大知 18
16 3 アーバンキッド H.ボウマン 6
17 6 ティソーナ M.デムーロ 4
18 13 シゲルノコギリザメ 松岡正海 14

 

単勝 4 230円 1番人気
複勝 4 140円 1番人気
5 210円 2番人気
18 660円 11番人気
枠連 2-3 460円 1番人気
馬連 4-5 940円 1番人気
ワイド 4-5 430円 1番人気
4-18 1,990円 22番人気
5-18 3,520円 43番人気
馬単 4-5 1,470円 1番人気
3連複 4-5-18 11,190円 32番人気
3連単 4-5-18 33,030円 78番人気

 
 
 
3連単は78番人気と意外と狙えるところ
まぁ1・2番人気のワンツーですからね。
3着の福永騎手騎乗の18.レインボーラインのおかげでここまでついてくれましたね
 
さてこの結果ですが
もしジョンタイターのいた2036年の世界の結果と一緒なのであれば
タイムトラベルでの一攫千金という夢も可能性はありますね
 
しかしジョンタイターの存在しない世界に
ジョンタイターが現れたという時点で世界線にはズレが生じていると考えられる
つまりどこがどのように変化するかわからない以上は確実に当てる事は不可能である
 
そうなってくるとタイムトラベルに見る夢は少し小さいものに感じますね。
 
このパラレルワールドというのは結構厄介なもので
ジョンタイターはいくつか未来に起きた事を挙げているのだが
これが本当なのか、違う世界線で起こっているのかはわからないのだ。
 
つまり言った通りの事が起こらないじゃないか!と言っても
ここはそれが起きない世界で他の世界線で起きてると言われたらそこまで
それを確かめる術はないという事
 
なんだかうまく逃げられた感じがするね
色々と昔から取り上げられるタイムトラベルですが
タイムトラベルと競馬に夢を見るか見ないかは…
 
 
貴方次第っ!m9(`・ω・´)っ

 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事