結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2016 第77回菊花賞GⅠ結果考察

2016 第77回菊花賞GⅠ
京都競馬場 3000m 芝・右 外
2016年10月23日
 
「異議ありっ!」
 
一世を風靡した逆転裁判の中の決め台詞だ
知らない方は少ないとは思うが一応説明すると
逆転裁判とはカプコンが出したゲームで
主人公の弁護士・成歩堂が法廷などで活躍する内容である
 
今ではシリーズもかなり出ている大人気作ですからね
老若男女ハマる要素を持っている内容だと思います。
もしプレイされた事がない方がいればオススメの一作です
 
最初にやったのは ゲームボーイアドバンスでしたかね~
とにかくハマった記憶があります笑
 
そしてそんなハマったゲームと同様
皆さんがハマっているのが競馬ですよね
わかってますよー!
そして今回は第77回菊花賞です
 
いよいよクラシック三冠の最後の冠ですね
スピードと3000mという距離を走り切るスタミナのある競走馬はどの競争馬なのか
きっと皆さんも楽しみにしていた事でしょう
 
それでは早速出走馬から見ていきましょうかね
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 カフジプリンス 岩田康誠 3
2 ジョルジュサンク 幸英明 14
3 サトノダイヤモンド C.ルメール 1
4 シュペルミエール 北村宏司 7
5 ミライヘノツバサ 藤岡康太 13
6 ディーマジェスティ 蛯名正義 2
7 レッドエルディスト 四位洋文 5
8 ミッキーロケット 和田竜二 4
9 イモータル F.ヴェロン 17
10 ウムブルフ 浜中俊 10
11 レインボーライン 福永祐一 9
12 コスモジャーベ 丹内祐次 15
13 エアスピネル 武豊 6
14 アグネスフォルテ 松山弘平 18
15 サトノエトワール 池添謙一 16
16 プロディガルサン 田辺裕信 11
17 ジュンヴァルカン M.デムーロ 8
18 マウントロブソン 川田将雅 12

 
 
18頭のフルゲートですね
去年とはまた違う顔ぶれとなっていますね
 
どの競争馬がどのようなレースをするのかここからは逆転裁判の探偵パートみたいな感じで
色々と見ていきましょうかね。
この現場調査の証拠品や手がかりになる情報集めが重要になってくるんですよ笑
 
 
まずは人気馬から振り返ってみましょう。
  
 

単勝1番人気はリアファルでしたね。ダート出身の逃げ馬で芝に転向した2戦はルメール騎手騎乗で勝利を収めています。前走の神戸新聞杯では2着リアルスティールと2馬身差をつけて完勝。今回の菊花賞では1番人気を獲得しました。
 
 

単勝オッズ3.2倍で2番人気がディーマジェスティでした。共同通信杯を制した勢いで皐月賞も勝利し東京優駿(日本ダービー)では1番人気となるも3着と敗れました。休み明けの前走セントライト記念では1番人気1着で今回は2番人気を獲得となりました。
 
 

続いて単勝オッズ11.7倍で3番人気だったのがカフジプリンスでしたね。3番人気で単勝オッズが10倍台となっています。2強対決といったところなんでしょうかね。前走の神戸新聞杯では岩田康誠 騎手に乗り替わって4着と善戦しました。
 
 
4番人気以降はミッキーロケット・レッドエルディスト・エアスピネルという人気順でした。
 
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
  
 

クラシック競走では未だに勝利の栄冠を掴めていないが能力の高さは言うまでもなく同世代の中ではトップクラスと言われていましたね。前走の神戸新聞杯では着差なしのハナ差での勝利となりましたが内容は悪くなく叩き2戦目では前走以上のパフォーマンスを見せてくれるのは間違いないでしょう。距離3000mの長丁場もこの馬にとっては不安材料にはならないでしょうね。
 
 

皐月賞1着と東京優駿(日本ダービー)3着はさすが。能力的な面をみてもサトノダイヤモンドに引けをとっておらず、休み明けの前走セントライト記念でもそつなく勝利していますね。鞍上の蛯名正義騎手が京都の長距離が得意な事を考慮するとやはり上位争いは間違いないでしょうか。
 
 

1枠1番とこの馬にとっては絶好の枠番をゲットしましたね。前走の神戸新聞杯では4着と敗れはしたもののまだまだ能力の底は見せていませんでした。距離延長の今回は好材料で上位を期待してもいいのではないでしょうか。

 

前々走ではNHKマイルカップで12番人気3着と健闘し、東京優駿(日本ダービー)では12番人気8着でした。休み明け初戦の札幌記念では3着と敗れましたが古馬相手に最速上りタイム出すなど好走してましたね。クラシック路線からの参戦ではないからかノーマーク気味で9番人気となっているがもう少し評価されても良い競走馬だったんじゃないでしょうか。
 
 
サトノダイヤモンドとルメール騎手のペアが1番人気ですね~
このペアは本当に強いですからね
まず堅いと言えるでしょう(ここはハッタリをかますべき雰囲気と見た・・・!)
 
むしろこれを買わずして何を買う!?(言い過ぎか・・・)
 
しかし毎度毎度予想は楽しいが難しい
 
ゴドー「ありえねえものをひとつひとつ消していけば 最後に残るのはたったひとつの真実」
 
それが出来れば苦労もしないんだけどね笑
 
とりあえず探偵パートはここら辺で終了~
ここから法廷パート(メイン)と行こうか
それではレースを振り返っていきましょう
 
 

各馬一斉にスタート!
綺麗にスタートしたかに見えましたが
デムーロ騎手騎乗の17.ジュンヴァルカンが大きく出遅れ
ただ後方から攻める事の多いデムーロ騎手からすればそれほど問題でもないでしょう
 
「異議ありっ!」
出遅れて問題ないなんて事はない!
誰に突っ込んでるんだ・・・
 
藤岡騎手騎乗の5.ミライヘノツバサが颯爽と先頭へ走りましたが
外から池添騎手騎乗の15.サトノエトワールが一気に並びます。
しかし5.ミライヘノツバサは譲りません。
 
「異議ありっ!」
未来への翼があったら誰も譲りませんよ!
何言ってるかすらわからないよ・・・
 
テンのハロンのタイムは35.3
去年のレースとの比較-0.1
ほぼほぼ去年と同じペースです
 
2頭が大きく逃げる形でレースは進んでいき次の直線に入ります。
直線の半分くらいは縦に延びた馬群
第一コーナーを手前にやや全体的に詰まるものの先頭と後方ではかなりの差がついています。
 
「異議ありっ!」
・・・
何も言わんのかいっ!笑
 
そのまま第一コーナーへと突入していきます。
第一コーナーでの順番は以下の通り
 
 
5-15-13-14-2-10-18-3-1-8-4-6-7-11-12-16-17-9

 
 
1番人気の3.サトノダイヤモンドは8番手
2番人気の6.ディーマジェスティは中央からやや後方に位置しています。
 
続く第二コーナー
第二コーナーでの順番は以下の通り
 
 
5-15-13-14-10-2-18-1-3-8-7-4-6-11-12-16-17-9

 
 
第二コーナーを抜け直線に入ると前方に固まっていきます。
4.シュペルミエールが内から順位を上げていきましたね。
直線も後半になると後方も一気に距離を詰めます。
 
「異議ありっ!」
・・・
・・・・・・・
もはや言いたいだけじゃないか!笑
 
 
そして第三コーナーへ
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
5-14-15-10-13-2-4-18-1-3-12-16-6-8-7-11-17-9

 
 
気になる1番人気の3.サトノアラジンは10番手
2番人気の6.ディーマジェスティは13番手
今回は人気を集めたこの2頭だけなので気になるところですね
 
第四コーナーでは3.サトノダイヤモンドがとてもいいポジションにつけています。
第四コーナーでの順番は以下の通り
 
 
5-14-10-2-13-18-3-6-15-4-8-1-7-11-12-16-17-9

 
 
直線に入ると3.サトノダイヤモンドは一気にスピードあげ
あっという間に先頭に立ちます。
トップスピードに乗るとそのままゴールへ快走します
 
11.レインボーラインや13.エアスピネル、6.ディーマジェスティが追いますが
3.サトノダイヤモンドとの距離は全く縮まらず
最後まで余裕をもって3.サトノダイヤモンドが菊花賞を制しました。
 
「異議ありっっっ!!!!」
その力強さ笑
とりあえず外したんだなってのは理解した笑
 
上がり3ハロンのタイムは34.7
去年のレースとの比較-0.7
去年よりもやや速いタイムとなりました
 
 
第77回 菊花賞GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 3 サトノダイヤモンド C.ルメール 1
2 11 レインボーライン 福永祐一 9
3 13 エアスピネル 武豊 6
4 6 ディーマジェスティ 蛯名正義 2
5 8 ミッキーロケット 和田竜二 4
6 4 シュペルミエール 北村宏司 7
7 18 マウントロブソン 川田将雅 12
8 1 カフジプリンス 岩田康誠 3
9 7 レッドエルディスト 四位洋文 5
10 17 ジュンヴァルカン M.デムーロ 8
11 16 プロディガルサン 田辺裕信 11
12 10 ウムブルフ 浜中俊 10
13 5 ミライヘノツバサ 藤岡康太 13
14 14 アグネスフォルテ 松山弘平 18
15 2 ジョルジュサンク 幸英明 14
16 12 コスモジャーベ 丹内祐次 15
17 9 イモータル F.ヴェロン 17
18 15 サトノエトワール 池添謙一 16

 

単勝 3 230円 1番人気
複勝 3 130円 1番人気
11 500円 8番人気
13 430円 6番人気
枠連 2-6 2,960円 10番人気
馬連 3-11 3,510円 13番人気
ワイド 3-11 1,080円 13番人気
3-13 950円 9番人気
11-13 5,460円 45番人気
馬単 3-11 4,720円 17番人気
3連複 3-11-13 17,550円 51番人気
3連単 3-11-13 69,380円 199番人気

 
 
2着に11.レインボーラインでしたね~
ぶっちゃけ可能性としてはなくはないところではありましたけど
実際ここ狙えてた人いました?
今回に限ってはどちかと言うと無い枠の方に分類していましたね~
 
今回は逆転裁判を題材にしてやってきましたが
結果が出てしまっては逆転裁判のような逆転劇は起きないですね笑
 
勝負したが最後、負けたらそこでおしまい
腹をくくるしかありませんので皆さんも無理のない範囲で勝負しましょうね笑
 
成歩堂「人の過去はロジックといっしょ・・・一本道だよ。今さら何をしても変わりはしない」
 
とは言え心の中では
 
異議ありっ!ヾ(。>ω<。)ノ゙

 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事