結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2016 第17回チャンピオンズカップGⅠ結果考察

2016 第17回チャンピオンズカップGⅠ
中京競馬場 1800m ダ・左
2016年12月4日
 
「あーんパンチ!」
 
知らない人はいないであろうアンパンマン
貴方はいつの頃からアンパンマンを知っているでしょうか?
アンパンマンはかなり古くから存在するです!笑
 
初めてみたのはどこかの絵本でしたが
その頃にはバイキンマンもいなければあんパンチも存在していませんでした。
 
人助けをするヒーローには違いなかったのかな笑
空腹の老人を救うという話だったと思いますが絵が怖い…
明るいヒーロー「アンパンマン」はそこにはいなかったですね。
 
気になった方はぜひ調べてみて下さい。
 
さてそれでは本日は第17回チャンピオンズカップについて結果考察していきましょう
まずはいつもの出走馬からみていきます。
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 カフジテイク 津村明秀 11
2 アウォーディー 武豊 1
3 ブライトライン 田辺裕信 13
4 アスカノロマン 和田竜二 10
5 ロワジャルダン 横山典弘 9
6 モンドクラッセ 丸山元気 12
7 ラニ 内田博幸 8
8 サウンドトゥルー 大野拓弥 6
9 ノンコノユメ R.ムーア 4
10 メイショウスミトモ 古川吉洋 14
11 コパノリッキー C.ルメール 3
12 ゴールドドリーム M.デムーロ 2
13 ブライトアイディア 幸英明 15
14 アポロケンタッキー 松若風馬 7
15 モーニン 戸崎圭太 5

 
 
15頭立てですね。
知る人ぞ知るダートレースではジャパンカップに並ぶとも劣らないレース。
 
ちなみに知る人ぞ知るで思い出しましたが
アンパンマンに出てくるジャムおじさんとバタコさんは人間ではありません!笑
薄々気づいていた方もいるかもしれませんがアレは「妖精」ですのでお間違いなく。
 
という事で次は人気馬から振り返ってみましょう。
 
 

単勝オッズ2.2倍で1番人気となったのは武豊騎手が騎乗するアウォーディーでしたね。去年の秋口からダートに転向して以降6戦6勝とダート戦では無敗での参戦となりました。前走の川崎競馬JBCクラシックでは2番人気になりつつも勝利を掴みました。ダート転向以来ずっと鞍上は武豊騎手とのコンビで今回は1番人気を獲得しました。
 
 

そして単勝オッズ5.7倍で2番人気を獲得したのがゴールドドリームでした。3歳馬ながら古馬相手の前走武蔵野ステークスで2着と好走して実力的にも注目でしたね。
 
 

3番人気が単勝オッズ6.3倍のコパノリッキーでしたね。3度目の挑戦となるチャンピオンズカップは一昨年、昨年ともに1番人気になるも12着、7着と敗れていますが、フェブラリーステークスを連覇しているだけあって皆さんも注目してた競走馬だったんじゃないでしょうか。
 
 
4番人気以降はノンコノユメ・モーニン・サウンドトゥルーという人気順でした。
 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
 
 

器用な競馬をする競走馬だと言われていましたね。ダートでは負けなしの6戦6勝で飛ぶ鳥を落とす勢いです。しかし相手が弱かったかというとダート強豪にもしっかりと勝利していてそんな事もなく能力は申し分ないですね。普通に勝ち負けすると言われていました。
 
 

3歳馬ながら古馬に混じって参戦した前走の武蔵野ステークスでも強豪相手に負けずと2着と好成績を残しました。能力的には問題はなく前走より相手が強くはなりますが上位争いはしてもおかしくはないんじゃないでしょうかね。それくらいに評価はされてる競走馬でした。
 
 

中央・地方合わせてGⅠ8勝の実績は伊達ではないですが今回は3番人気となってしまいましたね。チャンピオンズカップは過去2度挑戦して2度も凡走という結果からでしょうか。しかしながら、今年は5戦3勝と実績も悪くないですね。今回は鞍上がC.ルメール騎手に乗り替わるのでそれがどのくらい影響あるのかというところでしょうか。実績はナンバー1の競走馬と言われていましたね。
 
 

5歳から力をつけてきて去年の東京大賞典競走ではコパノリッキーにも勝っていますね。能力が高い競走馬で常に安定した成績を残しています。去年のチャンピオンズカップでも5番人気3着と好走しています。今年は5戦して未だ未勝利で終わっていますが大崩れもしていませんね。中京コースでは好成績を残していて上位に食い込むチャンスは十分あるとも言われていました。
 
 
コパノリッキーはなぜか人気が出ますね~
このレースでは本当結果は出せていないんですけどね。
 
ちなみにあんぱんまんに出てくるキャラの人気は
1位あんぱんまん
2位ばいきんまん
3位ドキンちゃん
 
という事みたいです。
後気になって調べてみたんですがばいきんまんって
元々の原因はジャムおじさんが作ったらしいですよ笑
  
さてさてそれでいよいよレース内容と行きましょうか
「それ!いけ!あんぱ…じゃなくてチャンピオンズカップ!」
  
 

各馬一斉にスタート!
津村騎手騎乗の1.カフジテイクと
デムーロ騎手騎乗の12.ゴールドドリームがやや出遅れ
 
和田騎手騎乗の4.アスカノロマンと
丸山騎手騎乗の6.モンドクラッセが好スタートを切りました
 
出遅れもあってか殿は1.カフジテイクのまま第一コーナーに突入します。
第一コーナーでの順番は以下の通り
 
 
4-6-11-3-15-2-12-10-13-9-14-5-7-8-1

 
 
第一コーナーからやや縦に長い展開となっています。
突入時は4.アスカノロマンがハナを切っていましたが
第一コーナーから第二コーナーにかけて先頭が入れ替わります。
 
第二コーナーでの順番は以下の通り
 
 
6-4-11-3-15-2-12-10-13-14-9-5-7-8-1

 
 
テンのハロンのタイムは36.3
去年のレースとの比較+0.8
ペース的には昨年より約一秒遅いペースで展開していますね。
 
コーナーを抜け直線へと向かいます。
直線に入ると全体的にペースがあがってきます。
速いペースに若干馬群もバラつき始めましたが
ここで第三コーナーへと突入していきます。
 
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
6-3-4-11-12-2-10-15-13-14-7-5-9-8-1

 
 
続いて第四コーナー
 
 
6-4-3-11-10-12-2-13-5-15-14-7-8-9-1

 
 
砂埃を上げてかけていきます。
馬って横に目がついていますが砂がもろに入って痛くないんでしょうかね
あとあんぱんまんはばいきんまんに殴られると痛がるのに顔を千切ったり顔を付け替える時は痛くないんでしょうかね笑
 
最後の直線に入ると中央から武豊騎手騎乗のアウォーディーがあがってきます。
内にはレースを引っ張ってきた6.モンドクラッセ
後ろからは8.サウンドトゥルーが物凄い脚で追走します。
 
そしてゴールもわずかというところで
2.アウォーディーはかわされて8.サウンドトゥルーがトップでゴール!
 
最後はクビ差でかわし第17回チャンピオンズカップを制しました。
 
上がり3ハロンのタイムは37.7
去年のレースとの比較-0.2
去年とほぼ同じようなタイムとなりました
 
 
第17回 チャンピオンズカップGⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 8 サウンドトゥルー 大野拓弥 6
2 2 アウォーディー 武豊 1
3 4 アスカノロマン 和田竜二 10
4 1 カフジテイク 津村明秀 11
5 14 アポロケンタッキー 松若風馬 7
6 9 ノンコノユメ R.ムーア 4
7 15 モーニン 戸崎圭太 5
8 5 ロワジャルダン 横山典弘 9
9 7 ラニ 内田博幸 8
10 6 モンドクラッセ 丸山元気 12
11 10 メイショウスミトモ 古川吉洋 14
12 12 ゴールドドリーム M.デムーロ 2
13 11 コパノリッキー C.ルメール 3
14 13 ブライトアイディア 幸英明 15
15 3 ブライトライン 田辺裕信 13

 

単勝 8 1,590円 6番人気
複勝 8 250円 5番人気
2 130円 1番人気
4 650円 10番人気
枠連 2-5 520円 1番人気
馬連 2-8 1,390円 5番人気
ワイド 2-8 490円 4番人気
4-8 3,420円 37番人気
2-4 1,530円 19番人気
馬単 8-2 4,800円 19番人気
3連複 2-4-8 11,180円 39番人気
3連単 8-2-4 85,980円 256番人気

 
 
三連単は256番人気ですか~
3着にはいったアスカノロマンがなかなかの曲者となりましたね
 
アスカノロマン…カノロマン…マン
もしかしてあんぱんまんの登場キャラなんじゃ!?
なんて事はまずありえないですが皆さんどうでしたか
 
今回は結構当てづらいレースだったと思うので
普段から当たりづらい皆さんには厳しいレースだった事でしょう笑
 
今日のご飯代まですってしまった読者の方
リアルにあんぱんまんがいたら良かったのにね
飢えだけはしのげたかも知れない笑
 
せっかくだからアンパンでも買ってきますか~
あんぱんにはやっぱり牛乳!
 
 
それじゃバイバイキーンΨ(*`皿´)Ψ

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事