結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2015 第75回皐月賞GⅠ結果考察

2015 第75回皐月賞GⅠ
中山競馬場 2000m 芝・右
2015年4月19日
 
おはよう~こんにちは~こんばんは
 
見てくれた人はどれでも好きなものをチョイスして読んでくれたまえ笑
 
さていよいよ第75回皐月賞がやってきました。
さつきと言っても「めいのばか~」のさつきちゃんの賞ではありませんよ
え?知ってる?
 
ふっ
なんてくだらない事を…と思っているであろう読者の気持ちを知ってるさ
読者のレベルに合わせて言ってるからね笑
 
まぁ他愛もない話はやめにして
出走馬から見ていきまっしょい
 
 

目次

馬番 馬名 騎手 人気
1 ブライトエンブレム 田辺裕信 6
2 ドゥラメンテ M.デムーロ 3
3 スピリッツミノル 酒井学 8
4 ワンダーアツレッタ 柴田大知 14
5 リアルスティール 福永祐一 2
6 タガノエスプレッソ 菱田裕二 12
7 キタサンブラック 浜中俊 4
8 サトノクラウン C.ルメール 1
9 ミュゼエイリアン 柴山雄一 11
10 ベルーフ 戸崎圭太 7
11 ダノンリバティ 岩田康誠 9
12 ベルラップ 三浦皇成 13
13 コメート 嘉藤貴行 15
14 クラリティスカイ 横山典弘 10
15 ダノンプラチナ 蛯名正義 5

 
 
 
第75回皐月賞GⅠの出走馬と騎手は上記の通り。
 
皐月賞を参加しなかったという方は出馬表のみではあるが軽く予想をして
最後に結果を出すので答え合わせといこう
参加したと言う方はレースの展開を振り返りながら今回の結果について一緒に考察していこう。
 
 
まずは人気馬から振り返ろう
 
 

単勝1番人気はサトノクラウン。2歳新馬を勝利したのち東スポ2歳S・報知杯弥生賞と続けて重賞を制した事もあり、期待を集めたと言ったところだろう。ただ意外な事にサトノクラウンは今回が初の1番人気獲得となる。
 
 

こちらも2歳新馬勝利から共同通信杯を制しスプリングSではキタサンブラックに敗れ2着ではあったものの好成績を残している実力馬だ。
 
 

ドゥラメンテは新馬戦を2着で落とし未勝利戦で勝利。セントポーリア賞で勝利後に共同通信杯で2着という結果で臨んだ第5戦だ。ここまでの連対率は100%だが共同通信杯ではリアルスティールに敗れている事もあり人気ではリアルスティールの下となったと推察できる。
 
 
これ以降の単勝人気馬はキタサンブラック・ダノンプラチナ・ブライトエンブレムと続く。
出走馬全体を見ても人気としてはかなり割れたレースであったのは言うまでもないですね~

 
では次に各競走馬の前情報を振り返ってみよう。
 
 
 

全勝で臨んだ皐月賞であるが前三走の結果を見ても勝利はしているが他の競走馬に対し圧倒的な差を見せつけられたわけではない。強い馬であると囁かれてる一方でサトノクラウンの突出した面というのは特に話題にはなっていない。
 
 

前情報では皐月賞には向いてる向いていないとどちらの声も囁かれていた。しかし競走馬としての実力は認める者も多く血統で見ても評判は高かった印象。また、ディープ産駒初の皐月賞勝利への期待の声も大きかった。
 
 

この競走馬がよく言われてたのはとにかく末脚である。未勝利戦では6馬身、セントポーリア賞では5馬身と物凄い脚を見せた事がきっかけだろう。さらに凄いのはスピードに乗ってからの持続時間、持続距離である。共同通信杯ではリアルスティールに負けたがこの脚の持ち主をスルーは出来ないと言った評判だ。
 
 

全体的に安定した走りを見せるのがこのキタサンブラック。レースを重ねる毎に安定感が増してるようにも思われるが果たしてこのレースではどうなるか。
 
 
それでは本題、レースの展開を追っていこう

 
 

一斉にスタートを切ったかに見えたが目立ったのは1番人気の8.サトノクラウン。
やや出遅れ気味のスタートなりました。
 
対する5.リアルスティールは好スタートを切りすっと前に出て良いポジション。
さて注目のもう1頭2.ドゥラメンテはというと、実は2.ドゥラメンテもやや出遅れ気味でゲートアウトの際に左に寄ってしまっている。
 
これによりレースを引っ張るであろうとされていた3.スピリッツミノルは6番手につけるスタート。
第一コーナーを抜け馬群を引っ張るのは横山騎手騎乗の14.クラリティスカイ。
次に7.キタサンブラック、4.ワンダーアツレッタと続く。
殿は戸崎騎手騎乗の10.ベルーフ。
 
この時点での順番は以下の通り
 
 
14-7-4-3-13-5-9-15-12-6-1-8-2-11-10

 
 
テンのハロンのタイムは35.2
去年のレースとの比較-0.4
若干去年よりも速いペースですね
 
第二コーナーでの順位は以下の通り
 
 
14-7-4-3-5-13-9-15-1-6-12-8-2-11-10

 
 
第二コーナーを抜け直線に入ると2.ドゥラメンテがじわりと動き出す。
第三コーナーの時点では順位を二つあげ11番手のポジションにつけました
第三コーナーでの順位は以下の通り
 
 
14-7-3-4-5-13-12-1-9-15-2-6-8-11-10

 
 
先頭は変わらず14.クラリティスカイと7.キタサンブラックが馬群を引っ張る
第三から第四コーナーにかけて2.ドゥラメンテはさらに順位をあげる
第四コーナーでの順位は以下の通り
 
 
14-7-3-5-1-9-2-4-11-13-12-8-15-6-10

 
 
やや外から上がってきた2.ドゥラメンテが脅威の末脚で
5.リアルスティール・7.キタサンブラックをかわし
1着でゴールし一番人気で期待された8.サトノクラウンは伸びきれずに6着となった。
 
上がり3ハロンのタイムは34.7
去年のレースとの比較-0.6
去年よりも全体的にペースは速めで かつドゥラメンテの末脚の凄さがわかるレースとなりました。
 
キタサンブラックは差されたものの第一コーナーから最終コーナーまで馬群をひっぱり3着にこらえましたね。
キタサンブラックには最後まで走り切れるだけ地力があるといえますね~
 
 
第75回 皐月賞GⅠ 確定順位は以下の通りです
  
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 2 ドゥラメンテ M.デムーロ 3
2 5 リアルスティール 福永祐一 2
3 7 キタサンブラック 浜中俊 4
4 1 ブライトエンブレム 田辺裕信 6
5 14 クラリティスカイ 横山典弘 10
6 8 サトノクラウン C.ルメール 1
7 9 ミュゼエイリアン 柴山雄一 11
8 11 ダノンリバティ 岩田康誠 9
9 3 スピリッツミノル 酒井学 8
10 13 コメート 嘉藤貴行 15
11 15 ダノンプラチナ 蛯名正義 5
12 10 ベルーフ 戸崎圭太 7
13 6 タガノエスプレッソ 菱田裕二 12
14 12 ベルラップ 三浦皇成 13
15 4 ワンダーアツレッタ 柴田大知 14

 

単勝 2 460円 3番人気
複勝 2 190円 3番人気
5 150円 2番人気
7 290円 6番人気
枠連 2-3 780円 3番人気
馬連 2-5 790円 2番人気
ワイド 2-5 390円 2番人気
2-5 1,130円 3番人気
5-7 860円 14番人気
馬単 2-5 1,530円 4番人気
3連複 2-5-7 3,110円 10番人気
3連単 2-5-7 12,360円 30番人気

 
 
今回勝利したのはデムーロ騎手騎乗の2.ドゥラメンテ
2着は福永騎手の5.リアルスティール
3着は浜中騎手の7.キタサンブラックとなった
 
最後に騎手のデータにスポット当ててみたい
騎手毎の各データは次の通りだ
 
 
 

馬番 騎手名 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3連対率 着外率
1 田辺 1 2 5 28 36 2.78% 8.33% 22.22% 77.78%
2 デムーロ 8 2 5 16 31 25.81% 32.26% 48.39% 51.61%
3 酒井 2 1 3 31 37 5.41% 8.11% 16.22% 83.78%
4 柴田 3 2 5 28 38 7.89% 13.16% 26.32% 73.68%
5 福永 16 19 23 127 185 8.65% 18.92% 31.35% 68.65%
6 菱田 0 0 1 11 12 0.00% 0.00% 8.33% 91.67%
7 浜中 5 5 1 45 56 8.93% 17.86% 19.64% 80.36%
8 ルメール 6 1 3 11 21 28.57% 33.33% 47.62% 52.38%
9 柴山 2 5 4 47 58 3.45% 12.07% 18.97% 81.03%
10 戸崎 1 2 3 22 28 3.57% 10.71% 21.43% 78.57%
11 岩田 9 13 12 60 94 9.57% 23.40% 36.17% 63.83%
12 三浦 1 2 2 39 44 2.27% 6.82% 11.36% 88.64%
13 嘉藤 0 1 0 9 10 0.00% 10.00% 10.00% 90.00%
14 横山 22 23 23 166 234 9.40% 19.23% 29.06% 70.94%
15 蛯名 19 24 14 144 201 9.45% 21.39% 28.36% 71.64%

 
 
今回1着のデムーロ選手は芝2000mのレースで
3連対率48.39%と非常に高い数値を出しており2着の福永騎手も31.5%と高い数値であった
 
 

馬番 騎手名 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3連対率 着外率
1 田辺 4 7 2 51 64 6.25% 17.19% 20.31% 79.69%
2 デムーロ 11 3 7 22 43 25.58% 32.56% 48.84% 51.16%
3 酒井 1 2 0 6 9 11.11% 33.33% 33.33% 66.67%
4 柴田 4 1 5 50 60 6.67% 8.33% 16.67% 83.33%
5 福永 13 12 10 65 100 13.00% 25.00% 35.00% 65.00%
6 菱田 0 0 1 4 5 0.00% 0.00% 20.00% 80.00%
7 浜中 0 1 1 16 18 0.00% 5.56% 11.11% 88.89%
8 ルメール 1 4 0 18 23 4.35% 21.74% 21.74% 78.26%
9 柴山 4 3 2 50 59 6.78% 11.86% 15.25% 84.75%
10 戸崎 5 6 5 38 54 9.26% 20.37% 29.63% 70.37%
11 岩田 10 5 7 32 54 18.52% 27.78% 40.74% 59.26%
12 三浦 2 5 2 84 93 2.15% 7.53% 9.68% 90.32%
13 嘉藤 0 1 0 7 8 0.00% 12.50% 12.50% 87.50%
14 横山 66 31 44 286 427 15.46% 22.72% 33.02% 66.98%
15 蛯名 37 37 38 289 401 9.23% 18.45% 27.93% 72.07%

 
 
中山競馬場での実績もデムーロ騎手の3連対率は48.84%。福永騎手は35%となっていた
 
 

※過去に中山芝2000m・同じ馬番でのデータとなります。

馬番 騎手名 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3連対率 着外率
1 田辺 0 1 2 8 11 0.00% 9.09% 27.27% 72.73%
2 デムーロ 3 2 1 8 14 21.43% 35.71% 42.86% 57.14%
3 酒井 0 0 0 8 8 0.00% 0.00% 0.00% 100.00%
4 柴田 1 0 2 8 11 9.09% 9.09% 27.27% 72.73%
5 福永 4 7 12 50 73 5.48% 15.07% 31.51% 68.49%
6 菱田 0 0 1 1 2 0.00% 0.00% 50.00% 50.00%
7 浜中 0 0 2 16 18 0.00% 0.00% 11.11% 88.89%
8 ルメール 0 1 1 13 15 0.00% 6.67% 13.33% 86.67%
9 柴山 1 3 0 15 19 5.26% 21.05% 21.05% 78.95%
10 戸崎 1 1 1 11 14 7.14% 14.29% 21.43% 78.57%
11 岩田 4 5 5 21 35 11.43% 25.71% 40.00% 60.00%
12 三浦 1 2 2 17 22 4.55% 13.64% 22.73% 77.27%
13 嘉藤 0 0 0 3 3 0.00% 0.00% 0.00% 100.00%
14 横山 5 6 5 44 60 8.33% 18.33% 26.67% 73.33%
15 蛯名 7 2 2 33 44 15.91% 20.45% 25.00% 75.00%

 
 
馬番でのデータではデムーロ騎手は過去2番で42.86%
福永騎手は過去5番で31.51%の連対率となっていました。
 
もちろんこのデータは騎乗した競走馬によっても左右される為
今回の浜中騎手のように一概には言えません。
というのも浜中騎手の場合は該当するレース数が少ない為データとしては不十分な為です。
 
以上、第75回皐月賞を振り返ってみたが如何だったでしょうか。
参加されていない方は自分の予想する結果となりましたか?
 
振り返ってみるとこの結果になった事には理由があるってわかりますね。
レース前の予想をするのも面白いものですがその予想をする為には過去のレース結果は重要です。

この記事へのコメント

  1. 名無しさん2017.07.16

    こういうデータで見てみるのも面白いものですね。

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事