結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

結果考察 GI

2015 第76回菊花賞GⅠ結果考察

2015 第76回菊花賞GⅠ
京都競馬場 3000m 芝・右 外
2015年10月25日
 
「じ~んせ~い~ら~くあ~りゃ、く~もあ~るさ~」
 
でお馴染みの水戸黄門!
最近は時代劇自体がめっきりなくなってきていますが
昔は様々な時代劇がやってましたよね~
 
水戸黄門と言えば徳川光圀
昔の話ですので実際は何もしないぐうたらだったとか
諸説ありますがテレビでの内容はほとんどの人が知っている事でしょう
 
え?知らない?忘れた?
仕方ないですね~
じゃ今回は菊花賞の結果考察となるんですが
水戸黄門を大まかに再現といきましょう。
 
町娘「病に倒れるおとっつぁんの為にお金を作らないと」
ご隠居「しかしあてはあるのですか?」
町娘「はい、今日菊花賞という競馬のレースが行われます」
八兵衛「競馬って・・・ご隠居~・・・」
 
するとそこに「シュトッ」と回る風車
風車に括りつけられた紙を開くと菊花賞の出走馬情報が
 
ご隠居「なるほど、競馬ですか。ふぉっふぉっふぉ」
 
 

目次

 

馬番 馬名 騎手 人気
1 ミコラソン 武幸四郎 5
2 サトノラーゼン 岩田康誠 2
3 タンタアレグリア 蛯名正義 1
4 キタサンブラック 北村宏司 6
5 ベルーフ 浜中俊 3
6 レッドソロモン 武豊 7
7 スティーグリッツ 内田博幸 8
8 ミュゼエイリアン 横山典弘 11
9 アルバートドック 藤岡康太 10
10 ブライトエンブレム 田辺裕信 12
11 リアルスティール 福永祐一 4
12 ワンダーアツレッタ M.デムーロ 13
13 マサハヤドリーム 和田竜二 18
14 マッサビエル 戸崎圭太 9
15 ジュンツバサ 石橋脩 15
16 タガノエスプレッソ 菱田裕二 17
17 リアファル C.ルメール 14
18 スピリッツミノル 酒井学 16

 
 
18頭のフルゲートとなりました。第76回菊花賞。
 
ご隠居「ふむふむ、もう少し調べてみましょう」
 
するとそこにお銀(入浴シーンはありません
 
お銀「ごにょごにょ・・・」
ご隠居「そうですか、行ってみましょう」
 
一行が向う先では怪しげな声で密談をする数人 
 

単勝1番人気はリアファルでしたね。ダート出身の逃げ馬で芝に転向した2戦はルメール騎手騎乗で勝利を収めています。前走の神戸新聞杯では2着リアルスティールと2馬身差をつけて完勝。今回の菊花賞では1番人気を獲得しました。
 
 

2番人気がリアルスティールでした。こちらはデビューしてから重賞レースの勝利経験もあり安定した成績を残してる競走馬だけに支持されていた方達も多かったのではないでしょうか。前走の神戸新聞杯では2着でした。
 
 

こちらのサトノラーゼンはデビューしてから東京優駿(ダービー)まで安定して3着以内に入っていますね。休み明けの前走セントライト記念では1番人気となるも7着に敗れましたが東京優駿(ダービー)2着馬の人気は伊達ないのでしょうね。
 
 
4番人気以降はスティーグリッツ・キタサンブラック・タンタアレグリアという人気順でした。
 
次に各競走馬の前情報を振り返ってみようかね。 
 
「・・・人気馬だけではなく前情報も・・・」
 

ダート路線から芝に変わった近2走で見せた連勝は鮮やかでした。注目すべき点はマレーシアカップ、神戸新聞杯とも上りタイムで3位以内に入っているところですね。鞍上もルメール騎手で問題はないでしょうし、気になるところと言えば父ゼンノロブロイ産駒で重賞3000m以上のレースで結果を出してる馬がいないってところですかね。
 
 

前走の神戸新聞杯ではリアファルに後れを取って2着で終わったが皐月賞では2着、東京優駿(日本ダービー)では4着と悪くない結果を残しています。血統的にみても距離3000mは厳しいと言われていましたね。
 
 

東京優駿(日本ダービー)までは堅実な結果を出してきたが前走のセントライト記念では7着で終わってしまった。しかし、着差は0.3とそこまで気にしなくてもよいと言ったところ。京都コースでも重賞勝利経験もあるし、内枠を引けたのもプラス材料と言われてましたね。十分に馬券範囲内ではなかったでしょうか。

 

リアファル、リアルスティール、サトノラーゼンの3強対決のように言われていたけど、この馬は皐月賞3着と実績があって前走のセントライト記念も制していました。5番人気と思ったより支持されなかったな、といのが正直な感想でした。東京優駿(日本ダービー)では14着と大きく崩れたのが原因でしょうかね。あとは距離適性ですかね。
 
 
悪代官「なるほどぉ~くっくっく、お主も悪よのぉ越後屋」
越後屋「いえいえ、滅相もございません。ひひひっ」
 
カタッ
お代官「ん、ねずみが一匹もぐりこんでおるぞ!」
越後屋「何奴だ!」
 
ご隠居「菊花賞の人気馬や前情報を一人占めして私腹を肥やそうとは」
ご隠居「不届き千万、助さん格さん!少々懲らしめてあげなさい」
悪代官「えぇ~いっ、出合え出合え~」
 
そうこうしている間にレースがスタート
  
 

各馬一斉にスタート!
 
ゲートが開く少し前から棹立ち状態となってしまった7.スティーグリッツ
完全に大きく出遅れてしまいます。
その他は特に問題もなくスタートしレースを進めます。
武豊騎手騎乗の6.レッドソロモンがささっと前に出てペースを作るのかと思いましたが
大外から17.リアファル、18.スピリッツミノルが一気にかわしハナを切って逃げの態勢。
 
「カキンッ キンッ」
「ぐはっ」
 
何やら騒がしいですが
菊花賞は3000m、勝負はまだまだ序盤です。
ここからがどういう展開となるのかまだまだ勝負はわかりません。
 
しかし京都の右外回りの2つ目のコーナーはラチがないので変則的。
大げさに言ったらL字コーナーみたいなものですよね笑
 
テンのハロンのタイムは35.4
去年のレースとの比較-1.6
このタイムだけを見ると去年より2秒も速いですね
 
直線に入り馬群はほぼ一列の縦長な展開になります。
先頭は序盤でハナを切った18.スピリッツミノル
二番手も序盤と変わらず17.リアファル
殿も出遅れのあった7.スティーグリッツのままとなっています。
 
そのまま第一コーナーへと突入します。
第一コーナーでの順番は以下の通り
 
 
18-17-8-6-4-16-11-9-2-3-5-14-13-10-15-12-1-7

 
 
やや後方との距離が詰まった感じで続いて第二コーナーへと続きます。
第二コーナーでの順番は以下の通り
 
 
18-17-8-6-4-16-9-11-2-3-13-5-14-10-15-12-1-7

 
 
コーナーの最中には動きはありませんでしたが
第二コーナーを抜け直線に入ると黄色い帽子に動きがあります。
馬群中央辺りにいた藤岡騎手騎乗の9.アルバートドックです。
 
一気に駆けあがると先頭集団の真横にピタリとつけます。
しかし横山騎手騎乗8.ミュゼエイリアンも前に出て先頭にはさせません。
殿も7.スティーグリッツから1.ミコラソンにかわり一頭だけ大きく馬群から離れます。
 
騎手達による駆け引きがありつつ直線を終えると
第三コーナーへと入っていきます。
第三コーナーでの順番は以下の通り
 
 
8-16-9-18-17-6-11-3-14-4-5-2-15-13-10-12-7-1

 
 
ここで先ほど前に出た8.ミュゼエイリアンに先頭が入れ替わります。
続いて第四コーナーでの順番は以下の通りです。
 
 
8-16-17-9-6-14-11-4-5-3-7-2-15-12-18-10-13-1

 
 
ここで二度目のラチの無い最終第四コーナーを各馬ぬけていきます。
 
デムーロ騎手騎乗の12.ワンダーアツレッタが大きく膨れてしまい
先頭争いでは8.ミュゼエイリアンを4.キタサンブラックが早々にかわしていきます。
 
それに並んで17.リアファル
さらには11.リアルスティールも並びます。
11.リアルスティールの伸びで最後差し切った!
 
かに見えましたがクビ差及ばず
勝利は4.キタサンブラックという結果になりました。
 
上がり3ハロンのタイムは35.4
去年のレースとの比較+0.5
上がりでは去年よりやや遅いタイム
 
上位入賞馬達の上がりタイムもほぼほぼ同じようなタイムでしたね。
 
ご隠居「レースも終わったようですね、助さん格さん!もういいでしょう」
格さん「静まれぃ~静まれぇ~」
格さん「この紋所が目に入らぬか、こちらにおわす方をどなたと心得る。」
格さん「恐れ多くも先の副将軍、水戸光圀公に有らせられるぞ」
助さん「一同の者、御老公の御前である頭が高い!控えおろう。」
 
一同「ははぁ~」
お銀「御老公様、これを。」
水戸黄門(ご隠居)「うむ、結果じゃな」
 
 
第76回 菊花賞GⅠ 確定順位は以下の通りです
 
 

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 4 キタサンブラック 北村宏司 5
2 11 リアルスティール 福永祐一 2
3 17 リアファル C.ルメール 1
4 3 タンタアレグリア 蛯名正義 6
5 2 サトノラーゼン 岩田康誠 3
6 5 ベルーフ 浜中俊 7
7 10 ブライトエンブレム 田辺裕信 8
8 8 ミュゼエイリアン 横山典弘 11
9 14 マッサビエル 戸崎圭太 10
10 15 ジュンツバサ 石橋脩 12
11 7 スティーグリッツ 内田博幸 4
12 9 アルバートドック 藤岡康太 13
13 16 タガノエスプレッソ 菱田裕二 18
14 12 ワンダーアツレッタ M.デムーロ 9
15 18 スピリッツミノル 酒井学 15
16 1 ミコラソン 武幸四郎 17
17 6 レッドソロモン 武豊 14
18 13 マサハヤドリーム 和田竜二 16

 

単勝 4 1,340円 5番人気
複勝 4 370円 6番人気
11 170円 2番人気
17 160円 1番人気
枠連 2-6 1,430円 4番人気
馬連 4-11 3,870円 14番人気
ワイド 4-11 1,300円 13番人気
4-17 1,320円 14番人気
11-17 430円 1番人気
馬単 4-11 9,960円 34番人気
3連複 4-11-17 4,640円 8番人気
3連単 4-11-17 38,880円 100番人気

 
 
3連単は3番人気という結果でしたね。
結構人気馬が上位を占めていましたし的中した方は多かったでしょう
あ、この中でって事ではなくて競馬ファンの中でって事ですよ笑
それでは続きをどうぞ
 
水戸黄門「悪代官よ、此度のお主達が一人占めしようとした情報について」
水戸黄門「結果から見ても、私腹を肥そうとした事は明白」
水戸黄門「お主の処遇については追って連絡する事としよう。」
 
町娘「ご隠・・・御老公様、数々のご無礼お許し下さい」
水戸黄門「ふぉっふぉっふぉ、良いのじゃよ。それよりもっと近う寄りなさい。」
町娘「御老公様、いけませんっ…」
 
助さん「皆の者、御老公の床入りである!控えおろう」
八兵衛「ご隠居ぉ…花より団子…」
 
とまぁ確かこんな感じの流れです
え?最後がなんか違う?
そうだったっけ、なんか違ったかな~
信じるか信じないかは…
 
貴方次第ですっ!m9(。+・`ω・´)

 
 
 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事