結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

タケシバオー【殿堂入り】

タケシバオー【殿堂入り】 イラスト
 
 

馬名 タケシバオー殿堂入り
生誕 1965年4月23日
性別
毛色 鹿毛
血統(父) チャイナロック
血統(母) タカツナミ
生涯成績(中央) 27戦16勝
生涯成績(地方)
獲得賞金 1億1365万4200円
主な勝鞍 天皇賞(春)
馬主 小畑正雄
説明

タケシバオー(1965年4月23日 – 1992年1月12日)は日本の競走馬、種牡馬。1967年に中央競馬でデビュー。同年、関東の3歳王者戦・朝日杯3歳ステークスに優勝し、啓衆社賞最優秀3歳牡馬に選出。翌1968年の4歳クラシック三冠戦線ではマーチス、アサカオーと共に「三強」と称され、皐月賞2着、東京優駿(日本ダービー)2着の成績を残した。1969年に天皇賞(春)に優勝、秋には中央競馬史上初の獲得賞金1億円越えを達成し、同年啓衆社賞年度代表馬に選出された。通算29戦16勝。

出典:wikipedia

 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事