結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

ダイナナホウシユウ

ダイナナホウシユウ 競争馬イラスト
 
 

馬名 ダイナナホウシユウ
生誕 1951年5月11日
性別
毛色 鹿毛
血統(父) シーマー
血統(母) 白玲
生涯成績(中央) 29戦23勝
生涯成績(地方)
獲得賞金 1120万6690円
主な勝鞍 菊花賞
馬主 上田清次郎
説明

ダイナナホウシユウ(ダイナナホウシュウ、1951年5月11日 – 1974年1月)は、日本の競走馬、種牡馬。タマサンの名で1953年に国営競馬(1954年より日本中央競馬会)でデビュー。一説に380kg台という小柄な馬体ながら初戦より連勝を重ね、1954年よりダイナナホウシユウと改名されたのち皐月賞を制覇。同競走までの11連勝は中央競馬における最多連勝タイ記録である。のち連勝を止めたが、同年秋には菊花賞にも優勝し、同年の最良4歳牡馬に選出された。1955年には天皇賞(秋)を制し、最良5歳以上牡馬となる。それから1年の休養を経て、1956年末に新設された中山グランプリを最後に引退した。通算29戦23勝。「褐色の弾丸列車」の異名をとった

出典:wikipedia

 

この記事へのコメント

名前
コメント

記事VIEWランキング

競馬関連記事