結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

競馬の馬券種 馬単編

競馬の馬券種 馬単編
 

仕組み

馬単とは指定した2頭の競走馬が順番どおりにくれば当たりとなります。
これは単勝が1着にくる競走馬を当てれば良いのに対して、馬単は1着と2着にくる競走馬を指定してそれぞれ当てなければいけないという事です。
 
 
フルゲート18頭立てであった場合、単勝であれば競走馬1頭を指定すれば良いので18通りとなりますが、
馬単の場合の全組み合わせでは306通りと一気に膨れ上がります。このように当たる確率は単勝とは違いかなり低くなるのが分かります。
 
例えば、1着を7番、2着を11番で指定して馬券を購入した場合であれば、レース結果が1着が7番、2着が11番で決まれば見事に当たりとなりますが、その逆の1着が11番、2着が7番では決まれば残念ながらハズレとなってしまいます。
 
こういった外れ方を一般的に「裏目」と言い、馬連で馬券を購入してた場合は当たりとなりますが、難易度が下がる分オッズ(倍率)も当然下がってしまいます。
単純な計算では馬連の2倍難易度が上がる為、オッズ(倍率)も2倍程度変わってきます。
予想に自信があるような競馬玄人にはオッズ(倍率)の高い馬単は人気があります。
 
 
また、馬単の払戻率(還元率)については、馬連が77.5%と設定いるのに対して馬単は75.0%と若干低く設定されています。
 
 
 

かしこい買い方とかおすすめの買い方

馬単は結局のところは馬連を表と裏(1-2、2-1)、つまり前述の例であげれば、【1着7番、2着11番】(表)と【1着11番、2着7番】(裏)と言った感じにただ切り分けてるだけなので、同金額で馬券を購入していけば長い目でみて馬連を購入してる事となんら変わりはありません。
 
 
なので馬連で馬券を購入したほうが払戻率(還元率)が若干高く設定されているので良いかもしれません。もちろん長い目でみてという条件になりますが初心者で馬単の表と裏(1-2、2-1)の馬券をいつも購入するのであれば深く難しく考えずに馬連で良いでしょう。
 
 
とはいえ、オッズ(倍率)次第では当然、馬単で勝負した方が利益が大きい場合や、逆に馬連で勝負した方が利益が大きい場合もあるのでオッズ(倍率)を見て馬単と馬連を使い分けて、より利益の高い馬券を購入する方法がかしこい買い方となります。
 
では、具体的にどういう事かというと、馬連と馬連のオッズ(倍率)を確認して馬単のオッズ(倍率)が馬連の2倍以上か以下かという事です。
馬単が馬連のオッズ(倍率)の2倍以下であれば馬連、2倍以上であれば馬単の表と裏(1-2、2-1)で馬券を購入するほうが当たった時の利益が大きくなります。
 
 
数値でみてみると分かりやすいので仮定の例をあげると投資金が1000円で馬連のオッズ(倍率)が20倍だとします。
その時の馬単のオッズ倍率が表と裏どちらも40倍以下であれば500円ずつ表と裏(1-2、2-1)で馬単を購入して当たった場合の払戻金額は20000円以下なります。
 
こうなると1000円で馬連を購入した場合の払戻金額は20000円になるので馬連で馬券を購入したほうがお得になるというわけです。
ただし、このように分かりやすいオッズ(倍率)はほとんどありません。
 
 
それはなぜかというと選んだ2頭中でより人気の低い馬を1着にした組み合わせの馬単のほうがオッズ(倍率)が高くなるからです。なので、馬単で勝負する時は人気の低い馬が1着で来ると予想した場合に限って購入するのが得策という事になります。
 
それを考慮すると馬単はお世話になる機会はそれほど多くないかもしれません。
 
 
それでは馬単は一体どんな買い方がかしこい買い方なのかについてですが、単勝や複勝とは違い複数通りの馬券を購入(多点買い)する事になります。
購入する馬券の点数が増えてくるとオッズ(倍率)をしっかり確認しないとせっかく当たっても「トリガミ・トリマイ」となってしまう可能性があります。
 
 
ではどうしたらいいかと言うと、ズバリ購入する馬券の点数を極力少なくするという事です。
その為には1着または2着にくるだろう競走馬を最初に決めてしまう事です。こうする事で表と裏(1-2、2-1)を買わなくてよくなるので購入する馬券の点数もグッと抑えられ掛けるお金も減らす事が出来ます。
 
 
馬単は馬連を切り分けたようなものだと前述で説明しましたが、その為オッズ(倍率)が馬連の2倍程度あるので1着または2着が固定で予想できるレースで勝負するのがもっとも効率のよい買い方になります。
もし、1着または2着が固定できないのであれば馬単ではなく馬連で勝負するほうが良いでしょう。
 
 
また、ボックス買いも購入する馬券の点数が増える上に、結局は表と裏(1-2、2-1)で馬券を購入する事になってしまうので馬単でボックス買いをするのは止めたほうが良いでしょう。馬単をボックス買いをするくらいなら馬連で馬券を購入するほうが健全です。
 
 
つまり、馬単で勝負する場合は1着または2着に固定できる競走馬(軸馬)を見つけるという事がとても大事になってきます。
それさえ見つける事が出来れば後はその競走馬を軸に据えて他の競走馬を絡めて馬券を購入すれば良いだけです。

記事VIEWランキング

競馬関連記事