結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

競馬の馬券種 馬連編

競馬の馬券種 馬連編
 

仕組み

馬連とは指定した2頭の競走馬の順位が1着2着とくれば当たりとなります。
 
馬連は馬単と似ていますが、馬単が着順も指定して当てなければいけないのに対して、馬連は指定した競走馬の着順には関係なく1着と2着に指定した競走馬が来れば当たりとなるので、馬単より当たる確率は高くなります。
 
 
フルゲート18頭立てであった場合、馬連の全組み合わせは馬単の全組み合わせの半分の153通りになります。
その為、オッズ(倍率)は馬単の半分ほどになってしまいます。たとえば、7番と11番の2頭を指定して馬券を購入した場合は、【1着が7番、2着が11番】または、【1着が11番、2着が7番】のどちらの場合であっても当たりとなります。
 
 
1着と2着が予想と逆でも当たりになるという事です。単勝よりは当たる確率は低いですが、その分オッズ(倍率)は大きく、単純に2着以内に入る競走馬を2頭選ぶだけでいいので分かりやすく、3連単が出来るまでは人気のある馬券種でした。
 
今でこそ高配当を求める人は3連単に流れてしまう為、3連単が主流になっていますが馬連はオーソドックスで初心者向けの馬券と言えます。
 
 
つまり、競走馬2頭を指定して馬券を購入する馬連や馬単は競走馬1頭を指定して馬券を購入する単勝や複勝よりも当てるのが難しくなり、競走馬3頭を指定して馬券を購入する3連複や3連単よりは圧倒的に当てやすいというのが主な特徴になります。
 
1頭選ぶのか、2頭選ぶのか、3頭選ぶのかの違いです。競馬始めて仕組みを理解してきたらまずは馬連で勝負するのが良いかもしれません。
 
 
馬連の払戻率(還元率)は2014年6月の競馬法改正以前は75%に設定されていましたが、競馬法改正以降は馬連の払戻率(還元率)が77.5%に引き上げられています。
 
また、JRAは売上げの5%相当額を上乗せするJRAプレミアムと呼ばれる払戻率アップキャンペーンを毎年のように実施しており、
 
2017年の最初に開催された中山金杯と京都金杯では馬連の払戻率を5%アップし、
2017年よりG2からG1へ昇格した大阪杯が開催される日を「大阪杯デー馬連」と称して、
当日のJRA全場の全24レースを対象にして馬連の払戻率5%アップキャンペーンも実施しています。
 
 
加えて、春の3歳重賞の馬連においても3月4日(土)のチューリップ賞(G2)を皮切りに5月21日(日)のオークス(G1)まで3歳重賞の合計15レースを対象に払戻率5%アップのキャンペーンも実施しています。
 
馬連はこういったキャンペーンがあるので期待値は若干高くなります。
 
 
 

かしこい買い方とかおすすめの買い方

さて、それでは馬連のかしこい買い方ですが単純に当てるだけであればボックス買い、つまり指定した競走馬の全組み合わせで馬券を購入する多点買いが穴がなく良いかもしれません。
 
 
しかし、点数が増えるという事はそれだけ馬券代も増えるという事になるので馬券が実際に当たっても人気馬同士の組み合わせでは「トリガミ・トリマイ」になってしまう可能性が出てきます。
 
馬連の配当は半数以上が2000円以下だと言われています。馬連の配当は安くなる場合が多いという事です。
競馬では当たり=儲かるではありません。なので、儲かるかしこい買い方をしなければいけません。
 
 
馬連でも万馬券は出ていますが、その割合はだいたい1割弱で8~9レースに一度万馬券が出る計算になります。
この万馬券を狙って毎回馬券を購入するとして、仮に万馬券をすべて当てられたとしても万馬券以外はすべてハズレとなるので1レース辺りだいたい10点程度で馬券を購入しなくては儲けられない計算になります。
 
 
そうなるとかなり絞った予想をしなければいけなくなります。とはいえ、馬連で発生するすべての万馬券を当てるという事自体が少し現実的ではありません。当てる事が難しいからこそ万馬券なのですから。
 
馬連に限らず競馬においては当たる確率と払戻金額のバランスが非常に大事になってきます。
それは前述したとおり、競馬においては当たれば儲かるという事ではないのです。
 
 
では、おすすめの買い方はどんな買い方かというと、まずは上位人気馬の中から間違いなく2着以内にくるだろうと思われる競走馬を見つける事です。
 
そして、その競走馬が見つかったならその競走馬を軸に据えて、中位人気から下位人気の競走馬を何頭か指定して流して馬券を購入します。
 
それはなぜかと言うと、上位人気馬同士の組み合わせで馬連を購入して儲けられないからです。
 
 
軸に据えた競走馬が2着以内に来なければハズレとなってしまいますが購入する買い目は少なく投資金の負担減ります。
また、購入する馬券の組み合わせ数(買い目)についてはオッズ(倍率)を見ながらバランスよく決めると良いでしょう。
 
 
そうなると大体5点くらいになるのではないでしょうか。
 
指定した競走馬の全組み合わせで馬券を購入するボックス買いは前述した通り、馬連においては当たる確率は高いのですが儲けにくい買い方になってしまうのであまりおすすめはしません。

記事VIEWランキング

競馬関連記事