結果に至った展開を知れば百戦危うからず。競馬予想に必要なデータを結果を考察する事で導き出す。

競馬の馬券種 3連単編

競馬の馬券種 3連単編
 

仕組み

三連単とは正式名称を馬番号三連勝単式勝馬投票法と言い、2004年から導入された馬券種で、現在ではとても人気がある買い方になります。
 
 
指定した3頭の競走馬が指定した着順通りに3着以内にくれば当たりとなります。
3着以内であれば着順が関係ない三連複とは違い、3連単はその着順も1~3着まで指定して当てなければいけません。
 
 
つまり、1着11番、2着4番、3着7番と競走馬を指定して馬券を購入した場合は、
3連複では【1着が4番、2着が7番、3着11番】、【1着が4番、2着が11番、3着が7番】、【1着が7番、2着が4番、3着が11番】、【1着が7番、2着が11番、3着が4番】、【1着が11番、2着が4番、3着が7番】、【1着が11番、2着が7番、3着が4番】の全てで当たりとなりましたが、
 
三連単では指定した通りの【1着が11番、2着が4番、3着が7番】のみの着順でしか当たりとなりません。
 
 
純粋に三連複の6倍当てるのが難しい馬券種となります。
その分、オッズ(倍率)も高いのですが、競馬歴が数十年というようなプロの予想家であっても当てるのは至難の業です。
 
競馬を始めてまだそんなに経ってない人や初心者の方は手を出さないほうが良いかれもしれません。
 
 
オッズ(倍率)に関しては高いと書きましたが、フルゲート18頭立てであった場合の三連単の全組み合わせ4896点になるのでオッズ(倍率)が高くなるのは必然でしょう。
 
これは前述で説明したように3連複では6通りで当たりになる組み合わせが三連単では1つになってしまうので単純に三連複の全組み合わせ(816点)の6倍の組み合わせ数になるわけです。
 
少ない点数を購入したくらいではなかなか当たりません。
下位に人気馬が3着以内にくればそれだけで配当が100倍以上の万馬券になる可能性が高いです。
 
 
そういった点でも三連単は複数ある馬券種の中でも最も当てるのが難しい馬券になります。
 
 
三連単の払戻率(還元率)は他の馬券種と比較するとかなり低く設定されており、設定払戻率は72.5%に設定されております。
 
これは単勝や複勝は80%に設定されているので実に7.5%も低い事になります。
これはたかだか7.5%だと思うかもしれませんが、2017年1月現在の日本の消費税が8%ですからどれだけ大きいかは理解出来るのではないでしょうか。
 
その消費税率並みの払戻率(還元率)が単勝・複勝と三連単の間ではあるという事です。
 
 
 

かしこい買い方とかおすすめの買い方

さて、三連単のかしこい買い方ですが、前述の払戻率(還元率)で記載した通りにその他の馬券種より払戻率(還元率)が低く設定されている為、3連単で勝負する事自体があまりかしこい買い方と言えないかもしれません。
 
 
しかし、三連単はオッズ(倍率)がどの馬券種よりも高いので当たってしまえば大きく儲ける事が出来るのも事実です。
 
 
その為、より大きく稼ぎたい人や、よりギャンブル性を求める競馬ファンには絶大な人気を誇る馬券種になっています。また、競馬予想と言えば『三連単馬券』というように今現在では主流になっています。
 
 
それでは3頭の競走馬を指定して馬券を購入する場合、三連複を1点で買うのと三連単6点でそれぞれ馬券を購入したら、3頭で3着以内を独占できればどちらも当たりとなりますが、払戻金額も同じかと言うとそうはなりません。
 
 
三連複のオッズ(倍率)が三連単のオッズ(倍率)より6倍以上高ければ得ということになりますが3頭それぞれの人気順も違う為、その着順によってはオッズ(倍率)が大きく変わってくるからです。
 
つまり、人気薄の馬が先着した場合にオッズ(倍率)は6倍を超える事が多くなります。
人気薄の馬次第ではその差は10倍以上になる可能性もあり、こういった場合だと三連複で馬券を購入するよりも三連単で馬券を購入したほうが大きく儲けられるというわけです。
 
 
三連単のおすすめの買い方はそういった点を踏まえて、うまく三連複と三連単を使い分ける事が大事になってきます。 
三連単に拘りすぎてしまうとどうしても購入しなくてはいけない点数が増えてきてしまい資金的にも苦しくなってきます。
 
 
予想した競走馬でボックス買いをする場合でも5頭ボックスでも60点、6頭ボックスであればその倍の120点にまで増えてしまいます。
 
こうなってしまうと、仮に予想が当たったとしても「トリガミ・トリマイ」になってしまう可能性が高くなってしまい、とても効率の良い買い方とは言えなくなってしまいます。
 
 
なので、三連単フォーメーションという買い方をして必要のない馬券をひとつでも多く無くす必要が出てきます。
 
フォーメーションとは1着または2着、3着にくる競走馬を指定して馬券を購入する事ができる買い方です。
 
競馬に慣れてない人は難しく思うかもしれませんが、フォーメーションで馬券を購入する事によってグッと購入する馬券の点数を減らせるのでぜひ試してみてください。
 
 
JRAの公式サイトではフォーメーションの組合せ数を計算してくれるページもあるので利用してみてくださいね。

記事VIEWランキング

競馬関連記事